2008年04月30日

g15.jpのWebページオープン

すっかりmrmtさんとAr-さんの奮闘におんぶしてるだけですが、 G15アソシエーションのWebページがオープンしました。

これまで日本Linux協会、Debian JP Project(およびDebian Project)といった団体のホストサーバーの管理はわりとモヤモヤしていたのですが、今後は、収容施設をベースに構成したG15アソシエーションの管理グループが、委託を受けて管理を行うという形態になります。 本kmuto.jpサーバーも、G15アソシエーションによって運用されています。

組織設立の背景や役割上、さらにメンバを募って組織の規模拡大を目指すといったことはないですが、せっかくmrmtさんの素敵なデザインやAr-さんによるdonrails blogの導入がされており、また各種実験に適したテストマシンも用意されているので、いずれ技術的な記事の執筆・掲載を行っていきたいと思っています。

焼きそば

豚肉、キャベツ、人参、サフランソース、オイスターソース、桜海老、青海苔という取り合わせ。太麺でけっこうおいしい。

2008年04月28日

タコス

マトンでハンバーグを作り、玉葱、トマト、ピーマンと一緒にオーブンで焼き上げ。小麦粉トルティーヤでハバネロソースと一緒に巻いて食べる。うまうま。

2008年04月27日

Subject: Bits from the DPL: marketing team delegations

こちらは前DPLのSamからDPLとしての最後のメール(17日付け)。

Andrew Schuldei (stockholm)とMoritz Muehlenhoff(moritz)をDebian Marketing Teamに任命した。

マーケティングチームは、テクニカルコミッティのノンテクニカル版(でもうちょっとゆるやか)という位置付けで、Debianの知名度アップや、現在あるいは潜在的なユーザ/コントリビュータへの魅力のアピールを目的としている。

マーケティングチームは、Debian OSやそのディストリビューションが意味するものについてのデザインやマーケティング関連の決定権限がある。たとえばデフォルトの壁紙とか、さまざまなデスクトップテーマ、スプラッシュスクリーン、公式CDカバーアート、宣伝ポスター、Tシャツやグッズ、DebianのWebサイトデザインなどなどね。

マーケティングチームは個人あるいは団体から依頼を受けたときの最終決定者となることもある。今回の初期立ち上げチームには、後から彼ら自身のルールに合わせられるように、内部構成の決定、最適サイズ、意思決定プロセスを任せてる。

Debian開発者、あるいはDebianのゴールを共有してるDebianファンの中でアーティストやマーケティングに知識のある人をリクルートするように、チームに奨励している。 それから、既存のデスクトップや広告チームと協業できるように、将来のDPLにはチームの経費提案はきちんと考慮してくれることも期待している。

なお、チームはDPLの委任事項なので、DPLは既存メンバの追加/除名ができる。この委任は、DPLまたは決議によって取り消されるまで有効だ。

Subject: Bits from the New DPL

ようやく仕事が(ちょっとだけ)一段落したので、メールチェック。17日にnew DPLのSteveより第1号メールが出ていた。ざっとまとめ。

  • 前リーダのSam、対抗候補だったMarcとRaphaelに感謝。
  • 今年はもっとたくさんのDDたちに会って、もっとDebian作業がより良くなるように、もっと楽しくなるようにしたい。と同時に、みんなには定期的な更新に努めるようにうるさく言うつもり。ここ数日間プレスインタビューをいろいろ受けるので、来月あたりにはあちこちのWebサイトで発言や(ひどい)写真を目にすることになるかもね。
  • DPLチームや2ICを持ち込む予定は今はないけど、作業を担当に割り振って委任していきたいとは思っている。
  • 僕が約束してたのはDebianにおける全「コア」作業をレビューして、改善箇所をチェックすることだった。 来たる数週間で全コアチームにコンタクトしていく。 全容を掴まずに拙速に解決することはないけれども、問題が放置されるのをじっと座して待つつもりはない。
  • その他のプランはまだそれほど緊急ではないので、まだ出さないで置く。何か協力できそうな問題があったら僕に連絡してね。

(うーむ、steve(UK)の文章、読むの難しい…)

