2011年02月01日

台南〜台北旅行 (3)

(2)からの続き。 1/23晴れ。なぜ出発日になってようやく……。朝ごはんはいつものようにホテルで。昨日ほどは虱目魚粥はおいしくなかった。しかしなんだかんだとやっぱり食べすぎる。


チェックアウトまで少し間があるので、新幹線のチケットをファミリーマートに買いに行く。本当は前日にセブンイレブンで買うつもりだったのだけど、指定席しか買えず、何時に台南駅を出て高鉄台南に到着すればよいのかわからなかったので、断念していた。ネットで下調べを終えていたので時間は確定。ファミリーマートの機械でポチポチと入力し、印刷された紙をレジに渡してお金を払う(カードにしたかったのだけど現金だけだった)。これで、そのまま使える乗車券が発行される、という仕組み。
ホテルをチェックアウト。毎食の朝食時に料金の書かれた紙にサインさせられていたので「朝食ビッフェ」という当初の予約に関係なく請求されるか?とビクビクしていたのだが、問題なく追加料金は何もなしで。本当にこの料金なのが不思議なホテルだなぁ……。 街や田園に霧がかかって何やら幻想的。さらば台南。


高鉄台南駅。やっぱり日本の新幹線の駅の雰囲気だ……。 途中まではいい天気だったものの、山を越えてから雲行きが怪しくなり、桃園あたりでは雨がパラパラ窓に付くようになってきた。

台北着。雨は降ったり止んだり。MRTで大安のホテル「台北美侖」に向かってチェックイン。部屋に入る時間にはまだ早いということで荷物を預けて買い物に出かける。おみやげ屋の波克はお休みなのか移転したのか見当たらなかった。お茶のお店に入ってみるも、小分けは真空パックの見た目いまいちなものしかできないみたいなのでヤメ。風情はそれほどないかもしれないけど、忠孝復興のSOGOでお茶などをひととおり揃えた(昼食も取りたかったのだけど、ここのフードコートは今いちで止め)。


ホテルに再度向かい、チェックイン。鍵をもらっておらず、部屋番号をメモってなかったのでちょっと手間取った。本来はちょっと高い料金なはずの台北101ビューの部屋が割り当てられていた。とはいっても101は1回見てるし、そんなに素晴しい絶景、というわけでもないんだよねぇ。遅めの軽い昼食復として興南路を下って、お粥街へ。清粥小菜の有名なお店もあるのだけど、お粥はちょっと不足ぎみな気がしたし、台湾にきてまだ食べていなかった魯肉飯を途中の店。普通めかな。
ホテルに戻る。おみやげをパッキングしたらえらいことになった。ホテルのジムはランニングマシン、バイク、マッサージチェアくらいしかない。ビジネスセンターでEVA AIRのチェックインをして印刷。本当は有料なんだけど、2枚だけだったのでタダにしてくれた。


夕食に出発。若者の繁華街である西門を経由して、祖師廟近くのかねてから行きたかった排骨大王へ。台湾フォーチャー本にも掲載されているしんちゃんも健在。排骨湯、テンプラ、そぼろ飯を頼む。サービスで漬物も付いてきた。排骨のかぶりつきに苦労していると、しんちゃんがでかい包丁で砕いてくれる。味の染みたスープや大根がうまい。そぼろ飯は味が薄目だけど、漬物と一緒に食べるとぴったりいい感じ。テンプラ(日本で言うさつまあげ)も、ごぼうが入っており、出来たての味がたまらない。飾らず安くてうまい屋台ご飯の真髄。


せっかくなので祖師廟にも行ってみる。荘厳な廟のすぐ隣がワイワイとした食事処なのがまた面白い。西門に戻ると工芸品の市が立っていた。ちょっと歩き過ぎて疲れぎみ。雨も降ってきた。


1/24曇〜雨。結局天気には恵まれず。晴れ男パワーでなんとか全雨予報を曇ときどき小雨程度にできたというところか。 ホテルの朝食はシャングリラほどではないにせよ、けっこうイケる。日本人(ビジネスもいれば観光も)もかなり見かけたように、和食ものも充実していた。久々に普通の白米と焼き魚とか。


