2006年05月31日

『UC-SGT USB to シリアルケーブル』



/

いわゆるレガシーなシリアルポートを提供するUSBデバイス。Linuxでもpl2303ドライバで、何も考えずに/dev/ttyUSB0として利用できる。クロスケーブルに接続してARMのコンソールとしてみたけど、まったく問題なく動作。

May 30 17:52:30 debian kernel: usb 2-1: new full speed USB device using uhci_hcd and address 2
May 30 17:52:31 debian kernel: usbcore: registered new driver usbserial
May 30 17:52:31 debian kernel: drivers/usb/serial/usb-serial.c: USB Serial support registered for Generic
May 30 17:52:31 debian kernel: usbcore: registered new driver usbserial_generic
May 30 17:52:31 debian kernel: drivers/usb/serial/usb-serial.c: USB Serial Driver core v2.0
May 30 17:52:31 debian usb.agent[1403]:      pl2303: loaded successfully
May 30 17:52:31 debian kernel: drivers/usb/serial/usb-serial.c: USB Serial support registered for PL-2303
May 30 17:52:31 debian kernel: pl2303 2-1:1.0: PL-2303 converter detected
May 30 17:52:31 debian kernel: usb 2-1: PL-2303 converter now attached to ttyUSB0
May 30 17:52:31 debian kernel: usbcore: registered new driver pl2303
May 30 17:52:31 debian kernel: drivers/usb/serial/pl2303.c: Prolific PL2303 USB to serial adaptor driver v0.12

Subject: bits from the release team: release goals, python, X.org, amd64, timeline

debian-devel-announceより。 リリース目標がいろいろ出されている。GCC 4.1、LSB 3.1、SELinux、IPv6、LFS、Python 2.4、X.org 7.0、amd64。

  • 2006/6/15: gcc 4.1、python 2.4の移行最終チャンス。新しいアーキテクチャの最終チャンス。RC < 300
  • 2006/7/30: 必須ツールチェインとカーネルのフリーズ。RC < 200
  • 2006/8/7: ベース、必須以外のツールチェイン(cdbsなど)のフリーズ。RC < 180
  • 2006/8/14: d-iリリース候補リリース。RC < 170
  • 2006/10/18: 全体フリーズ。RC < 80
  • 2006/12/4: リリース。RC=0

鍵はやはりRCバグの数だろう。現在350のRCがあり、BSP、0-day NMUなどで潰していこうという話。私は今年は本業が忙しすぎて多分リリース周りはあまり作業できそうもない。そろそろこのあたりに興味を持つ日本人developerも増えてほしいところだ。

続く「T&S 2」メールでは、RMアシスタント試験のサバイバーの発表が。HEは生き残ったけどjvwは脱落か。

『The Debian System −その概念と技法』



/

ようやく刊行することのできたDebianに関する内容を取り扱った翻訳本です。翻訳出版されたDebian本としては、昔ピアソンエデュケーションから出版されたpotato/slink本に続く2冊目となりますね。

本書はDebian GNU/Linux Sargeをベースに、Debianプロジェクトの組織運営・リリースマネージメント・社会規約といったソーシャルな事柄と、パッケージ管理・日々のシステム管理・パッケージ開発・カスタマイズといった技術的な事柄の2本立てで構成されています。Sargeベースではありますが、内容の多くは古びることのないものです。 著者のMartin F. Krafft(madduck)はDebianで活発に活動している開発者の1人です。監訳は上川純一さんと私が担当しました。

『Debian GNU/Linux徹底入門』、『Debian辞典』、『[入門]Debianパッケージ』、そして本書『The Debian System』と4冊それぞれ特色のある書籍が出揃いましたが、扱っている領域は重複は一部ありつつも独自の分野を展開しており、重なって損をしたという気分になることはないかと思います。本書は原書の都合上値段が少々高めになってしまいましたが、私もこれまで知らなかったいろいろなテクニックを学ぶことができ、役に立っています。

鶏肉とナスの黒酢炒め

レシピはいつもので。辛さは控え目にしておく。

2006年05月30日

焼き餃子

皮は基本レシピで水の代わりにお湯で。ただし、今回は焼きだけれども水餃子並みに皮を厚めにしてみた。このくらい厚いほうが皮のうま味を感じられてよいな。

基本のにドライイーストをつっこめば饅頭になるのか。今度なんかやってみるかな。

OpenMicroServer、ようやく完動

1月の到着以来延々と安定動作に至らず、メーカーと共に問題解決に当たっていた(最悪返品も前提で)OpenMicroServer。このときのOopsメッセージから手繰って原因究明と修正が行われ、5/2更新ファームがリリースされた。4月のRC版に続いて更新を行い、ゴールデンウィーク明けから、Debconf留守中を心配しつつも実運用開始。