ゴーヤチャンプルー

もうゴーヤが安く売られるようになっていたので、今年初ゴーヤ。ゴーヤ、豚バラ薄切り肉、人参、木綿豆腐。みょうがをかけてみたら、見た目が良くなる上にシャキシャキさっぱり感が加わっておいしい。

欧風豚肉カレー

25日の補完。コスモのカレールーを使い、豚バラ肉、じゃがいも、人参、椎茸、玉葱、ナスという取り合わせ。そのままだと味に深みが足りないので、パキスタンカレー屋さんでもらったスパイスを食べる直前にかける。

牛丼、チヂミ

23日の補完。牛丼は牛肉、しょうが、玉葱、ネギ、白滝、干し椎茸、醤油、味醂、酒、塩にて。チヂミはキムチ、ニラ、卵、薄力粉、塩、胡椒の組み合わせ。なかなかうまい。

2008年04月23日

ナシゴレン

ニンニク、鶏肉、玉葱、桜海老を炒め、卵を加えて炒り卵風にする。冷やご飯を加えてパラリと炒め、塩、胡椒、ケチャップマニス、サンバルで味付けする。ホットサンバルは確かにホットではあるんだけど、かなり甘くもあるようだ。このへんが南アジアっぽい。

Debian系ネタはなにやら面白いことがいろいろ届いてるのだが、まとめる時間が取れるのは来週後半かな。

めんたいパスタ、生ハムのサラダ

21日の補完。久々のめんたいパスタ、おいしい。生ハムはセラーノの固まりを切ったので使ってみたのだが、サラダに入れるには強すぎるな。単体で食べたほうがおいしいようだ。

鷄といんげんの唐揚げ、ごぼうと人参のサラダ

20日の補完。そろそろコッテリと行きたいということで唐揚げ。うまい。ごぼうサラダもなかなかヒット。

2008年04月20日

根野菜の煮物、まぐろの刺身

ありあわせで適当に和食。が、ちょっとボリューム感に乏しかったようで、パートナー用にポークソテーを焼いたり。

2008年04月19日

ボンゴレスパゲッティ、お茶

砂吐き済みのあさりを買ってきた。オリーブオイル(またはバター)で唐辛子とニンニクを炒め、唐辛子を取り出しみじん切りの玉葱を炒める。あさりと白ワインを加えて蓋をし、開いたら切った水菜とパスタの茹で汁を加え、塩と胡椒で味つけ。茹で上がったパスタとよく絡める。

食後に、台湾で調達した茶盤のデビュー(写真は後付けで19日朝のもの)。茶器は以前にayご夫妻からプレゼントいただいたもの。こじんまりしててかわいい。茶盤は日本円で2,000円くらいで、買った店では一番安かったもの。塗装が剥がれやすそうではある。

茶は今回は手元にあった凍頂烏龍茶。茶葉を茶壺に入れ、お湯を入れて、すぐに碗を温めるために全部注いでから、碗と茶壺の湯は捨てる。茶壺に再び湯を入れ、蓋をして上からも湯をかける。しばししてから碗に注ぎ、頂く。

茶葉をちょっと入れすぎてやや苦い感じになっちゃった。もっと少なくて十分な模様。より上品には碗に注ぐ前に茶を一度移したり濃したりするんだけど、手軽にお茶するには不要かな。なかなかおもしろい。熱湯を保持する方法をなんか考えれば、ベランダや庭でマッタリとお茶を楽しむこともできそうだ。

2008年04月17日

蒸し鶏の台湾風、なめこの味噌汁、トマトのサラダ

台湾料理本(台湾語と英語の併記)を買ってきたので、鷄の味つけを台湾風にしてみた。 鷄は塩を振ってビニール袋に入れ、火を止めた熱湯入り大鍋に沈めて1時間。 小鍋に五香粉、シナモンパウダー、塩、中国醤油、味醂、酒、紹興酒、ごま油、ネギのみじん切り、鷄の出汁と入れて煮詰め、切った鷄と軽くあえる。