フライトまでは時間があるので、チェックアウトして荷物を預かってもらい、街歩き。桃園空港だとこういう時間をほとんど取れないので、すぐそばの松山空港から行けるのはつくづくありがたい。赤いのは塗装されたカブなんだけど、春節祝い用なのかね。大安公園を抜け(MRTの建設を実施中)、ショッピングや食事のゾーンとされる永康街にテクテクときてみた。ゴハンを探すもいまいちピンときたものはなく。日本人ツアーのひとたちがいっぱいいた。それから、永康街の公園にトレーニング機械が置かれててたまげた。これは朝に太極拳をするお爺ちゃんがついでにやっていく系なんですかね。


永康街でご飯を探すのはあきらめて、仁愛路方向に向かいながら考えることに。市場があったのだけどちゃんとご飯を食べるには向かない場所だった。市場を出たところにあって人気がある風な火鍋店に入る(「市場で買ったものを具材として持ち込まないように」と書いてあった)。牛肉鍋を注文。これは疲れて冷えた体にちょうど良かった。各テーブルに鍋台がある。普通に頼めば自動的に野菜類は付いてくる。キャベツ、カボチャ、カニカマ、トマト、といろいろ変わりダネが多いが、これがけっこう美味しい。肉は鮮度の良いしゃぶしゃぶ肉で、これをすき焼き風に卵につけるもよし、タレを使うもよし。タレは各自で好きなように調味でき、大根おろし+中国醤油+黒酢の組み合わせがおいしかった(前にいたお姉さんの調味を真似した)。丸い団子があってつみれかと思いきや、甘い黒ゴマ餡団子。びっくりしたけど、意外やこれもうまい。


大安付近の仁愛路は真ん中が緑道になっており、大きな木々に包まれた素敵な通路になっている。パートナーは大興奮。撮影した写真の後半部はこの緑道多数である。

小腹が空いたとき用にと芋頭麺包(アンパン)を売っているBread Talkを探したんだけど、検索や店のページに出てきた住所には見当たらず。これ以上ぐるぐる探す気合いも時間もなかったので断念(しかしこの前日にファミリーマートで買ったごく普通の袋詰めアンパンを帰国後に食べたところ、日本のコンビニのそれよりはるかに美味。Bread Talkのだったら一体どんな味だったのだろうか……ゴクリ)。

ホテルで荷物をピックアップし、MRTに乗ってそのまま松山機場へ。大安からなので1本とはいえ、本当に近いなぁ。パンパンに詰めたキャリー鞄は18.4kgまで育っていたようだ。 小さな空港なので見るものもあまりないけど、気になっていた蔭油(発酵豆醤油)を1本買ってみた。街だと半額以下だけど預けカバンに詰めるのも怖いしね…。時間を待ちながら最後のパケット使用として羽田空港からの帰路などを調査。うーむ、どれも微妙だ。

予定時刻よりけっこう遅れて搭乗。「レジェンド・オブ・ガーディアンズ」を観た(中国語字幕)。子供向けのこれでも英語が聞き取れないところ多数だったので、またさらに英語能力が落ちてるようだ……。字幕はなんとなくわかった。話は単純めではあったけど、わりと面白かったかな。あれは兄者はダースベーダーになって戻ってくるんですかね。微妙な時間の便だったので食事は出ないかなと思ったら普通に出てきた。チキンの弁当はチキンはともかく米が微妙…やはり機内食は日本から積んだものに限る?

搭乗までは時間がかかったわりに、日本到着時刻は予定どおり。羽田の手前でエアスポットに落ちて、機内騒然。ジェットコースターのようにすとーんと落ちて、そこから急にせり上がって、とここまで激しいのは初めてかも。ともあれ誰も怪我などはなかったようで、無事に着陸。醤油瓶が割れてたらある意味大惨事だった。荷物が出てくるのはやっぱりどうも運が悪いのか、ほぼ最後。予想では曇くらいだったのに、日本も雨。家までの帰路はちょっと大変だった。

