2009年11月26日

『The R Tips 第2版』



/

データ解析ソフトウェア「GNU R」の解説書。Rは数値統計解析用のフリーな言語環境で、マルチプラットフォームで動作し、大きなデータ集合の高度な演算のほか、グラフィカルライブラリと連携してグラフ描画などもできる。機能拡張のための「パッケージ」も各種開発されており、CRANライブラリからダウンロードできる。

もともとは2005年に九天社から発行されていたものだけれども、この出版社が倒産してしまったため、原稿を引き上げて加筆修正し、改訂という形でオーム社から新たに発行された。 私は編集・組版として制作をお手伝いさせていただいている。 旧版からそれほど大規模な変化があるわけではないが、読みやすさはだいぶ上がっているのではないかと思う。裏側では、今回数式にTeX2imgを使ってみたり、Windowsメタフォーマットの図版の加工にいくつかスクリプトを用意したりといったチャレンジもしてみた。

著者はWindows、私はDebian GNU/Linux((r-baseメタパッケージでひととおり配備される)という環境で検証作業を進めたが、本書掲載の例を実行するだけでも、Rの強力さと構文の簡潔さには驚くものがある。たとえばこんな感じ。

# グラフの出力例
> curve(sin(x^2) * exp(-x^2), -pi, pi)}
> curve(sin(x^2) * exp(-x^2), -pi, pi, n=20)

CRANからの追加機能のインストールも簡単だが、Debianの場合はdebパッケージとしても揃っていて今もunstableではどんどん追加されており、実にお手軽。 東京エリアDebian勉強会でもR(など)入門のセッションが開かれるなど、今なにやら統計解析が熱い雰囲気である。

焼き餃子、きゅうりのぬか漬け、豚汁

「ノーザンギョーデー」という言葉が「ノーギョーザデー」に見えてしまう病気にかかってしまったので、あえて餃子で対抗する。30枚の皮を作って、豚挽肉、ニラ、白菜、椎茸、塩、胡椒、片栗粉を餡に。安定した良い味。皮延ばしもだいぶ慣れてきたかな。

2009年11月25日

牡蠣フライ、里芋入り豚汁

今期初牡蠣フライかな。おおぶりで美味。タルタルソースはマヨネーズ、胡椒、ピクルス、オリーブオイル、ゆで卵で。野菜取得のために具沢山の味噌汁も作った。こちらもおいしい。

ビーフストロガノフ

23日の補完。買い物に行ってきたのでいろいろできるぞ。安めのステーキ用牛モモ肉、玉葱、トマト、ヨーグルトと生クリームでビーフストロガノフに。ピラフはジャポニカ米と玉葱と椎茸で。

冬瓜と白菜の鍋、きゅうりのぬか漬け

22日の補完。食材があまりないのと21〜23日の期間は収納整理に勤しんでいたので、22日の食事は冷蔵庫にあるものでなんとかしのぐことに。手羽元、昆布、冬瓜、人参、白菜、ネギという組み合わせはおいしかったけど若干満足度に欠けるか…。

パエーリャ風炊き込みごはん

21日の補完。妙に圧力鍋づいてる気もするけど、圧力鍋でパエーリャ風のものを作ってみた。 コンソメとサフランをボウルに入れてお湯500ccを注いでおく。 ニンニク、玉葱のみじん切り、手羽元、マッシュルームを炒めて圧力鍋に投入。ベイリーブスとインディカ米2合を入れて軽く炒め、 コンソメサフランスープと白ワイン、塩、胡椒を加えて圧を4分ほどかけ、火を止めて10分放置。圧を抜いてミニトマトと黒オリーブを切り入れて混ぜ、ふきんか紙をかけて7分ほど蒸らして出来上がり。パエーリャ鍋で作ったときにはいまいち味気のなかったスペインの米だったけど、こちらのやり方で作るとなかなかいい味が出る。