ニンニクのみじん切りも加えるとさらに台湾風になるけど後が臭いまくりそうなので、とりあえずこんな感じで。五香粉とシナモンの組み合わせで台湾の味っぽくなった。

肉豆腐風煮込み

15日の補完。牛肉、生姜、玉葱、ネギを鍋で炒めて、茹で里芋と豆腐を加え、醤油、味醂、酒、砂糖、塩で味つけ。

Subject: Bits from the DPL: FTP-master & DAM delegations

Samより。

Joerg JaspertがFTPマスタとして任命された。さらに、Joerg JaspertはフルDebianアカウントマネージャとなり、これによってNMに関連する開発者アカウントの作成および削除の権限を持つことになった。

ついにJames Troup(elmo)のお城も終了かー。でも多分elmoもどこかで燃え尽きてあのようになってしまったので、ganneffも同じことにならなきゃいいけど。

2008年04月13日

Subject: Debian Project Leader Election 2008 Results

挑戦を続けてきたSteve McIntyreがついに勝利したようだ。 次点のRaphaelとは53票差、3位のMarcとは85票差か。

台北5日目

最終日もホテル→阜杭豆漿。周囲にもいろいろ朝食どころがあるね。買ったお茶ドリンクはかなり微妙…。 今日で台湾ともお別れ。まだ食べ残したものがたくさんあるよ…。

手荷物はできるだけ軽くしようと、キャリーバッグに突っ込みまくったら、えらいことに。いちおこれでギリギリ20kg以下。


台北駅から台北地下街を抜け、国光のバスターミナル。桃園の第二ターミナルは後着なのでぼーっとしててOK。窓際から冷房が吹き出していたようで、行きのときにパートナーには悪いことをした。 2時間半前に空港に到着。チェックインをさっさと済ませて、昼食。食べ損ねていた鶏肉飯、それになんとなく心魅かれたジャンクフードとしてバーガーキングのハンバーガーセット。しかし鶏肉飯はササミの下が魯肉になっていて、これは鶏肉飯じゃないよ…。付け合わせのワカメはおいしかった。


帰りもANAとのコードシェアのEVA AIRだったんだけど、噂のキティ号だった。 すげぇ、ゲート前がキティちゃん広場になってるよ! キティちゃんゲートだったらさらにおもしろかったんだけど、さすがにそこまではしていなかった。 しかし機体にも座席にもスクリーンにもキティちゃんが主張しまくり。


帰りの機内食はほどほどにしつつ、映画などを見ながら過ごす。ひどそうな予感のぷんぷんするウイルスミス主演「アイ・アム・レジェンド」、本当にひどかった(笑)。

さて、日本到着の日は暴風雨吹き荒れた日で、夜になって雨はほぼ止まっていたものの、風はえらいことに。成田に近づいたあたりから機体が翻弄されていたんだけど、成田上空で一回りしたあと、着陸中に激しい波乗り状態になってかなりきつい目に遭った。 ほかの乗客の皆さんもかなり参ったようでフラフラ。まぁなんとか復帰して成田から帰宅。

台北4日目

朝はホテル野菜→阜杭豆漿のコース。

台北駅周辺で買い物。台北新世界はまだ開いてなくて、重慶北路の松青スーパー…はなくなってる…。銀細工の店もめぼしいものはなく、問屋街をちょっと見て、暑いので台北地下街に避難。台北地下街の電子機器エリアにはXBOX360、PS3、Wiiなどの店が並ぶ。XBOXが一番多いかな。ゲームは日本製のものが多い。アイドルマスターとか。アニメはハルヒがかなり人気の模様。日本語そのままのポスターとかよく見かける(化粧品の宣伝とかも日本語のままのが多い)。4月末にはコスプレ大会も行われるそうな。電気街には行く時間なさそうだし、マウスパッドやケーブルバンドなどをここで購入。 パートナーは地下街で水晶などを購入。


空きっ腹を抱えて、忠孝敦化駅から担仔麺の元祖である度小月へ。汁あり汁なしをそれぞれ頼んで、どちらも素直な味でおいしい。サバヒのスープ、厚揚げの煮込みもいい味。


敦化南路一段にある誠品書店に向かう。道路を区切る並木がとても綺麗。 書店の地下のフードコートで一休み。タピオカココナツミルク、7up。 書店は漫画以外は立ち読み自由で、きままに座り読みしてる人多数。 漫画は日本のものだらけですな。 パートナーはインテリア本(なぜかスペインの)、こちらは台湾料理本(英語併記)を購入。


