2008年09月23日

Subject: DELAYED queue and upload hostname, Subject: ssh.upload.debian.org

ganneffから2通、d-d-aに。

まずは1通目。 遅延キューがこれまでのgluck.d.oからftp-master.d.oで担うようになった。近日中に現在のgluck.d.oの遅延キューサービスは終了予定。*.commandsコマンドファイルでも操作できる。

  • パッケージをDEFERREDディレクトリから別のところに入れたいとき: 「rescuedule foo_1.2-1.1_all.changes 2-day」(2-day遅延へ移動)
  • アップロードをDEFERREDキューから削除したいとき: 「cancel foo_1.2-1.1_all.changes」
  • 壊れたアップロードをDELAYEDキューから削除したいとき: 「rm DELAYED/X-day/foobar.deb」または「rm --searchdirs foobar*」

DEFERREDキューの概要はhttp://ftp-master.debian.org/deferred.htmlで見ることができる。

また、ftp-master.debian.orgに変えて「ftp.upload.debian.org」というアップロードキュー用のホスト名を用意した。以後のアップロードではこのホストを利用するようdputあるいはduploadの設定を変更するのが望ましい(こういうシンボリック名を使うことで、管理上楽)。

続いて2通目。ssh経由でのパッケージアップロード用に、ssh.upload.debian.orgというホスト名を用意した。アップロードは/srv/upload.debian.org/UploadQueueに配置する。このアップロードキューを使うと、アップロードした者は1通以上のメールを受け取り、同時にキューデーモンはファイルをftp.upload.debian.orgに移動する。ssh.upload.d.oは.commandsファイルも受け付ける。DELAYEDキューはサポートされないので、必要ならftpを使うこと。

豚肉とナスの味噌炒め、豆腐とミョウガの味噌汁、きゅうりのぬか漬け

21日の補完。豚バラ薄切りの脂がナスに染みて、そこに少し甘めの味噌・味醂・酒が絡んでなかなか美味なものに。

ゴーヤチャンプルー、かぼちゃの煮付け、ピーマンのオーブン焼き、きゅうりのぬか漬け

19日の補完。頂き物ゴーヤをそろそろ食べておかないと、ということでついでに減塩SPAMも買ってきて調理。いつもの豚肉版と違っていくぶんこざっぱりしたものになった。どの品もおいしくできたかな。

ナスとピーマンのペペロンチーノ、カボチャの焼き物、コーンポタージュ

18日の補完。ナスがちょっとアクが出てきてしまってた。カボチャはちょっと焦がし過ぎてしまったけど、まぁおいしい。コーンポタージュは以前のインゲンスープで使った生クリームの残りで。

ハンバーグ、野菜のつけあわせ、温豆腐とみょうが、きゅうりのぬか漬け

17日の補完。野菜中心にさっぱりめ。

鶏肉のトマト煮、いんげんスープ

15日の補完。大量のいんげんを頂いたので、少し変わった食べ方としてポタージュ風スープにしてみた。いんげんを茹で、ひもを取る。鍋にオリーブオイルと薄力粉、薄く切った玉葱を入れて炒め、いんげんを加える。牛乳とコンソメを入れ、あらかた火の通ったところでミキサーにかけ、鍋に戻して温めながら塩、胡椒で調味し、生クリームを加える。いんげんの旨味がしっかり出ておいしい。

鶏肉とナスの黒酢炒め、ニラ卵、きゅうりのぬか漬け

13日の補完。黒酢炒めは唐辛子を減らしつつ、こってり風味に。たいへんうまい。漬物もニラ卵もいいかんじ。

タイカレー、玄米、きゅうりのぬか漬け

やっとPCの電源交換ができたので、復帰。 11日の補完。タケノコ、豚肉、ナス、ピーマンでわりとドロドロめにしてみた。新しい炊飯器での玄米、普通っぽくはあるけどやはりうまい。

