2010年08月31日

Rubykaigi 2010に参加してきた

たくさん考え、たくさん笑い、最後はちょっとしんみりしながら(あの場面で見送るスタッフたちは反則)、初参加のRubykaigi 2010が終了。

各講演の映像はRubykaigiスタッフのご尽力で素早く公開済みで、優れた報告・記事・日記も多数出稿されているようなので、中身についてはそちらをご参照。

感謝。公私両面でRuby関係者には、翻訳・執筆・監修・レビューア・そしてもちろんプログラミング言語やライブラリ、とお世話になっているので、上司にかけあって株式会社トップスタジオがゴールドスポンサーのうちの1社に。苦労しながら持ってきたパンフは内容が来場者とミスマッチなのでほとんど掃けなかったけど、それでもお持ちになられた方々には深く御礼。

『My Job Went to India』『情熱プログラマー』著者のChad Fowlerさんと『情熱プログラマー』合同サイン会。直前にちょっとしか話せなくて残念(akrさんの「Unix修正主義」講演がおもしろくて見ていたらギリギリになってしまった)。『情熱プログラマー』サイン会は多数の方々にお越しいただいて感激。またこういう良い本を作りたいなと強く思う。

Conflicts & Resolutions。

内省。素晴しいスピーカーはたくさんいらっしゃったけれども、印象深いのはやはり角谷さん。出力トラブルで一向に始められなくてアワアワしている間も皆が笑顔で見守っている、というのは角谷さんキャラならでは。講演内容は映像をご覧いただくとして、ビート感にあふれるトークと座禅を組んでいるかのような張り詰めた静寂という動静のコントラストが、聴衆に情熱と哲学、鼓舞と熟考を与える。角谷さんとビジョンを共有しているという感覚(角谷さんが悪徳霊媒師とかじゃなくて本当に良かった!)。あまり書くと卜部さんの言われるとおりになってしまうのでこのくらいで。

出会い。Matzさんや修吾さん、かずひこさん、今井さんといった旧交のある方々だけでなく、nari3さん、hsbtさん、たださん、レオさん、松田さん、高井さん、もろさん、Rockyさん、……ごめん、名前を挙げきれないたくさんの人々とお会いして短いながらもお話。誰もが素敵な個性と情熱を持ち、最近ちょっとテンション低めだった私に大きな大きな元気玉。

分解と再構築。今回のRubykaigiに参加してみて、1998年〜2000年頃のLinuxコミュニティで見られたパッション、若手とベテランのほど良い混合、という既視感を今のRubyのコミュニティに感じる。残念ながら、そういったLinuxコミュニティのほとんどは世代の新陳代謝の失敗や、目的の不明瞭化、つまらない内紛といった形でもう残っていない。

Rubyコミュニティがそういう残念な結末を迎えなければよいが、と秘かに憂いていたら、クロージングにおいて高橋さんから、現状の体制のRubykaigiを来年で一旦終えてみる——皆が何をできるかを考えてみる機会を作る、という宣言。継続して喝采を受けてきたことを終わりにするというのは(仮に煽りだとしてもそれが公式発表であるという面で)非常な勇気のいる決断だったと思う。Linux World/ExpoやLinux Conferenceとは背景やしがらみも異なるので同一視はできないだろうが、継続せんがための継続に縛られて誰かが燃え尽きていったり、誰のためであるかがわからなくなったりするのは、「楽しむ」ことがテーゼのLinuxあるいはRubyの世界において本質を見失うこと。

とはいえ、今のRubyコミュニティにはさほど悲観することはないだろう。Rubyは楽しい気分でドライブできるプログラミング言語であり、(柴田さんの述べたように)開発とユーザの世界的なコミュニティのつながりを支援するツールとしてGitHubが存在し、開発者の多数が日本語を解するから「英語が苦手で…」などとつまらないエクスキューズをする必要もない。新たな形での日本RubyKaigi Next Generationをやろうという人もきっと出てくる(それは自分かもしれないし、あなたかもしれない)。

