2008年12月31日

Subject: Results for General Resolution: Lenny and resolving DFSG violations

先日のvoteの結果が出てた。

vote 002のほうは、選択肢2、DAMを交じえて継続議論 に。まぁ順当だな。

膨大な選択肢のあったvote 003のほうは、選択肢5.、バイナリブロブを特に証明のない限りGPLに応じているものと仮定する、に。最も原理主義色の強かった選択肢1(すべてフリーになるまでリリースしない)は全選択肢にbeatされてるので、Debianが原理主義でがんがらじめ、という偏見は当たらないんじゃないかな。とはいえ、こういう投票になること自体が原理主義的なのかもしれないけど。

選択肢が多かったぶん意見が分散してしまったけど、「ウダウダ議論するよりさっさとリリースしようぜ」というのが投票したメンバの大方の意思表明で、改訂条項制限が付けられていたから今回はできなかったけどファームウェアもDFSGでの配布でいいんじゃね?というのも透けて見える(Debianがこういうのに拘泥して、もっと気楽にやってるUbuntuのほうばかりがもてはやされるのはそう良い状況じゃないし。フリーは大切だしファームウェアばかりにメーカーが走ったらフリーOS全体にとって不幸になり得るんだけど)。

なお、一般決議が乱立した反省で、決議案を出すにあたって賛同者定足を設けて揃わなければ決議には持っていかないようにしよう、という議論が今行われてる。manojは今回の投票の混乱の責任と「Debianから脱退しろ」みたいなことを言われて(これは脳内ソースみたいだけど)事務局長を辞職。Bdaleが臨時で代行して、後任を募ってる模様。

おでん

頂き物のごぼうと大根を使って。…うまい、うますぎるぞー。手羽元と昆布と醤油と味醂と酒のだしに具材の旨味が加わった汁をたっぷり吸い込んでいてじわっと口の中に広がる。その他の具材は人参、はんぺん、魚河岸揚げ、さつまあげ、いわし団子、ちくわ、じゃがいも。

まぐろのづけ、とろろ、豆腐とネギの味噌汁

29日の補完。引き続き魚で。まぐろのサクを醤油・味醂・白ゴマに軽く漬けてみた。

さばの塩焼き、かぼちゃの煮付け

28日の補完。ごみ出しがそろそろ終わりなので、焼き魚を実行するのも今のうち。ひさびさの焼き魚はおいしい。

トマトとウィンナーのマカロニ

27日の補完。玉葱、ウィンナー、トマトで適当に。ウィンナーにちょっと変な癖があったので、オリーブオイルをたくさんかけたらわりと良い味になった。

うどん

25日の補完。さっぱりと昆布、鶏肉、ネギ、人参、椎茸、白菜で。うまうま。

タコのリゾット、野菜スープ、オリーブのマリネ、ローストビーフ

24日の補完。クリスマスイブ。マリネは黒オリーブ、玉葱、パプリカ、オリーブオイル、赤ワインビネガーを混ぜて2日ほど置くだけなのだけど、これがすごく美味。ローストビーフは出来合いのものにバルサミコ酢がけで。リゾットはニンニクとみじん切りの玉葱を炒め、米とぶつ切りのタコを入れて、塩、胡椒、ホールトマトとコンソメを加え、お湯を注いで蓋をして強火3分、火を止めて7分。スープは西洋カボチャ、玉葱、セロリ、じゃがいも。飲み物はスパークリンググレープフルーツジュース。ちょっと蜂蜜レモンみたいな味がする。

野菜のカレー、タンドリーチキン

23日の補完。タンドリーはヨーグルトやスパイスに漬け込んで、オーブンで焼いた。…油をちょっとかけすぎてもうもうと煙が立ち籠めて大変なことに。ホイルで最初に包んでおくんだったよ。味は良し。じゃがいも中心のカレーとも合っていた。

2008年12月24日

Subject: Release Update: d-i RC2 and deep freeze; handling of remaining RC bugs; *-reports and release notes