翌日からさっそく業務に復帰で、おみやげを渡しつつあれやこれやと積もったものを片付けて今に至る。台湾はやっぱ旅行しやすいね。治安がいいし、外国人プライスもお釣りごまかしもないし、ご飯は日本人の口にあっておいしいし、都市部ならコンビニもネットも揃ってるし、漢字の表記でなんとなく意味を掴めるし。台南の物価の安さも素晴しい。新幹線も使いやすい。だいぶ見聞を広めてきたとはいえ、まだまだ未知の料理も多いので、再訪して今度は高雄や東側にも行ってみたいところだ。3Gパケット通信も高速でとても便利(結局ホテルのネットはほとんど使わなかった)だったんだけど、1つ大きな問題は、「マップで検索しようとしても、地名や店名を入れる術がない」こと。入力しようにもN1程度の環境だとかなり厳しく、打ち間違いも頻発で大変。これはなんとかならないかねぇ。せめてマップ上の文字列をコピペできるといいんだけど。



/

読むと台湾に行きたくなる。どれもおいしそう(実際おいしい)。台湾の特に屋台料理は見た目から味がわからないものも多くて手を出しづらいのだが、事前に予習をしておくと挑戦する気になる。巻末に各お店の住所も載っているので、Googleマップでの検索を使えばだいたい場所のアタリをつけられる。

台南〜台北旅行 (1)

羽田-松山発着便の開始を受けて、1/20〜1/24の期間に台湾に行ってきた。今回は「美食の街」と称される古都・台南でその地の味を知ることが目的。いろんな仕事が(こちらのせいでないところで)遅延したり新規発生したりして、たかだか3日間休暇を取るだけなのに前後がひどい忙しさになってしまった…。


1/20。再国際化された羽田空港。ショッピング・フードゾーンは「EDO」をテーマにしてるらしい。ゴハンは機内で出るので特に何も買ったり食べたりはせず。成田よりはよさそうかなぁと思った。ちょっと地方空港っぽいね。ヴェネチアのミケランジェロ空港に似てるかも。
航空会社はEVA AIR。マイレージは付かないがだいぶ安い(もう一声安いといいんだが。LCCは出てくるのか?)。オンラインチェックインをしておいたので1時間前の荷物預けでOK。羽田-松山だとショボい機内設備かなと思ってたけど、ちゃんとパーソナルテレビのある機体だった。「ソーシャルネットワーク」を観た。あの早口英語と中国字幕だと理解が苦しい……。もう1回ちゃんと日本語字幕で観たほうがよい気がする。途中ちょっと揺れた。機内食は豚肉ゴハン。わりとイケる。


台北松山空港着。雨なこともあり、意外と寒め。入国、荷物ピックアップ、両替。左方向に行ったところにある電話会社のカウンターでデータ用SIMを購入(通話かデータかのどちらかを選ぶ必要がある。両方というのはない)。1週間プランでNT$450。N1に刺して設定完了。3Gがちゃんと3Gの速度だ。ソフトバンクのクソ遅いのとは雲泥の差だぞ。
松山空港は市内なので、MRTでそのまま移動できる。2008年に買った遊カードがまだ使えて残高も残ってたのでラッキー。前回MRTはさんざん乗ったので手慣れたもので台北駅に到着。
そのまま台南に移動するため新幹線(高鉄)のチケットを買いにいくが、自販機がガイドブックなどの情報と違って中国語のみだった……日本人は漢字読めるのでなんとかなるアル。カードで自由席2人分購入、NT$2610円。安い(バスだと1人NT$300というすごいのもあるが)。日本の技術協力ということもあって、駅の感じから車両までほぼ日本の新幹線。揺れも少ないし広いしわりと快適。自由席はけっこう混んでいて、ギリギリ2人並んで座れた。台中までは立ちの人もたくさん。2時間ほどで高鉄台南駅着、ここから台鉄の区間車で台南駅へ。高鉄のダイヤと連動しているので、ぼーっとしてると30分〜50分待ちということになる。小雨。


ここから3泊の宿は、台南駅裏(行く通路がホームレスの寝泊まり場で、いまいち雰囲気や臭いが悪い)にあるシャングリラ・ファーイースタン。ブルジョアめ!と言われそうだが、ほかの地域ならシャングリラなんてあり得ないのだが、台南だけは妙に安いのである。もちろん設備やスタッフは(多分)シャングリラ品質。一般人がシャングリラなんて二度と泊まることはないので、これを逃がす手はない。広い部屋に、歯ブラシやバスローブ、浴槽、無料ネット(ただし有線のみ)、ポットにお茶パック、ウェルカムフルーツ、アイロンにスリッパにソファーに、と揃いまくり。しかも屋外だと思っていたプールは温水で通期でやっているらしい。水着は持ってこなかったよ……。ちなみにテレビはCS系が入っているものの、チャネルは少なくて、特に音楽番組がほとんどない。ホテル隣接で大遠百という百貨店がある。