一番のへたくそ。正直に言えば、Rubyの深層を味わい批評する方々の会話を拝見するにつけ新米Rubyユーザとしてはアウェイ感を覚えないことはないんだけれども、それはきっと今が「一番のへたくそでいろ」(『情熱プログラマー』)ということなんだろう。グループで自分が一番のへたくそだ、という感覚は、成長の糧。一番のへたくそからメンターへの成長を目指し、また別の分野でへたくそとして活動。Rubyには「一番のへたくそ」を温かく歓迎する雰囲気があると信じている。

気付き。国内外の方々を迎えるための趣向。ホワイトボード、付箋、フリードリンク、IRC経由の通訳。モニタ上に次々と打ち出されるIRCとTwitterのストリームタイムラインは、井上さんの所属する会社New Bambooが作ったPusherによるもの、すごい。非日本語圏の人々は日本語で主な開発話が進んでいくことにとまどいを感じ、私たちはほかのFLOSSプロダクトでは逆の立場。興味深い。レオさんの「新しい言語を1つ覚えれば視野が倍に広がる。なぜそれを覚えたいかや文化に興味を持たない限りは、習得に苦労する」(自然言語についての発言だけれども、人工言語にも適用可能)。

ヒット。宿は前泊後泊込みで会場隣のオークラエポカル。ネットワークがwiredなのはちょっと不便だったけど、静かでセミダブルのベッドは寝やすかったし、それほど値段高くなかったし、何よりちょっと荷物を置きにいったり身づくろいをしたりが簡単なのが最高だった。食事等については初日の夜に探すのに途方に暮れて「つくばってマジ怖い!」と思っていたものの、実は隣のDAYSTOWNで22:00までは開いていたらしいのでちゃんとiPhoneで探せばよいだけだった(ただ、SBの電波は会場に限らず周辺地域でかなり入りにくかった)。日曜日の夜はちょうどつくば夏祭りが開催されていたので、屋台も堪能(都心ではあまり見かけないヤンキーさんやテキヤさんもいっぱい…)。

決意。来年のRubykaigiもスポンサー(は景気次第だけど(笑))および行動的参加者となろう。高橋さんと一緒にReVIEWの開発とドキュメント化もがんばる。『Rubyレシピブック第3版』の編集組版もがんばった(著者はもっとがんばったけど)のでぜひ見てね。Happy Hacking.

2010年08月13日

梅干し

道具を揃えて、今年は初めて「梅干し」に挑戦した。近所で売っている梅干しはすっかり減塩モノばかりになってしまって、甘かったり塩気が全然なかったりとかねがね不満が募っていた。ここは男らしくどーんとしょっぱいものを作りたいところだなーと思っていたところに、6月に入ってちょうど梅が出始め、必要な道具も見つけてしまった。これはやるしかあるまいという啓示であろう。