出直して、台北新世界を見てみる。服とかは日本と変わらなくてあまりおもしろくない。 芋入りの豆花はおいしかった。 EASY CARDのチャージもしてみた。ExpressじゃなくてNormalでやるのがよいようだ。


台電大楼駅から師大夜市へ。なんか地図が微妙に間違ってたり、屋台が奥に移動してたり(師大路じゃなくて龍泉街の学生宿舎に近いほうになってた)。 食うことに夢中だったようで市の写真が全然ないのが遺感だ。 牛魔王でステーキ、ORANGEでフルーツの練乳がけ。フルーツ怖い。 師大夜市はほかの夜市よりもこじんまりしながらもお祭りの縁日のような雰囲気でとってもいい感じ。今回で一番好きな夜市かな。屋台では食べなかったので、次回また寄ってもよいねと意見が一致。


善導寺のシェラトン裏にある徳也茶喫で茶盤を購入して帰る。

台北3日目

ホテルで野菜を中心に軽く取り、善導寺の華山市場上にある阜杭豆漿へ。下の市場ではニワトリがひねられては血抜きされてます…。 豆漿屋は地元の人々で大繁盛。写真は鹹豆漿と蛋餅。豆漿に塩気のあるスープやザーサイ、干し海老、シャンツァイなどが入り、塩気で茶碗蒸しのように固まる。おいしい。 蛋餅は薄い小麦粉の皮にネギと卵焼きがくるまれていて、こちらもうまい。 日本語で書かれたメニュー表(時間帯か時期かでやってないものもあるみたいだけど)も用意されてる。


買い物の続きということで永春にきたのだが、お休みでした。ショボーン。駅前には市が立っていて興味津々。


永春から見える山々が素敵だったので、行こうかどうしようかと悩んでいた猫空に向かうことに。動物園駅からロープウェイ、のはずだったのだけど、動物園駅に着いてロープウェイ乗り場にきてみたらとんでもない行列…(動物園駅に行く木柵線もかなり混んでた)。これは埒があかん。


ロープウェイは早々にあきらめて、タクシーで猫空の六季香茶房。2、30分ほど乗ってた気がするけど、200元で済んだ。タクシー安いのはありがたいな。 見晴しはいいけど、電線がちょっと汚い。あと、風が寒い。とはいえ日向だと日射しでクラクラする。 ブス猫がねそべってた。 お茶を飲みながら茶葉料理待ち…が、どうも注文が忘れられていたらしく、えらく待ちながら何度か「サービス」なおやつをポリポリ。茶葉料理は、卵焼き、ラー油入りの素麺、小籠包。値段は高かったけどおいしかった。

行ってみてダメだったらタクシーで帰るか、ということでロープウェイの駅に。徒歩10分ほどで到着。途中にも見晴しや雰囲気のよさそうな茶屋がいくつかあった。 ロープウェイは行きよりもずっと並びが短く、流れている雰囲気だったので乗ることにする。それほど待たずに乗ることに成功。6人乗りで、ほぼガラス張りで開放感がある。 下に加速するときにフリーフォールぎみなのがなかなかのドキドキ感。 けっこう時間をかけて山々を抜けて、遠くには101も見えたりして楽しめる。行きで並ぶほどではないけど、帰りに使うにはお勧め。

降りてみたら、登りの行列はちっとも改善してない…。


剣潭駅目前にある最大の夜市、土林夜市。表では怪しげな蝋燭治療みたいなのが。 道にずらりと並ぶというより、屋根付きの大きなマーケットみたいなところだった。人が右往左往して歩きにくいし選びにくい…。 お勧めされてた高菜入り水煎包は失敗。おいしくなかった。 パートナーはビーフンと豚ハツのスープ。素直でけっこうおいしい。 こちらは豪大大鷄排を食す。オジサンに袋を事前に渡されるので貰っておく。spicy/non-spicyはふりかけるスパイス粉の種類。spicyだとチリパウダーっぽいのがかけられる。安いしうまいんだけど、1枚がハーフサイズもあるとさすがに最後飽きる(笑)。 生絞りオレンジジュースはけっこうおいしい。