(kmuto: 最近は私はwmlの更新くらいしかDebianにかかわれてません。本業で忙しすぎ…。)

(kmuto: さて、12月14日にLukからd-d-aにLennyリリース進捗アナウンスが出ていた。順調に遅れてますな。)

数ヶ月報告できなくてすまなかった。現在不足しているものとその進捗を明白にしようとしていた。で、その間にはunblockリクエストの山に埋もれてた。

ミッシングピース。現時点でLennyのパズルを組み立てる上で不足してるのはインストーラの最終バージョンだ。-bootチームが(クリティカルな問題が出なければ最終となる)2ndリリース候補配布に向けて準備を進めている。

ディープフリーズ。d-i RC2リリース後、ディープフリーズに入る。これは、パッケージメンテナにとって重大な結果となる。d-i RC2後のunblockリクエストは、RCバグの修正のみが許され、ほかは認められない。それ以前のリクエストについては順次ベストエフォートで処理してる。進捗を聞きたいときには新しいメールスレッドを起こさないように。

RCバグの数。ディープフリーズの段階で、Lennyに関係するRCバグがまだいくつかあるはず。リリースチームはリストに従ってリリースに向けた適切な解決を適用する(可能であればd-i最終版後2週間で)。つまり、リリースチームはLennyのために絶対に解決しなければならないバグの「短いリスト」を持っていて、それ以外の多数については「無視」「ダウングレード」「削除」といった手立てをとるということだ。ただし、これはRCバグ修正をやめるということじゃない。できる限りの努力はしよう。リリースチームはRCバグを修正するすべてのアップロードをレビューして、時間内にtestingにマージすることを保証する。適切な修正方法が存在するなら、短いリストにはなくてLennyのリリースに間に合わなかったバグは、ポイントリリースで直すこともできる。

アップグレード/インストールレポート、リリースノート。この分野では協力求む。たとえば、Lennyがほぼ最終の形になったらシステムをLennyにアップグレードし、upgrade-reportsパッケージへのバグ報告によって発生したあらゆるトラブルを伝える。新しいシステムにインストールするなら、DebianインストーラRC2(またはデイリービルド)をテストするのが最も歓迎される。通常、問題についてはinstallation-reportsパッケージにバグ報告されたい。完全なセキュリティサポートは(Lennyリリースまでにunstable経由で行われるカーネルアップデートを除き)セキュリティチームによってすでに提供されている。また、これらのバグ報告、特にupgrade-reportsに報告されたものを処理してくれる助力を求めている。協力の意思のある方はぜひ今すぐ始めてほしい! 何がアップグレードでまずいかを明らかにして適切なパッケージにバグを報告するか、問題についてまたは回避策をリリースノートに文書化する。

ファームウェアについての全体決議。リリースに向けての計画にあたって、潜在的にリリース作業を混乱させるかもしれない進行中の投票がある。リリースチームはプロジェクトの意思から乖離したことはないと信じる。このGRで我々が間違っていると言われるようであれば、我々は真摯に受け止め、正しく、GRの結果を無視することなく計画を進める。

(kmuto: ——ということで、Lennyリリースは年越しは確定か。d-iリリースマネージャのOtavioが戻ってくるのが1月頭なので、早くて1月末、まぁまぁ現実的には2月というところですかね。)

2008年12月23日

モンブラン

前哨戦におやつのモンブランを作ってみた。 参考レシピはクックパッドから。 マロンペーストは出来合いのもの、栗はやはり出来合いの渋皮煮。

作り方はほぼ参考レシピどおり。かなりミキサーをかけないと楊枝が立つほどの生地にはならなかった。生クリーム200ccと書いてはあるけど、今回のようにマロンペーストが十分にあれば150ccで足りた。固いマロンペーストを絞るのが不安だったものの、中に入れるクリームの残りの生クリームを混ぜ込んでいくと徐々に適度な固さになっていき、崩れない理想的なものになった。