  1. 6/13。漬物1kg用のホーロー鍋が売っていた。大変なのは重し探しらしい(近くで石拾ってくる、とか…)のだが、幸いプラスチックコーティングした2kg重しがピッタリ合うように用意されており、こちらも購入。せっかくiPhone持っていたのに作り方も調べずにさらに材料を買ってしまう。完全に青い梅1kgと、シソ1袋を購入(作り方をご存じの方ならここでツッコミを入れること間違いなし)。ホワイトリカーも本当は必要らしいのだけど、梅酒作るわけじゃないからこんなにいらないんだけど。ということで、台所用消毒アルコールで代用を目論む。
  2. 同日。帰宅してからレシピを探すが、青梅からじゃなくて、黄色く熟してから漬けるのだそうだ。それだったらそういうのも売ってたぞ…。シソもすぐ使うわけじゃなくて、しばらく漬けた後らしい。うーむ。とりあえず梅はプラスチックザル内で風通しさせておき、シソは冷蔵庫保管。
  3. 6/17。なんとか半分くらい黄色くなってきたし、毎日梅の匂いが強いので、強行することに。朝10:00に浸水。18:00に洗い、つまようじでヘタを取ってプラザルに上げて水気取り(ヘタとり→浸水というレシピもある)。痛んでいるものはなかった。赤穂塩220g(塩分22%!)を電子レンジにかけて殺菌と乾燥を行う。本当は炒ったりするようだが面倒なので今回は電子レンジに代行してもらった。台所用アルコールでホーロー鍋全体を拭き消毒とする。塩を敷き梅を並べ、塩、梅、塩、梅、塩と層にする。表面にアルコールを吹き掛ける。重石全体をよくアルコールで拭き、乗せる。最後に鍋蓋もアルコールで拭き、かぶせる。冷暗所に保管。毎日1回くらい揺らしてやる。
  4. 6/23。本当は2〜3日で梅から水(梅酢)がどんどん出てくるらしいのだが、この日になっても重しの半分くらいまでかなぁという程度。いい香りで、カビや変な臭いはなし。しかし、冷蔵庫のシソをいい加減なんとかしないといけない(明らかに買うのが早すぎた)。まぁこのくらいでも大丈夫だろうということで、シソステージに入ることにした。シソの葉を茎から取ってよく洗ってゴミを落とす。塩もみして10分ほど放置。以降は水は使わず(カビるヨ)、押して両手で揉み、アク汁を絞り捨て、塩を振り、押して両手で揉み……を3回ほど繰り返してしっかりした固まりに。たっぷりあったシソがひとつかみ程度になっちゃう。
  5. 同日。上がってきた梅酢のほうは非金属のレンゲ(アルコール消毒しておく)などでひととおり取れる部分を掬い、消毒したガラス瓶などの容器に保存する。消毒した非金属のボウルに梅酢の一部を入れ、塩揉みの済んだシソをほぐす。葉と汁を梅の表面をおおうように並べ、重しを(消毒して)乗せる。カビに注意しながら冷暗所で保管。
  6. 7/24。減塩と無縁なこともあって、カビの出ることもなくいい感じになってきている。梅干しを干すのにいいのは梅雨明けの7月らしく、「土用干し」という言葉もあるようだ。土用には1週間ほど早いけど、この日はよく晴れて風もほどほどあり、フライングぎみに干すことにした。梅を全部並べられるような竹ザルはないので、お中元でいただいた缶ジュース(ありがとうございます!)のダンボール箱にクッキングペーパーをジャバラにして入れ、梅と紫蘇を並べる。11時頃から始めて17時頃に回収。写真は回収直後。
  7. 同日、完成。求めていたしょっぱくてすっぱい梅干し。変な甘味料もなく、純粋な梅の味と塩の味がする(シソは色付け程度の効果で、味は隠し味程度に目立たなくなっていた)。半熟な梅のほうはちょっと杏っぽい。ゆかり(干しシソ)はあまりあってもしょうがないし、私自身はシソそのものは苦手なので、半分くらい捨ててしまった。もったいなかったかな。もっと何日もかけて梅を干すと固くなっていくらしい。完熟梅だとそのほうがいいのかも。また、干した梅をまた漬け汁に戻して涼しいところで保存するとしっとりするとか。

ということで、工程を全然考えていなくて大変だったり、本来の手順からだいぶサボった邪道な作り方のような気もするけど、初めてにしては納得できる(来年もまたチャレンジしようという気になる)梅干しができた。来年は完熟梅で試してみたい。ちゃんと季節のうつり変わりに合わせて梅、シソと順に買っていけばいいんだよな。

ミートソースパスタ

12日の補完。こってりすぎないミートソーススパゲッティが食べたくなったので。玉葱、ナス、マッシュルーム、合挽肉、トマト缶にて。横着せずにバジル取ってくればもっとよかったかも。

サーモンとルッコラのサラダ、きゅうりのぬか漬け、豆腐とワカメの味噌汁

11日の補完。サーモンの刺身に収穫したワイルドルッコラとバジルを添えて。オリーブオイルとわさびマヨネーズで食べる。ルッコラはいい具合だな。

北京風羊餃子、きゅうりのぬか漬け

10日の補完。ウーウェン餃子本の北京風餃子と大連で食べたセロリ餃子をヒントに。羊肉を刻んでニンニク、セロリ、コリアンダー、チリパウダー、塩、胡椒、ラードと混ぜて餡にした。皮はいくぶん厚めに伸ばして、棒餃子風に長めに包む。羊の味はちゃんと出ていて、なかなか良い。ちなみに皮で十分主食になりすぎて、ご飯はあまり進まない。残った餡に卵を混ぜて卵焼き風にしたものはご飯もいける。