さんまの塩焼き、えのきと白菜の味噌汁、パンチェッタ入りポテトサラダ、花豆のシロップ煮、きゅうりのぬか漬け

19日の補完。品数が多いやたら豪華に見える食卓に。さんまは新しい魚焼きグリルで焼いたもの。両面焼きなので引っくり返す手間がなくなった。焼き目は前のほうがよくできた気もするけど、同一の素材で比較しないとなんとも言えないかな。味はまぁ悪くない感じ。いつものビネガーとオイルベースのポテトサラダにさらにミニトマトとカリカリにしたパンチェッタを入れてみた。これはいいね。

ラザーニャ

18日の補完。冷蔵庫の整理がてら、形良く作ることを目標に。久々の制作で、おいしくできた。

大根と豚バラ肉のポトフ・ネギ味噌添え、花豆のシロップ漬け

17日の補完。ポトフは、鍋に豚肉と大根と水を入れて煮立たせ、アクを取ったら結び昆布と薄切りのショウガ、酒、味醂、塩を投入。12分ほど圧をかけ、そのまま自然に圧が抜けたら完成。添え物は赤味噌とネギみじん切りを混ぜてみた。こってりした豚肉、味の染みた大根、少しシャキシャキする味噌の組み合わせが美味。ゆずと白味噌でもおいしいらしい。
15日から八重樫家からの挑戦状として頂いた花豆に着手していた。1日かけて水でふやかせ、16日に一度茹でこぼしてアクを除いてから圧を8分ほど。砂糖と塩少々を加えて少し煮詰め、容器で1日経って完成。甘納豆みたいでおいしい。もう少し皮部分も柔らかくしてよいのかもしれないけど、これ以上圧をかけると破ける気もする。

鯛とブロッコリーの緑トマトソースペンネ

16日の補完。緑トマトとブロッコリーの茎部分をペーストで…と思って作ったのだけど、ブロッコリーの茎の固さを舐めていた。ぼそぼそしてとても食べにくく、筋っぽくておいしくないものに…完全に失敗。うむぅ。

栗のロールケーキ

15日の補完。デザートに昼に作成したロールケーキ。新兵器のビーターでがっつり角を立てたので、しっかりした膨らみ具合。中には生クリームとブランデー漬けにした渋皮煮。若干伊達巻か蒸しパンのような味の気がしなくもないけど、なかなかおいしくできた。食べ切れない(食べ切ることはできるけどカロリー的にヤバイ)分は翌日会社の女性陣に。瞬殺。

豚と椎茸の炒めもの、レタスのサラダ

15日の補完。手軽に豚肉と椎茸を醤油・味醂・酒・塩・胡椒で味つけ。シンプルだけどおいしいね。

2009年11月14日

豚ロースステーキの緑トマトソース、ほうれん草のソテー、玄米とレタスと卵と若筍のサラダ、バンドカンパーニュ

おすそわけやもらい物をいろいろと使わさせていただいた。 BBQ用にパートナー友人に買ってきてもらったものの使い切れなかった豚ロースは切れ目を入れて塩胡椒し、ニンニクとオリーブオイルで焼き、赤ワイン少々。 八重樫家おすそわけの緑トマトは、オリーブオイルと松の実と一緒にミキサーにかけ、塩胡椒して、鍋で少し煮詰めてソースに。酸味と少し苦みがある不思議な味。 おすそわけのほうれん草は茹でてから肉汁で軽く炒めてソテー風。 サラダは前日残りの玄米、レタス、茹で卵、おすそわけの筍水煮を胡椒とマヨネーズで和えた。 カンパーニュはアンデルセンのもの。

各料理のハーモニーがとても良い感じ。特にソースは独特のクセが肉やカンパーニュとマッチしておいしい(普通のフランスパンや白パンよりも合うと思う)。ほうれん草も甘くて美味。サラダは前に創作料理系のお店で食べたのを思い出しながら適当に作ってみたけど、これもなかなか良い出来ばえ(筍もとてもおいしい!)。皆様に感謝。