2008年09月17日

Debianパッケージ作成入門の入門

ずいぶん前から続いてるなぁと思ってたYLUGカーネル読書会だけど、今回Debian JPのHenrichくんがパッケージ入門を発表するとのお知らせがHenrichくんジキジキにspamされていた。Debian中級なので行かないといけないな。YLUG自体10年くらい前にgotomかukaiさんに誘われて行ったとき以来だけど。

会場は新橋にあるミラクルリナックス社のセミナールームで、銀座線から適当に勘で向かったところ途中で微妙に迷った。ビバEZナビウォーク。ずいぶん立派なビルで、セミナールームもちゃんとした机と椅子が置かれてる。電源とネットは希望すれば利用可能。金曜日の告知だったにもかかわらず、30名超の盛況。これもHenrichくんの人徳と言わざるを得まい。

18:30に開場し、19:00のお題開始の前に「何か言いたいこと発表」として小園井さん@LFによるLinux Foundationの活動紹介。来年10月に東京でカーネルサミットが開催され、よ。氏もカーネル読書会第100回をBOFの1枠としてTorvalds氏を交じえて開くんだそうな。それからひとしきり参加者の自己紹介。なにぶん小心者なので控え目に目立たないようにしておく。

19:00よりHenrichくんの表題発表。未承諾広告2つほどの後、パッケージを作成する理由として、「既存パッケージの修正/更新」「パッケージングされていないソフトウェアのパッケージ化」の2つに分け、前半/後半で説明。

既存パッケージの修正/更新では、helloパッケージ、vl-gothicパッケージ、jdパッケージを例に、プレイン環境の構築、apt-get source、build-dep、dch、uupdate、uscanといった手順の紹介。aptitude build-depってヘルプに出てこないね。update-alternatives --config editorでエディタ(editorコマンド)を変更する手法が紹介されていた。私はEDITOR環境変数にgnuclientを指定しているのだけど、changelog書くときにはEmacsだと不便(バックアップファイルとか邪魔だし)なので、EDITOR=vi dchを使ってる。watchファイル/uscanはいろいろ深いので、興味のある方はmanやwatchファイルサンプルなどを参照。

前半が終わったところですでに予定の20:00になってる気がするが、後半の新規パッケージ作成講座。まずはRPMパッケージがある場合には、alienを使うという手法。しかしalienで変換したものはいろいろ不具合が出たりすることもある罠。
変換でなく新規に作成する例は、sl(古いソフトウェアでビルドできりゃいい的なMakefileのslを例にした時点ですでに負け気配が漂う)。アーカイブの展開、dh-make、debian/ファイルの編集、debuild。pbuilderによるクリーンビルド、pipartsによるインストール/アンインストールテスト。slは提供されているMakefileにビルドルールしかなく、cleanやインストールがないので、かなり面倒くさい。準備不足ということもあり、あちこちで問題発生。それでもなんとかこぎつけたけど、パッケージ作りが難しいイメージをちょっと持たれたかもしれない。時間を30分ほど押して終了。

なお、現在、Debianではdh_make -sで作るrulesをちまちまいじるよりも、cdbsビルド支援ツールを使うのが主流になっている。slのような自前Makefile系のソフトウェアにはあまり向いていないけど、よくあるconfigure→make→make install系のautoconfソフトウェアであれば、Debianのビルドプロセスを定義するdebian/rulesファイルがほんの2、3行ほどになる。カスタマイズも容易。ので、私としては次回はcdbsによるビルド手順の紹介を期待したい。よく書かれているんだけど英文のcdbsマニュアルについては、noritadaくんががんばる(by iwamatsu)らしい。

ピザとビールで懇親会およびHenrich反省会。本物よりもスリムになった偽wakatonoが参上。しゃるとかnsaitoさんとかものすごく久しぶりに話した。22:00で切りのよさそうなところで中座して帰宅。新橋の夜は赤提灯が並んでいて、自分が外国人旅行者だったら「おぉすげーおもしろそー」となりそう。