冷やし中華

9日の補完。出来合いのセットにチャーシュー、卵、トマト、キュウリ。チャーシューは麺系に合わせると甘じょっぱさが目立ってイマイチだったんだけど、後日冷たくしたのを単体で食べたら存外にうまかった。こういう食べ方がいいのか。

鶏団子とニラのスープ

8日の補完。パートナーがあまりガッツリ系はちょっと…だそうなので、鶏肉を刻んで団子風にし、椎茸、ニラ、白菜と一緒にスープに。味付けがちょっと難しかったけど、まぁまぁかな。若干鳥臭さが出てしまった。

きんぴらごぼう

7日の補完。鶏肉、人参、ゴボウでオーソドックスに。食べやすくておいしい。

鱸のソテーパスタ

5日の補完。魚パスタを作りたいということで、わりと安めだった鱸切り身を買ってきた。ソテー自体はまぁまぁ良くできたと思うのだけど、骨が多いな…。

豚ロースのコンフィ、ポテトサラダ

4日の補完。豚ロースかたまりをチー油でじっくりと。良い具合にできた。コンフィ用の油をもっと手軽に思い立ったときに調達する方法はないものか。

ハヤシライス

3日の補完。市販のルウで牛肉、玉葱、じゃがいも、人参、マッシュルーム。ちょっと甘いけど、これがハヤシライスというものだろう。

かつおの土佐造りサラダ、絞り豆腐

8月2日の補完。かつおとレタスはワサビマヨネーズで。豆腐は市販の木綿豆腐を水切りシートで包んで1日置いたものだけど、豆腐自体の味がスカスカぎみなのであまり味は濃くならず。最初からある程度の濃い豆腐でやらないとだめっぽい。日帰り温泉で食べた絞り豆腐はうまかったなー。

ひつまぶし、きゅうりのぬか漬け

7月29日の補完。鰻のほかは、シソ、岩のり、白ゴマ、ネギ、わさび。数パック程度のほうじ茶とかないかな。

豚肉のタジン風煮物

7月28日の補完。カレー用豚肉を使って、玉葱、じゃがいも、人参、ピーマンと一緒にタジン風に調理。炒めてクミンやらコリアンダーやらターメリックやらと一緒に圧力鍋で煮るだけだけど。クスクスよりもごはんのほうが食べ飽きないね。

ピピンバ

7月27日の補完。牛肉、キムチ、ネギを炒め、小松菜、卵、ぜんまいを添えて。

鶏肉とナスのバルサミコ酢パスタ、トマトとキュウリのサラダ

7月26日の補完。定番ながらうまい。

ゴーヤと豚肉の黒酢炒め、梅干し

7月24日の補完。豚バラを切ってゴーヤ、椎茸と一緒に炒め、黒酢、醤油、オイスターソース、紹興酒で味付け。ゴーヤの苦さが効いておいしい。梅干しは初めての自家製。しょっぱくてすっぱい、減塩ブームの中ではなかなか味わえないおいしさ。

ロースステーキ

7月23日の補完。安いロースステーキをフレンチ風に。いい感じの出来ばえ。

水餃子

7月22日の補完。厚めに作った皮で小籠包っぽい雰囲気になった。熱いゴマ油をかけて少しこってりと。シソの葉も合う。

ハンバーグ

7月21日の補完。塩茹でしたアスパラもおいしい。

冷やしゃぶ

7月18日の補完。豚肉、椎茸、トマト、レタス、キュウリ、豆腐で。

鯵の干物、ほうれん草の炒めもの、おろしうどん

7月17日の補完。ご飯が微妙に不足ぎみだったので、干物用の大根おろしついでにうどんにも。新しい魚用鉢も、ちょっと小さいけど良い感じ。

チキンとブロッコリーのロースト、ルッコラトマトサラダ

7月16日の補完。ローストチキンはあっさりめに。自家製ルッコラが辛い!

サーモンとしめじのクリームパスタ

7月15日の補完。ありもので済ませる。牛乳がぎりぎりだった。