ぶりの刺身、とろろ、きゅうりのぬか漬け、厚揚げとネギの味噌汁

12日の補完。ぶりがヘルシーかどうかは微妙だけど、久々のやまかけ、おいしい。

ぜんざい

12日朝。11日の夜に、八重樫家おすそわけの小豆を茹でてみた。150gの豆を一度沸騰させてからお湯を捨て、600ccの水で圧力7分。急冷してから蓋を開け、砂糖1カップ、塩少々を入れて軽く煮つめて火を止め、3時間ほど放って染みさせる…ということだったのだが、少々この豆は固いようで、7分でも甘納豆みたいな歯応えがある。結局さらに水を加えて1時間ほど煮て、噛み切りやすい程度には柔らかくできた。次回は10分くらいかけたほうがいいかもしれない。

さて、翌日朝にさっそくお餅を焼いて食べる。ツブツブしていて美味であります。好きな人にはココナツミルクとか餡蜜とかにするのもよさそう。

牛肉の焼肉風、カボチャとナスとピーマンのオーブン焼き

11日の補完。7日にBBQをやったのだけど、そのときに作成した焼肉のタレの残りに牛肉を漬け込み、フライパンで焼く。油敷かないほうがよかったかも…。野菜のオーブン焼きはオリーブオイルかけて紙被せてオーブンに入れただけだけど、なかなかおいしい。

めんたいパスタ、パンチェッタとレタスのサラダ、豆腐とワカメの味噌汁

10日の補完。明太子入れすぎ、自家製パンチェッタは塩抜きが必要、ということでどちらもやたらと塩気の強い食事に…すまぬ。味噌汁でほっとする。

ニラレバ炒め、豆腐とワカメの味噌汁

9日の補完。鉄分補給にレバー。新鮮なレバーの調達が難しくなってしまったので、やや鮮度の落ちるレバーに味噌を軽く付けて焼くようにしてる。臭みが消えておいしい。

鶏肉の和風カレー、なめことネギと岩海苔の味噌汁

8日の補完。八重樫家からおすそわけを頂いたので、そのうち急ぎで消費すべきナメコを味噌汁に。大きいものは若干固くなってしまっていたけど、特に小さいものは味が濃くておいしい。 カレーはコスモのルーで、久々に食べるとごはんが進む。

2009年11月13日

フィトチーネのペペロンチーノ、ミートボール

11月6日の補完。ミートボールソースはIKEAのパウダーに生クリーム。ちょっとしょっぱいけど、パスタを薄味にしたので付けながら食べるとまぁ悪くない。

ロモサルタード

11月5日の補完。ありもので適当に作るか、ということで牛肉、じゃがいも、トマト、玉葱で。不幸な出来事により、唐辛子が大量に入ってしまった…まぁおいしかったけど。

いわしの干物、大根おろし、キュウリとレタスのサラダ、豆腐とワカメの味噌汁

11月4日の補完。何か焼き魚に良いものはないかな…と探したけれどあまりピンとくるものがなかったので、いわしの一夜干しをチョイス。脂乗っていておいしかった。

卵炒飯、鶏肉とナスとピーンマンの黒酢炒め

11月2日の補完。炒飯も炒め物もいい出来かな。スープは前日昼の残りの鍋。

ジェノヴェーゼ

11月1日の補完。バジルもあまり安いのがなくなってきたなぁ。来年はちゃんと育ってくれるだろうか。

ミラノ風カツレツ、ミニトマトとレタスのサラダ

10月30日の補完。とんかつ肉を薄く延ばしてカツレツに。おいしくできた。

ポトフ、鳥皮サラダ

10月29日の補完。鳥皮はチー油抽出後のわりと脂の抜けたもの…とはいってもそれなりにくどいか。ポトフはセロリ、人参、じゃがいも、玉葱、ピーマン、牛肉。

鰤大根、牛肉と白菜と白滝のすき焼き風

まただいぶ間が空いてしまった。 10月27日の補完。煮物二種で同じ味というのはちょっと失敗…。単品の味はわりとよかったんだけど。