2008年09月11日

オーブンレンジDailycookコンビニフラット17L『ER-F3』、IHジャー炊飯器『SR-HA101-S』

不慮の事故で電子レンジを放棄しないといけないはめになったので、電子レンジ新調のついでに、以前に落下して蓋にヒビの入っちゃった炊飯器も新調することにした。レンジも炊飯器も10年以上も使っていた年代物で、ちょうどいい頃合ではある。



/

設置場所の都合上、電子レンジは現状維持の16〜17L程度となる。色は白モデルと黒モデルがあるが、白モデルは白というより「ぶち」なので、黒を普通選ぶと思う。

このクラスで本機が出色なのは、ターンテーブルなしのフラットタイプなこと。ターンテーブルにはとかく良い思い出がない。ハートマン軍曹なら「俺がこの世でただ一つ我慢できんのは……レンジの中で回転せずにひっかかってるやつだ!」とぶち切れてるだろう。庫内ぎりぎりの冷凍サンマ。昨晩のおかずを入れた、ちょっと大きめのお皿。ごくたまーにコンビニ弁当。あらゆるひっかかる。溝にゴミが溜まるので、衛生的にもよろしくない。

そこでフラットである。もうレンジは普通ターンテーブルなしのフラットであるべき。一度フラットの便利さを亨受すると、ターンテーブルには戻れないと思う。

私自身はオーブン機能はほとんど使うことはなく(前から使ってる主オーブンがある)、レンジ機能が主なので、スペースを食わない片開きになっているのはありがたい。付属のトレイを焼くのにオーブンモード(250度まで。連続8分が経過したら200度に落ちる)を使ってはみたものの、かなり熱くなっていた。

食材自動判別的な機能はないみたい(もともとあれはあまり当てにならないけど…)。お手軽な方法としては、スタートキーを連打することでより長くチンできる。解凍はグラム指定が必要。とはいえ、10gボタンと100gボタンを適当に押して調整するだけなので、それほど大変ではない。今のところレンジ調理的なものは試していないけど、パン発酵向けに30度または40度の発酵モードがあるので、いずれこれは試してみたい。

若干不便なのは、省エネを理由に「扉を閉めた状態から開けないと電源が入らない」こと。これまでは使用後は臭いなどがつかないよう開けっぱなしにしてたのだけど、この場合、次回使用したいときには「物入れる→扉閉じる」ではダメで、「物入れる→扉閉じる→扉開ける→扉閉じる」をしないといけない。まぁ閉めるようにしておけばいいんですけどね。



/

炊飯器は、新モデルが出ている都合上、電気屋では安売りしていた。 IHで5.5合炊き。サイズがかなりコンパクトで、ほかの製品によくあるアメフトヘルメットみたいにゴテゴテしていないのは嬉しい。色はamazonの画像よりももっとシャンパンゴールドに近い。

ダイヤモンド微粒子はよくわからないが、釜はそこそこ重い。蓋は取付と取り外しはワンタッチで悪くない。でも取付はちょっとコツがいるようで、ときどき落としてしまう(落ちても構わずに閉めればカチっと取り付けられることが判明)。どちらも食洗器での洗浄は禁止となっている。表面加工のおかげで今のところは米つぶがくっつくことなく、綺麗に掬える。

炊飯は浸水時間まで含めて計算してくれるので、浸水を手作業で行う必要はない(手動も可)。玄米、発芽玄米も炊ける。銀シャリモードでだいたい56分。炊けるとピーピー鳴るので、一度開けてほぐす(こればかりは手作業)。添付のしゃもじはなかなか使い勝手がいいのだが、大きすぎてマグなどには入らない。ちょっと困る。

炊き加減だが、いつも食べている「秋田こまち」はふっくらした仕上がりとなり、たまたま残してあった前の炊飯器のごはんと比べると味わいがまったく違う。これはすごい。もっと早くIH買っとけばよかったか(笑)。