結果的には、新ファームで問題はひとまず解決されたようで、現在も無事、快調に動作している。障害中は代用ルータを使っていたのだけど、速度が遅いにしてもやはり使い慣れていて柔軟なDebian環境というのはありがたい。あとはカーネルツリーにパッチをマージしてほしいな。

ということで、ようやく人に勧めても良いものになったのではないかと思う。Debianをインストールできてパッケージを流用できて(小さい容量だといろいろ工夫必要だけど)、DMZ作れて駆動部がなくて電力消費が少なくて、必要とあらばUSB拡張ができて、というのは貴重。 現在キャンペーン価格販売中らしい。

2006年05月29日

CUPS 1.2.1

debian-printingやvorlonはじめ、あちこちからせっつかれているので、まだ気合いが出ないのだけど作業。

deb http://kmuto.jp/debian/cups ./
deb-src http://kmuto.jp/debian/cups ./

1つのKDE環境ではなぜか/var/lib/cups/cups.sockをホスト名と思い込み、怪しげなホストに誘導される。ほかのKDE環境では同じ設定でlocalhost:631をちゃんと見る。gtklp、gnome-cups-manager、OOo2は正常動作。パラレルポートの操作が怪しいかもしれない。gnutls13を使っているがgnutls12系とうまく動作するのか不明。ということで、いろいろと人柱絶賛募集中。

今日明日には微調整してexperimentalに投入予定。できるだけフィードバックを得ておいて、来月初旬にいよいよunstableへと導入したい。というかそろそろ阿鼻叫喚の洗礼済ませておかないとetchに間に合わないし。

追記: 23:30頃、experimentalにアップロード。

牛ステーキ、レタスと玉葱のサラダ

元気付け。サラダにはオリーブオイル・ビネガー・塩・胡椒・レモンの絞り汁のドレッシングを。

2006年05月26日

干しさば、大根おろし、ほうれん草のおひたし、豆腐とネギの味噌汁

帰国しました。ということで、和食。

2006年05月20日

Debconf 6

日本を出発してからはや1週間、現在はDebconf 6会場にて一応存命しています。

ナローバンドなのと通信の切断が頻繁なことがあって、写真のアップロードや中継、レポートなどはなかなか難しいですが…。

日本の夏程度には暑いですが、湿気はそれほどでもありません。日陰にいれば気持ちいいくらい。雨は日中はほとんど降りませんが、降るときは雷を伴って激しいです(雨漏りするくらい…)。

講演はあまり多くなく、BOFが多数を占めています。i18n、d-i、X関連には参加するようにしています(DDTPに替わる総合的な新しい翻訳インフラストラクチャの話し合いが熱心に行われています)。セッションが当日になって丸ごとなくなったり時間がころころ変わったりアナウンスに乏しくて情報が錯綜したりと、いろいろラテン風(でも前回も似たようなもんだったっけか)です。

レポートは帰国して時間を見つけてからということで。やらなくちゃいけない本業仕事がスタックしていたり、CUPSは通信不安定のせいもあってあまり開発できていなかったり、im-switchはAokiさんにメンテお任せしたらなんかえらいバグを仕込まれてたり、とえらいことです。

2006年05月12日

『入門Debianパッケージ』



/

Debianパッケージ開発者、開発予定者にまさにうってつけの本が出版された。

昨年のSargeリリース以来、Debianは非常にホットなトピックの座を続けている。入門向けの徹底本や、中級ユーザ向けのTipsを集めたDebian辞典、「Expertデスクトップユーススペシャル」と銘打ったムックなど、利用する上での書籍情報も、現在豊富に提供されている(なお、今月発売されるSoftware DesignはDebian特集である)。

そのようにDebianが注目を集める中ではあるが、では実際にDebian向けにパッケージをどのように提供すべきか、どうしたら効率の良いパッケージ管理ができるかという点については、オンラインドキュメント(主に英語)に頼らざるを得ないという面があった。Debianパッケージを形成するDEBフォーマットは、よく知られるRed Hat系のフォーマットRPMとは若干異なる箇所があり、また、Debianポリシーに熟達しなければ外見はDEBフォーマットでもDebianとの親和性の低い、使いにくいパッケージとなってしまう。