とても甘くて美味。スイーツ(笑)。栗もおいしいね。けど、おなかいっぱいになって、夕食の食欲に現在差し支え中。困った…。

ドライトマトのパスタ、茹でさやえんどうと生野菜のサラダ

ドライトマトのソースは戻したドライトマト、ニンニク、アンチョビ、緑オリーブ、黒オリーブ、胡椒、オリーブオイルのミキシングで。さやえんどう、トマト、キュウリにマヨネーズをあえたサラダもおいしい。

焼き餃子

21日の補完。 豚肉、白菜、ニンニク、生姜、塩、胡椒、片栗粉とシンプルに。皮の出来も悪くなかったかな。 いっぱい作ったけど、意外とペロリ。

蒸し鳥の中華風サラダ

20日の補完。 鳥モモに塩をまぶして袋に入れて空気を抜き、熱湯を入れた鍋に放置して1時間。 汁少々に醤油、酒を入れて煮、切った鳥を軽くあえる。 茹でキャベツに鳥を乗せ、細く切ったネギ、おろしたしょうがをかけ、煙が出るまで熱した中華山椒とゴマ油に醤油少々を加えて、まわしかける。 いろいろな味がしておいしい。ちょっと塩ラーメン風味?

味噌野菜炒め、ザーサイと自家製豆腐、人参のぬか漬け

19日の補完。 素朴な野菜炒めは久しぶり。ピーマンをたくさん入れた。今回は豆腐を蒸籠で作ってみた。 にがりがやや多く入ったほうはわりといい具合に固まったけど、ちょっと苦い。 少ないほうは味はいいけどかなりゆるい。いずれもザーサイを入れるとおいしいね。 まじめに豆腐作りも検討するか…。余分な水抜きをする装置がないと苦みを抑えつつ適度な固さにするのは難しそうな。

サーモンのクリームパスタ、茹でブロッコリーのサラダ

18日の補完。 今度のブロッコリーは無人直売所のもので、はてどう違うだろうかと食べ比べ。個々の項目で言えばパートナー実家産には負けるけど、これはこれで野菜らしい滋味と歯応えがあっておいしい。パスタはコンソメをちょっと入れすぎてしょっぱめになっちゃったかな。

鶏肉と大根の煮物、きんぴらごぼう、自家製豆腐

16日の補完。 誤って青首大根を煮物にしてしまったけど、これはこれで蕪みたいでおいしい。 きんぴらもいい出来。豆腐は豆乳にニガリを混ぜて電子レンジで作ったもので、固まり具合は弱いけど悪くないかな。

ビーフシチュー、茹でブロッコリーのサラダ

14日の補完。 安かったブロック肉をたっぷり使ってシチュー。ブロッコリーはパートナー実家産で、軽く塩茹でしてマヨネーズをつけるだけなのに絶品。色合い香り歯応え甘み余韻すべて完璧だ…。

ハンバーグ

12日の補完。 チーズハンバーグを焼く。つけあわせに芽キャベツ、さやえんどう、レタス。

2008年12月12日

Subject: [Debconf-announce] DebConf 9 to take place in Extremadura, Spain in July 2009

madduckからdebconf-announce。

Extremaduraで開催されるDebconf 9の日程が決まったようだ。

  • Debconfの開催期間は7月23日〜7月30日 (ウゲー…)
  • 会場は UNESCO World Heritage City Caceres, Extremadura, Spain
  • Extremadura政府によって場所や宿泊設備は用意される予定。
  • 25日(土)は一般向けの講演が行われ、開発者やユーザも参加して質問に答える。
  • Call for papersや登録は1月を予定。
  • Debcampは16日から。

1月に参加可否をとりあえず決めないといけないのか。ぼさまのところには遊びに行けるかなぁ…。

ステーキタコス

前にそのままステーキだとちょっと臭みのあったサーロイン肉。メヒコ系料理屋でよくあるみたいに、スパイス(トルコスパイス風味。ナツメグ+パプリカ+オールスパイス+クミン+コリアンダー+胡椒+オイル)に漬けてオーブン焼きにしてみた。ほかの具は玉葱とピーマンとアボカド、緑唐辛子。出したタイミングはちょうどよく、ミディアムっぽい火の通り具合になった。これをちょっとハバネロソースを入れてトルティーヤ皮で巻いて食べる。これはいいね。肉の臭みもなく、贅沢な感じ。