台北2日目

ホテルの食事は…うーん。あまり良い評判はないけど、まぁ屋台料理ばかりだと不足しがちな野菜を取るにはいいのかも。パートナーによるとコーヒーだけはおいしいらしい。紅茶を飲もうと思ったら、お湯からはコーヒーのクリーム臭が…。微妙な味のオレンジジュースでしのぐ。 部屋の窓から見える風景は地図では緑地だったんだけど、実際には再開発待ちのようで荒れ果てていた。


城中市場での買い物のために、台大医院駅へ。公園が綺麗。時間のあるときに台大医院の建物含めてまたゆっくり散歩できるといいな。 途中、衛陽路の八方雲集という餃子屋で海老水餃子(左)と鍋貼(右)。水餃子は普通だったけど、鍋貼はうまかった!筍が入っていて絶妙な味わい。これで1本5元。城中市場で食べるかもと思って量を控えちゃったけど、また台北に来ることがあったら、ここで思う存分食うのもよさそう。


城中市場内で牛肉麺と排骨麺。もちもちな麺で、牛肉は牛スジの煮込みが入ってるようなものだと想像いただければ。排骨はカツレツみたいな感じ。どちらもまぁまぁというところかな。 城中市場は女性服やアクセサリーをバーゲンセール的に売ってる店が林立。ただ安いものは安いなり、だなぁ。パートナーは結局なぜかインド雑貨屋で服を購入。 疲れたので喫茶で一休み。杏仁タピオカドリンクは…かなり微妙。


出直して、台北101へ。まだMRTの駅はないけど、市政府駅から無料シャトルバスが出てる。時間帯によってはかなり混むので、歩いちゃったほうがいいことも。


台北101。高い! 近くだと上のほうがまったく見えない。とはいえ、一般が入れるのは低い別塔のほうで、高いほうで行けるのは展望台くらい。メリルリンチとか銀行とかの金融系と、IT系で埋められているらしい。 疲れたのでフードコートのマクドナルドでジュース。フードコートは日本語メニューも多い。 夜になってライトアップされて綺麗。帰りのバスの並びがアレだったので、101→New york New york→新光三越と渡るスカイウォークをてくてくと。なかなか光の使い方が上手でいい感じ。カップルがたくさん。

双連の寧夏夜市へ。まずは双連街にある双連街魯肉飯で目玉商品の魯肉飯を軽く1杯。うむ、これは確かにフォーチャァであります。 パートナーは双福食品でパイナップルケーキをおみやげ購入。が、この数は重いヨ…。 夜市はなかなかのにぎわい。さまざまな匂いが入り交じる。ときどき鼻を刺すのは臭豆腐ですね。 腸詰めや、牡蠣のお好み焼き(オアチェン)。牡蠣は前に鹿港で食べたのがおいしかったんだけど、今回のはぶよぶよしていてイマイチだった。手前の人がいっぱいいたほうに行けばよかったかな…。 帰路は中山に戻ったのだけど、途中まではうら寂しい道だった。


台北1日目

台北に食い倒れに行ってきた。

便はEVA AIR。ANAとのコードシェアだった。エコノミーの座席が固くてちと辛め。食事はまぁまぁかな。4月の頭なのでガラガラ。定刻どおりに夜に桃園国際空港に到着。 ホテルに近い西線のバスは乗り損ねたので、国光で台北駅へ。バスの中が寒い。 MRTやバスで使えるSuicaみたいな非接触型カードEASY CARDを購入(500元で100元分はデポジット)。チャージもできる。台北で遊ぶなら必須。


MRT台北駅から1つ先の善導寺駅、徒歩5分ほどの家美飯店(WELCOME HOTEL)。今回の旅の拠点。値段は安めで、このクラスでは珍しく防音がわりとちゃんとされてる(エレベータホールでワーワーされるとさすがに聞こえるが)。禁煙ルームでリクエストしてたまたま最上階の10Fだったので、上からの音の心配もない。部屋は広いしベッドも柔らか目だし、バスルームもバスタブまで用意されていて良いのだけど、バスルームに着替えなどの物の置場がないのがちょっと不便。あと、2人で使うにはハンガーが明らかに少ない。 クレカを使って開閉できるロッカーあり。スキミングがちょっと不安なので、捨てカード(番号が変わっても影響なさそうで、解約してもいいもの)を使った。 冷蔵庫は空きスペースもあり、ミネラルウォーター3本が無料で毎日用意される。 フロントスタッフは日本語か英語が通じる。紙に書いてあるのは妙な日本語/英語が多いけど…。