本書は、LinuxおよびDebianの熟達者として知られるやまだあきら氏の執筆、鵜飼氏の監修という高い技術的信頼性の下、Debianパッケージをどのように取り扱い、作成し、配布したらよいかについて緻密な分析に基いて明解に説明している。Debianのパッケージ管理システムであるAPTやdpkgの挙動についても詳細に述べられているので、パッケージ開発者でもなくても充分に楽しめる内容だ。

Debianの広がりと共に、今後、Debianパッケージを作る必要に迫られる場面は少なくないはずだ(実際、内製ツールであっても、パッケージ化したほうが管理の利便性は大きく高まる)。そのようなとき、本書は頼りになる1冊となってくれるだろう。

ウィンナーとトマトのペンネ

ぎりぎりまで仕事をしていてたいへんだった。 オリーブオイルでニンニクをローストして、切ったウィンナーを炒め、刻んだ生トマト、パセリ、胡椒、塩、タイム、バジル、水少々を入れて乳化させてできあがり。

2006年05月11日

山菜かしわそば

そろそろ山菜を仕上げないとということで、蕎麦に。

2006年05月10日

牛丼、山菜の水煮

山菜は中国でおみやげに持たされたもの。そのままだとちょっと苦みが強すぎるけど、マヨネーズをつけるとなかなかうまい。

2006年05月09日

大連記

昨日書いたように、5月1日〜5月7日の期間、弟の結婚式のために中国の東北部をうろうろしていた。パートナーは4/28に先行して出発。

4/30に実家で前泊したあと、揃って5/1に成田へ。時間も悠々間に合うよう到着したのだが…
大連から来る予定だった中国国際航空の飛行機に機体故障があって、いつ成田に着くか不明
という素敵な事態に見舞われる。1人1500円ずつのお食事券を配給されて成田のレストランや売店で時間潰し。大連空港で迎えに来る予定の弟にdelayの旨連絡をつけておく。

4時間delayの後、ようやくフライト。まぁ飛んだだけいいけどね。大連は地勢上、霧が発生しやすく、空港閉鎖になることもしばしばあるらしい。大連経由北京行きという飛行機だったため、乗客の大半は上海経由などに振り替えたらしく、席はガラガラ。真中3席だったのだけど、離陸後は窓側2席をそれぞれ1人ずつ占拠した。


本当は夕方着のはずがすっかり夜になって大連到着。時差は-1時間。白タクの客引きはいるけどそんなにうるさくはない。 弟の車で移動。開発区内のホテルチェックイン後、弟夫妻の家で奥様手料理の食事。 普通の家でもガスバーナーはちゃんと中華仕様なのが羨しい。


ホテルの凱倫飯店は4つ星だが、5つ星並みに整った豪華なホテルだった。水廻りとの間はガラスで丸見えだったり。ADSLをチャージなしで利用できたので、仕事やmixiをちょくちょく見たりしていた。壁はそれほど厚くなくて隣の話し声がときどき聞こえる。疲れてたので寝ちゃったけど。朝方起きてシャワーなど浴びていると外でコンクリを破壊しているえらい音が。下のバスロータリーでドリル打ってた。朝6:00から仕事とはこちらの人は働き者だ(夜は20:00くらいにどんどん閉まるけど)。開発区はその名のとおり今まさに日の出の勢いで、四方八方で高層のマンションやオフィスビルの建築ラッシュ。ただ、マンションは値上がりを見込んだ投機用が多く、弟夫妻の住んでいるマンションも半分くらいしか実質の入居者はいないらしい。 朝食のバイキングはなかなかうまかった(翌日にチャレンジした日本食のほうはいまいちだった)。


5/2は大連市内中心部で買い物、新婦衣装の受け取りなど。おみやげをここでいくつか買っておく。写真屋で夫妻が上階に取りに行っている間、下でこちらが待っていると不審者と思われたらしく、なにやら中国語で聞かれる。英語だめ日本語だめ(というか、ホテルもフロント以外はほとんどこれらは通じない)ということで、「上にいる弟を待っているのだ」と筆談してみたのだが、「明日10:00にこい」とどうもまったくわかっていただけないお返事が…。せつない。似た文字を使っていても意味が全然違ったりするので難しいですな。地下のショッピング路地はやたらでかくて迷うし大変だった。中国階、韓国階、東京階のようにある程度店の特性でリージョン分けされているのだけど、東京階は微妙に「それ東京っぽくないような…」という店が多い。昼はレストランフロアでのコリアン焼肉、夜は再び奥様手料理。