玄米も炊いてみたけど、こちらはそれほど大きくは変わらないものの、圧が強いぶん中が柔らかく仕上がって食べやすい。

すでにIHで炊いている人にはそれほどアピールする点はないかもしれないけど、なかなか良い炊飯器だと思う。

うなぎのかば焼き、豚汁

9日の補完。安全安心中国産らしい。大味だけど、まぁ安いし大きいのは魅力か。

かつおの刺身、モロヘイヤのおひたし、きゅうりのぬか漬け

8日の補完。かつおが魅力的だったので買ってきた。おいしい。モロヘイヤは茹でて絞って切り、醤油、かつおぶしと合わせるだけ。

タンドリー風メカジキ、野菜スープ、きゅうりのぬか漬け

7日の補完。メカジキとピーマンはヨーグルト、マサラ、パプリカ、ターメリック、ニンニク、生姜、ビネガー(本当はレモン)、等々を混ぜた中に漬けてから、オーブンで焼き上げた。辛系のものを入れなかったのでインドの味とはちょっと違うけど、なかなかおいしい。

いんげんと豚肉の炒め物、かぼちゃの煮物、きゅうりのぬか漬け

5日の補完。野菜たっぷりメニュー。かぼちゃに砂糖入れるの忘れてしまったけど、かぼちゃ自体が上品な感じで、それほど問題はなかった。

タコス

4日の補完。写真はタコスというよりタコス皮で巻く中身だけど。羊のハンバーグ、玉葱、トマト、ピーマン、アボカドという取り合わせ。何度食べてもうまい。

2008年09月04日

FBTerm

フレームバッファで動作する仮想端末ソフトウェア。 sf.jpの記事から、良さげだったのでビルドしてみた。Debパッケージも簡単に作成できた。ちなみにITPは岩松さんがすでに#497803として表明されたので、いずれunstableで公式に利用できるようになると思う。

私の作ったfbterm.debはこちらに置いてある。「deb http://kmuto.jp/debian/mtu unstable main」でも取得可能。

仕様上、vga16fbでは動かないようだ。VESAの場合は「vga=315」(800x600x16bppモード)のようなオプションを付けてカーネルを起動。fbtermはそのまま「fbterm」で実行できる(実行するにはvideoグループへの参加が必要だけど、最初に作成したユーザーならすでにこのグループに参加しているはず)。

VESAのおかげもあるが、jfbtermより体感速度はかなり速い気がする。fontconfigからフォント情報を拾うので、LANG=ja_JP.UTF-8状態でのlennyデフォルトではvl-gothicが自動で選ばれる。


ショートカットキーで仮想端末を増やしたり、gpmでマウスでコピペしたりすることもできるようだ。いい感じ。さらばjfbterm、か。

豚肉とナスのトマト煮、モロヘイヤとトマトのおかかサラダ、きゅうりのぬか漬け

トマト煮は、胡椒した豚肉を炒め、その脂でニンニクを炒めて、豚肉とニンニクを取り出す。ナスを炒めてからトマトを加え、潰したニンニクを戻し入れてから、豚肉を戻し、塩で調味。サラダはモロヘイヤをさっと茹でて、トマトとかつおぶし、ワカメ、醤油と絡めて出来上がり。

鮭のムニエル、野菜の茹でサラダ、きゅうりのぬか漬け

2日の補完。脂の乗ったムニエル用鮭がわりと安く売ってたので、これをムニエルにする。ただ、もうちょっと味付けを工夫しないと最後のほうはやや飽きぎみかも。別途、ジェノヴェーゼなどのソースを作るべきだな。野菜はじゃが芋、人参、ナス、トマト、とうもろこし、玉葱、いんげん、塩、胡椒、水少々、ベイリーブスを鍋にいれ、蓋をしてぐつぐつと。水気が出ておいしいスープになる。