夕食探し。木曜日なので台南で開催している中で最大級という花園夜市に行ってみた。歩いていけるかと思ったけど予想外に遠く、マップで見ても全然進んでないので、あきらめてタクシーを途中で拾う。花園夜市の日は駅前から臨時バスが出るらしいので、もし次回機会があったらそれに乗るほうがよさそうだ。
夜市はやはり楽しい。わいわいと賑っていて、臭豆腐の集まっているところからはかなり強烈な臭い。大腸と春雨の辛いスープ(体が温まる。香菜がおいしい)、鳥の串焼き(ウマー)、羊肉のあんかけチャーハン(ちとイマイチ。皿が汚れないようにするためのラップがまた物悲しい…)、腸詰めおこわ(この系はやはり100%肉のほうがいいなぁ…みたらし団子のタレみたいなのがかかってる)と。雨がちょっと強くなってきた。お腹もそこそこ膨れたので、タクシーでホテルに戻って就寝。


1/21。天気はやっぱりすっきりしない。楽しみにしていた朝ご飯は予想にたがわず多種多様で、麺、卵、スープについてはいろいろオーダーできる。どれも美味しい。いつものことだが食べ過ぎた。ホールのスタッフはノルマでもあるのかやたらとせわしなく、食べ途中でもちょっと手を離していると皿を持っていこうとする(滞在中、隣のテーブルで、最後の1口を食べようと持ち上げたところで下の皿をかっさらっていく、という光景を目にして、隣の人も目前にしたこちらも唖然…。トンビか!)。


天候がいまいちなので、当初予定していた安平観光は翌日にすることにして、台南市内散策とおみやげの買い物dayに変更。ホテル側の大遠百にはめぼしいものはなし。童装・女装って中国語的には正しいんだけど、日本人が見るとギョっとするよな。台南市内の移動はバスかタクシーか自分の足。まずは赤嵌楼にテクテクと向かう。台南の道はアーケードで歩道が整備されてはいるのだけど、その半分くらいは駐バイクで埋まっているし段差も多くて、ちょっと歩きづらい。でも小径に緑があったりお堂があったりと楽しいね。


赤嵌楼の手前でお昼ごはん。当初は評判がいいという赤嵌担仔麺に行こうと思ってたのだけど、ぱっと見魅かれなかったので、別の半屋外型なお店で台南名物の棺材板(シチュー入り揚げパン)。台北でも見かけてはいたけど、本場のこちらはグリーンピースやコーンは冷凍ミックスベジタブルではないし、海老や蛸、イカと贅沢に入っていて、揚げパンと一緒に食べると実に美味い。シチューというより片栗粉(米粉?)のぷるぷるなのがいかにも台湾っぽい。担仔麺も食べようということで、おなじみ度小月の担仔麺+煮卵。台南発祥ではあるけど味は同じかな。で、「昔食べた幻のあのおいしかった担仔麺」を探していたパートナーだが、ここにきて隣の店のメニューを眺めていたらどうもそれは「担仔麺」ではなくて「担仔乾麺」ではないか?疑惑が浮かぶ。


赤嵌楼の中は入場料を取られるので外からパチリ。周囲にもいろいろお堂がある。大遠百、新光三越と移動しておみやげを買い、生ジュースを飲んで一休み。ホテルに戻る途中に電気街(台南駅の南側)があった。ざっと見てみたけど、それほどおもしろいものもなく。「初音ミク高価買取」(を中国語で書いたもの)とか電光掲示されてた。N1のバッテリ消費が激しいので何かUSB給電器みたいなものがあるといいのだが。ホテルに戻ってジムで軽く体をほぐす。だいぶ本格的で、フルジム装備で来るべきところだったなこりゃ。