夜市に行く計画だったけど、疲労してたのでキャンセル。しばらく休んでから中山の中条通りのほうへ。 お勧めされていた福哥担仔麺は誰もいなくてちょっと入りにくい雰囲気だったので、その手前のわりと人の入っている定食屋で担仔麺、青菜炒め、魯肉飯。青菜炒めが生ニンニクだらけなのが台湾っぽい。


ファミマでポカリを購入し、林森北路の豆花屋で、ピーナツ入りの豆花。豆腐そのまますぎてちょっと違和感が…。

2008年04月12日

Release Update: architecture status, release goal status, BSPs

zobelより。

アーキテクチャの進捗
armelが目覚しい進展で、リリースアーキテクチャになりそう。developerアクセス可能なマシンagricola.debian.orgも利用可。それに対してarm/hppaは主にハードウェア上の理由で停滞ぎみ。armアーキテクチャはlennyで最後となり、armelアーキテクチャで置き換えられる予定。
リリースゴール
最近のBSPでRCバグはだいぶ減った。gcc-4.3がデフォルトコンパイラに。4月14日にはg++-4.3 FTBFS絡みが直っていないものはtestingから削除予定。
dashを/bin/shにするにあたっては、多数のバグが残っている。このゴールを達成するにはNMUキャンペーンをする必要があるだろう。
piuparts-clean(なんだっけこれ?)はまだ50個のバグが残っており、進捗も見られない。
double buildはまだ多数のバグが残ったまま。もっと協力が必要。
依存ベースのinitシステム向けのinit.dスクリプトの用意。先週までにほぼ解決。残るいくつかのバグは来月にはクローズされるはず。
main内でのunmetなrecommendsの除去は、ほぼ完了。
debconf利用パッケージのi18nサポート。ほぼ完了。
python 2.5のサポートはほぼ完了。数日後には2.5がpythonのデフォルトバージョンとなり、残存の問題はRC扱いに。
g77→gfortran移行は完了。testing落ち待ちのものがいくつか。
BSPマラソン
現在475 RCバグで、まだ多い。0-day NMUポリシーを実行。NMUではRCバグのほかにも、翻訳の更新であるとか簡単に修正できるtypoだとかもチェックしてほしい。メンテナンスがされていないと思われるパッケージについては修正よりも削除あるいは別メンテナの引き取りの道を探ったほうがよさそう。
5月1日〜5月4日: dashの/bin/sh化の問題の解決。piuparts問題の解決。upgradeテスト。
パッケージチームニュース
glibcチームが"Bits from the GNU Libc Maintainers"で残存の問題の詳細なリストを出してる。Debian bug#442858はlibcの問題というよりgccの問題だけど、このリンク時オプションの変更(profを使うときは-static-libgcc -lc_pとする)については、近日中にドキュメント化される予定。
開発中のKDE 4.1がexperimentalに入った。まだ作業が必要だが、来月には一般に利用できるものになりそう。新しいKDEパッケージに必要なQt 4.4は近々unstableにアップロードされる予定。KDE 3.5.9については特に報告なし。3.5.10が出なければ、testingは3.5.9で。
GNOME 2.22をlennyへ。gnome-vfsからgvfsへの移行でexperimentalにアップロードしたnautilusなどいくつかのパッケージが影響を受けてる。その他のほとんどのパッケージはunstableに入っていて、すでにlennyにも入った。来たる数週間で最初のバグ修正リリース2.22.1がアップロード、testing入りの予定。
iceweasel/firefoxその他Mozilla系。xulrunner 1.9b4がexperimentalに(不運なdelayの末)アップロードされた。xulrunner 1.9依存のtesting/porting作業が開始可能に。 iceweasel 3.0 betaもexperimentalにアップロード予定。iceweasel-gnome-supportを入れていないとアイコンが表示されないという既知の問題があり。iceape/icedoveは現時点でlennyに新しいリリースが間に合うかは未知。
必須パッケージのフリーズ
必須パッケージはtestingへの自動落ちは行われなくなっている。これらのパッケージのunblockを希望するときにはdebian-releaseに連絡。
デフォルトのsyslog
デフォルトのsyslogデーモンをrsyslogにすべきか議論中。まだどうなるかの最終決定は下されていないけど、興味のある方はrsyslogを試してみて。
リリースチームからのトリック
あなたのパッケージについてのwanna-buildの状態を見たいときには、jeroenのページが便利。