5/3、新婦実家があり式の行われる丹東近郊の鳳城市に向かう。ナビゲートのために新婦のおじさんが来てくれた。 大連市内のうちに昼食。春巻の皮で北京ダック、青椒肉絲、モヤシ、などなどを巻いて食べるというもの。なかなかうまい。北京ダックの骨の部分をぶつ切りにしたのもうまい。蒸し魚はちょっと多かったか。でも食べたけど。


高速ができてずいぶん楽になったらしい。確かに行程3時間、えらくスムーズに到着(ほとんど寝てた)。 たくさんの親戚の方々にお会いする。関係が複雑で覚え切れない…。日本だと「いとこ」とかで済んでしまうのが全部細かく分かれてたりするし。新婦のお母さんが経営しているホテルに宿泊。 夜は一堂揃って向かいの海鮮食堂で会食。ちと塩が強い(全体に東北部の料理は塩強めかな)。瀋陽から戻ってきたパートナーが合流。 電話口は死んでいるようで使えず。3日間は音信不通にせざるを得ない(まぁほかで忙しいし)。実は23:00で断水するらしい。自分が軽く(電気温水式なので、ふんだんに湯水を使うということはできない)シャワー終えたのを最後にどうも終了したぎみ。明日から気をつけて水も汲んでおかないと…。湯が使えないのはインドで慣れてるけど、断水は初めてだな。


5/4。 新婦のお父さんの家で朝食。お粥に塩漬けのアヒルの卵や、干し魚、山菜(たらの茅やワラビなど)、赤大根などのヘルシーな感じで。


外では自転車タクシーやバイクタクシー、大きな荷台を付けた車やロバとなかなか大変。特に自転車とバイクは周りお構いなしに動くので、どこでも車のクラクションが鳴りっぱなし。タイやインドも同じ感じだよね。まぁかえって「飛び出してくるもの」という車側の了解があるから、事故は見たことがない。日本では真似しないように。 ほかの人たちはリハーサルや準備で忙しそうだけど、おまけ参加の私とパートナーはヒマなので、バスで丹東に行くことにした。道渡ったバス停から出るよということだったのだが、本当にすぐのところにあった。2つめのバスで乗務員のおばちゃんが「ダンドン ダンドン ダンドン ダンドン」と叫んでいる。 ガタゴト揺れながらいざ丹東へ。2人で17元。時間は1時間半くらいだったかな。 禁止吸煙とは書いてあるんだけど、ちょっと空いてくるとタバコを吸う人がちらほらいてかなり参る。「タバコを飲む」と言われるように、"喉が乾いたので水を飲む"のと同じ感覚なのかな。北京のほうだと五輪に向けて取り締ったりするんだろうか。食事どきなども締め切った部屋でもうもう吸ってたりするのでえらいことに。


おなかすいたので春巻の店で前と同じように青椒肉絲と野菜を巻いて食べる。 駅から歩いて北朝鮮国境沿いの川へ。通りにはハングル文字も多い。 橋の向こうが北朝鮮。丹東側はホテルやショッピングセンター、出店などさまざまなものが川沿いを埋めているのに対し、向こうには工場(発電所?)の煙突とわびしげな観覧車くらいしか目につかない。ときたま橋の上を古いトラックが走っていく。


橋に着いたころから雲行が怪しくなってきていたのだけど、いよいよ本格的に降り始めた。落雷も近いところで激しい。ツクツクに乗って丹東中心部へ戻る。 けど、あまり見るものもなく(中国からの輸出品は日本にいっぱい入っているし、高級なのは日本で買ったほうがいいし…)、鳳城へ戻り。 鳳城の宿からほど近い場所に市場があった。夕方遅いので閉まり際だったけど、市場は楽しい。夕食は水餃子。