ピピンバ、豆腐とワカメとトマトのスープ、きゅうりのぬか漬け、ぜんまいとこんにゃくの煮物

1日の補完。野菜をいろいろ使って。スープは鳥ガラ粉末でだしを取って、豆腐、ワカメを入れ茹で、塩胡椒白ゴマで調味して、切ったトマトの上にかけたもの。煮物はぜんまいが苦くなってた。どうも八百屋の中国産水煮系はこの前の筍といい、確実にハズレのようだ。

ブルスケッタ、いんげんの炒め物

8月31日の補完。野菜の追加が届いたので、再びブルスケッタに。やはりトマトうまい。いんげんは炒め方が若干足りなくて固いところもあったけど、味はいい。

2008年09月01日

Subject: Changes to Debian Account Manager

debian-project宛て。

実質的に活動が止まっていたelmoことJames Troupだけど、正式に辞職したと現DAMのJoerg Jaspertより。

これでajt、elmoと「Debian cabal」と呼ばれた2人がいなくなったかぁ。neuroはちょっと特殊な感じですね。

Subject: Release Update: freeze guidelines, testing, BSP, rc bug fixes

lukからdebian-devel-announce。

今月はリリース作業佳境になる。

フリーズ状況
フリーズを行い、安定化作業中。NEWキューにあったものやフリーズ直前にアップロードされたものはデフォルトでtestingに入れることはない。今後のtesting落ちは、次のルールを適用する。
  • RCバグ(critical, grave, serious)の修正
  • リリースゴールのため
  • priorityがoptional、extraのパッケージでのimportantバグの修正 (unstable経由のみ)
  • 翻訳更新
  • ドキュメント修正
unstableにアップロードし、freeze exceptionをメールでdebian-releaseに投げること。完全なdiffは必要ない(どっちにしろRMでuploadされたパッケージをチェックするので)が、少なくともchangelogエントリは示すこと。詳細については以前のフリーズアナウンスを参照(このときより厳しくなってるが)。
アップグレードとインストールのテスト
Lennyに2.6.26を移行させた。これ以上のでかい変更は予定していない。ので、etchからlennyへのテストや新規インストールをどんどんしてほしい。Debianインストーラチームは最初の(そしてできれば最後の)Lennyリリース候補インストーラを準備中。DebianインストーラのWebサイトをチェックしてデイリースナップショットを試してほしい。可能であれば、Linux 2.6.26を使って問題があったらバグ追跡システムに報告を。来週あたりまでに報告されなかった問題についてはlennyカーネルでは修正されないと思われる。
リリースクリティカルバグ、削除、BSP
RCバグが問題。今のところあなたの助けがあれば短期間で解消できると期待している。RCバグがあるままのパッケージは削除される。rc-alert スクリプトであなたの使っているパッケージが削除候補になっていないかチェックしよう。来週末(9/5、6)に#debian-bugs IRCチャネルのコーディネートの下でバグスカッシュパーティを行うので、参加募集。
リリースノート
lennyのリリースノートには残務がたくさんある。debian-docメーリングリストを参照。ドキュメントに何か追加/修正したいことがあればrelease-notes仮想パッケージにバグ報告を。重要な改善や新しく導入されたパッケージなど特記すべき事項があると思っているなら、Debian WikiのNewInLennyに追加を。
リリースネーム
伝統にのっとり、lennyの次のバージョンとなるリリースのコードネームは「squeeze」(3つ目のエイリアン)とする。

ついにエイリアンきましたね! Lennyリリースの気運も高まってきているようだ(d-iの後だから早くても10月の後半になると思うけど)。poppler-dataはリリースノートに記述すべき事柄だろうか?

Subject: Addition to DSA team, Subject: Update on 'chairs' within the Stable Release Team

debian-projectに2通。

Debian DSA(システム管理)チームにMartin Zobel-Helasが加入。

と同時に、Zobelは安定版リリースマネージャの職を辞し、後任にPhilipp Kernが任に就く。Zobelは引き続きSRM wizardとしてリリースマネージャの作業にはかかわるとのこと。