Subject: Are Sha* checksums accepted by dak?

dpkg-dev 1.14.18を使ったパッケージのソースパッケージのFormatが1.8になり、脆弱なMD5の代わりにChecksums-Sha1とSha256が付くようになったのだけど、これをdak(Debianアーカイブキット)が認識しなくてrejectしてしまうことがあるようだ。

joergとajが対処を進めているようなのだが、現時点ではまだ条件によってはrejectされてしまう模様。当面の回避としてはtestingまたはsnapshot.debian.netからdpkg-dev 1.14.16を借りてきてFormat 1.7を使う。pbuilderを使っている場合などには注意が必要。

changesリストには1.8のものもそこそこ入っているようなので、なんでq-funkのxserver-xorg-geodeパッケージがrejectされるのか条件がよくわからないな。

dak側での対処がなされたらオレオレdakサーバもいいかげんにアップデート追従しないといけないか…。

味噌ラーメン

シマダヤの麺とスープに、焼豚、キャベツ、椎茸、玉葱という組み合わせ。けっこううまい。

2008年04月11日

Debian JP Project 新理事会

会長に上川純一さん、監事にやまねひできさんがそれぞれ信任投票を受けて再選され、 副会長には前職の岩松信洋さんが留任のほか、東西それぞれのDebian勉強会で活躍中の山下尊也さん、山本浩之さんが加わりました。 私は事務局長として留任し、引き続きJP活動の裏方サポートを続けます。

そういえば最近はメーリングリストも静かですね。Lennyがリリース近くなるとまた活発になるかな? ドキュメント方面はその前にいろいろやらないといけないことがありますが。

DPL 2008 vote

そろそろ締切なのに投票率がよくないらしい。まだ投票していないDDは投票を。

いなだの刺身、小松菜と厚揚げの味噌汁

9日の補完。和食だ。

カステラ

3日の補完。カルボナーラで残った卵白を使い切るべく、カステラにする。これはうまい。かなりいい出来。レシピはfjtさんに教えてもらったもののアレンジ。

  1. 卵白3、卵黄1、強力粉80g、砂糖125gをそれぞれ用意する。
  2. 牛乳大匙1.5、オリーブオイル大匙1.7、はちみつ大匙1、塩少々をレンジOKな容器または皿に入れておく。
  3. オーブンを180度に設定。
  4. ボウルで卵白を角が立つまでがんばって泡立てる。
  5. 砂糖を3回に分けて入れてクリーム状になるまで混ぜる。
  6. 卵黄を入れ、ヘラで軽く混ぜる。
  7. 強力粉を3回に分けて入れ、ヘラでよく混ぜていく。
  8. 牛乳等を入れた容器をレンジで1分ほどチンして、ボウルに加える。
  9. さらによく混ぜる。
  10. 型に入れ、オーブンで45分焼く。

そのうちまた焼こう。

鶏肉と野菜のカレー

3日の補完。出発前に冷蔵庫の整理がてら。鶏肉、ナス、ピーマン、椎茸、しめじ、じゃが芋を使った。

2008年04月03日

カルボナーラ、レタスとトマトのサラダ

残りの生クリームはカルボナーラにする。パンチェッタをじっくり炒め、白ワインを飛ばし、パスタの茹で汁を加えて乳化。生クリームを注いで軽く煮る。卵黄におろしたチーズ、胡椒を軽く混ぜる。茹でたパスタ、ソース、卵を混ぜてできあがり。

全卵のみでやるよりもさらにねっとりした感じ。若干煮詰めすぎたけど、まぁおいしい。チーズおろしで一緒に指もおろしてしまった…。

2008年04月01日

ロースステーキ

今回は炭火用の火起こしを使ってペレットを熱くしてみた。…けど、15分くらいでは甘かったのか、すぐに冷えちゃうなぁ。難しい。