式当日。新婦はウェディングドレス着用。 送迎の車には風船が付けられていて、これで街をひとまわりする。式次第はあまり夫妻ともわかっていなかったようで、新しい靴が必要だとか赤い靴下が必要だとかあれを買って贈らないとだとかたいへんな騒ぎに。結婚式の司会をされる人の手順に従って、伝統に沿ったさまざまな儀式が行われる。これだけで2時間くらい?弟もあれやれこれやれと命令されてえらいことになっていた。 身内だけの儀式を終えて、式場に移動。立ち見含めて300人くらいきてたらしい。一種、村の祭りに近い。前に座ってパンダを務める。言葉わからないと雰囲気つかむのが難しい。 日本と違って、我々が入ったころにはもうすっかり宴たけなわで、簡単な挨拶などが終わったあとは食べ終わった人からぞろぞろと帰っていく。瓶やガラスをあちこちで落としていて(回転テーブルからはみ出た皿をよくぶつける)なかなか騒がしい。食べたものや飲んだものを床に捨ててるので、下をよく見ていないと滑ったり変なもの踏んだりするので危険。 いちおう食事は取っておいてはくれたのだが…冷たくなっちゃって食べにくい。トンポーローが一番食べやすかった。あったかいとウマウマ食えたんだろうけどなー(でも礼服汚れるので危険だ)。


なんにせよ、一番疲れたのは朝5:00から働き詰めの新郎新婦だろう。お疲れさま。幸せにね。

夕食は中国風しゃぶしゃぶ鍋。これはかなりうまかった。春菊嫌いの父親も中国の大葉な春菊はかなり気に入ったらしい。父は偏食強いので今回はいろいろ苦労してたことだろう。タレは冷やし中華のタレ(中国醤油+黒酢+ゴマ油+砂糖、か?)みたいなのに芝麻醤を適宜混ぜるというもの。うまい。練乳つけて食べる揚げパンもうまかった。


5/6。新婦実家で挨拶や御礼を終えたあと、新婦おじさんの作業場に行ってお別れの挨拶。母親が独習していた中国語は随分上達していた。このままマジメに続けてしゃべるような機会も設ければ来年くらいにはペラペラになってそうだ。Skypeでも導入して弟夫妻としゃべれるような環境導入しておくといいんだろうか?

再び高速に乗って大連着後、パートナーと一緒にちょっとうろうろ。デパートでおみやげを少し購入したあと、開発区にある商店街をめぐる。腹減ったのでソーセージにクミンと唐辛子とケチャップというのを食べたのだが…微妙。 夕食はファーストフード風な牛肉麺を食べる。こういうのってたまに食べるとおいしい。台湾のタンツー麺が食べたくなったけど(笑)。


5/7は早朝にバイキングで食べて、荷物をまとめて出発。フライト1時間10分前くらいに到着(2時間2時間とうるさいのは日本くらいか?)。空港はそれなりに混んでいる。手順もちゃんと表示されていないのでわかりにくい…。弟夫妻とお別れ。
以降は特に問題もなく、華麗に帰国。成田は帰国ラッシュということもあって、確かに混んではいた。けど、第2だとそれほどたいへんではなかったかな。第1のほうはひどかったのかもしれない。

かじきの西京漬け、湯豆腐、あさりの味噌汁

和風で一息。

2006年05月08日

5月8日的備忘録

GW期間中は中国大連から入って、北朝鮮にほど近い鳳城で弟の結婚式に参列してきました(丹東から橋向こうの北朝鮮も見てきました)。ということで、その間にたくさんの仕事とメールがスタックしています…。メールはこれから随時返事等書きます。

  • mlterm 2.9.3が7日にリリースされました。今週時間があったらDebianパッケージも更新します。
  • Debconf 6行きの航空チケットを入手しました。週末に出発です。MEXでの相乗り連絡をwikiに書いておいたほうがよいのでしょうかね。
  • Debconf 6でi18n/l10n round tableに出ろ、ということになりました。5分程度でしゃべる内容をなんか考えておかないといけません。
  • Debconf 6で聞かれたときの準備のためにbackport d-i、HCLあたりもまとめておいたほうがよさそうです…。
  • im-switchについてOsamu Aokiさんがコミッタ希望というメールを送ってくれました。co-maintainerとして活動していただこうと思っています。
  • NAISTのftp.jp.debian.orgについてはrebootがかかったようなのですが、apacheが動いてないっぽいです(連休中も調子悪かったようですね。ログにアレなのが出ている…)。現地のmioさんも席を外しておられるのかな。