ぶりの刺身、とろろ、寒〆めほうれん草

10日の補完。ぶりは安くはあったんだけど、ちょっと生臭かった。やはり山かけにはまぐろのほうがいいか。ほうれん草はさっとゆがいただけなんだけど、甘みがあっておいしかった。

いわしの一夜干し、大根おろし、カボチャのオーブン焼き、豚汁

9日の補完。いわしの干物は久しぶり。たいへんおいしい。豚汁やカボチャもうまい。

豚ロース肉のコンフィ、ブロッコリーとじゃがいものオーブン焼き

8日の補完。鳥皮と豚肉を買えたので、前回よくできたコンフィを同じように作ってみた。鳥皮が3パックの代わりに2パックしかなかったので若干脂に漬かり切れなかった部分ができてしまい、そこはちょっと固めになっちゃったかな。豚肉を取り出したあとはブロッコリーとじゃがいもを強めの温度で。ただ時間がかかりすぎて、豚肉がすっかり冷めてしまった。サーブのタイミングを考えると、後の脂を再利用というのはあまり考えないほうがいいのかも。

鶏団子鍋

7日の補完。鶏団子鍋食べよう〜♪ということで、鳥挽肉にネギと山芋パウダーと塩を入れて団子に。ほかは昆布、人参、白菜、ネギ、水菜、豆腐、えのき、椎茸、ゆず。ちょっと肉分が寂しそうだったので豚肉も加えた。「しめにはうどんを入れて」なのに、うどんを切らしちゃっててちょっとショック。まぁうまかったけど。

プラムのタルトケーキ

7日の補完。おやつとして、ずっとストックされていたプルーンを使ってケーキを作ってみた。プルーンを紅茶に漬けて柔らかくする。ホイルとクッキングペーパーで包んでバターを塗ったタルト型に、プルーンを並べる。卵とグラニュー糖を立て、小麦粉を加えて注ぎ入れ、オーブンで焼く。ちょっとプルーンが多すぎたか…。わりと作るのは簡単だし、素質はありそうなので、次回はもっとフルーツ少なめで。

ステーキ、コーン、ほうれん草のソテー

6日の補完。ハナマサの安売りサーロイン。1枚250gくらいある。安くはあったけど、ちょっと臭うかなぁ…スパイス漬けにしたほうがいいかも。

麻婆豆腐

5日の補完。辛さを控え目にしたはいいのだが、ちょっと塩気を強くさせすぎたかな。普通の豆腐が高いのしか売ってなかったので、焼き豆腐を使ってみた。水気が適度に抜けていて、これはこれでうまいかも。

ぶり大根、青菜と豚肉の炒め物、きゅうりのぬか漬け

4日の補完。ぶりアラを買ってきて下茹でし、昆布、大根、ネギ、生姜、醤油、味醂、酒、塩で圧力鍋で煮る。青菜の炒め物は適当に作ったのにうまいな。ぬか漬けは妙にシャキシャキして変な味になってた。ぬか床がおかしくなってるらしい。

おでん風うどん

3日の補完。昆布とかつお節と鶏肉でダシを取り、人参、ちくわ、はんぺん、ネギ、白菜、えのき。冷凍さぬきうどんをお湯でほぐして合わせるだけ。これがけっこううまい。

骨付き鶏モモのバルサミコ酢ソース、グァバラックスサラダ

1週間以上あいてしまった。1日の補完。サーモンは少し前にディルとウォッカと塩胡椒で漬け込んでおいたもの。骨付き鳥モモは切れ目を入れて塩胡椒して粉を振ってバターで炒め、ワインとビネガーとバルサミコ酢でソースを作った。ちょっと鳥の火入れが甘かった気もするけど、まぁうまい。サーモンもいい感じ。