夜はかねてから計画していた「美濃客家菜」(西門路のほう)。角煮と塩漬け筍、板絛(きしめん)、大根入り卵焼き、ごはんと頼んでみた。これは……うまいぞ! 素晴しくうまい。角煮と筍は好物であり、それがセットになっていて濃く深みのある味付けがなされているときては、たまらん。卵焼きは干し大根の塩気が強めで少々しょっぱめだがおいしい。板絛は焼きうどんっぽく、素直な味。やたらとサービスがよくてデザートのプリンやら箸やらのプレゼントも。宣伝しろということか(笑)。でも本当に美味しいし、客家料理に限ればかなり安い(2人でNT$270)ので、台南に行ったらぜひ訪れていただきたい。


「美味しかったねー」と語らいながらぷらぷらと帰路。逢甲夜市というのが近くにあるということで探してみたのだが、新光三越近くのこれのことかな。レストランと小さな屋台が合わさった感じ。しかしもう食えん。三越の隣のDAISO(!)が入っているショッピングモールを見物。原宿や渋谷的な「若者向けの変な店・グッズ」が多い。ペーパークラフトをおみやげに買った。パロ系のTシャツも面白いものがいろいろあったんだけど、あげたり着たりするには微妙なので見送り。なお、DAISOは日本のダイソーとは違い、紫のライトを多用して通路も広々としているオサレ風味なショップに仕立てられていた。

ホテルでテレビを点けたら、ESPNでアジアカップの日本・カタール戦がライブ中継されてる。日本戦を中国語で中継されるというのも不思議な感じだ。見事勝ったねぇ。実況も興奮ぎみ。見終えて寝る。(2)に続く。

台南〜台北旅行 (2)

(1)からの続き。 1/22は曇り。もうちょっとカラっと冬晴れっぽくなってくれんものかね。


シャングリラの朝食バイキング再び。お茶で茹でた卵、虱目魚(サバヒ)粥がおいしい。


安平に向かう。北站から2番のバスで安平古堡(アンピングーパオ)行き。市内バスは1人NT$18で固定みたい。小銭を持っておいたほうがいいようだ。三越の前では春節バーゲンなのか開店待ち行列が出来ている。安平手前のDANCE CLUBも気になる。洋風のダンスなんだろうか民族ダンスなんだろうか。


郵局站で降りると、運転手さんや乗客から「こっちが安平古堡だよー」と教えてくれる。いい人たちだ。周辺はすでに土産物やら食べ物屋台やらで一杯。安平古堡の入場料を支払い、見学。昔の海岸線から埋め立てでえらく変わってるのだなぁ。


隣の聖母堂。春節祝いか狛犬までリボン付けてます。キメェ(笑)。


お昼ごはん。安平ならここで食べるべき、という周氏蝦卷で、炸蝦卷と担仔乾麺をまずはあっさりと。蝦捲うまーうまー! ぷりぷりした海老とサクサクした衣の食感が実に良い。乾麺はちょっと伸びすぎ? 早めに来たのがよかったようで、食べ始めた頃には席がほぼなくなっていた。別のお店で肉圓(バーワン、ぷるぷるした餅団子みたいなもの)と蚵仔煎(牡蠣のお好み焼き)。こちらはまぁまぁというところ。古老街はおみやげストリートで歩きづらかった。


続いてパートナー念願の安平樹屋。こちらも入場料が必要(1人NT$50)。 倉庫がマングローブに乗っとられて廃屋になっちゃったよ、ということですかね。 笑っちゃうくらいマングローブだらけ。一巡りしてさて帰ろうかどうしようか、というところで入場券の裏に「安平豆花」の広告が書かれていることに気付く。これは行きたかった店の1つではないか。ということで、行ってみた。レモン配合のが夏にはさっぱりしておいしいらしいのだが、若干肌寒いくらいの気温なので普通に温豆花であずきトッピング。ちょっと和風。


2番のバスで台南駅に戻る。北にある中山公園を散歩。南国な高い木々があり、ベンチのところではお爺さんたちがそれぞれ何やら駒でゲーム……というかきっと賭けてるね。公園路側に出て渡ったところに西華堂という小さなお寺がある。おだやかでゆったりした雰囲気。ちょうど謡念仏が行われていた。


台南最後の夜は餃子を食べよう、ということでまずはホテルの裏あたりから行ってみたのだが、全然人が入っていない……電気街近くの店にも行ってみたけれどもGoogleマップでは確かにここにあると書いてある店の影も形もない。Googleマップに誘導されて嵌楼方面に向かい、五花馬水餃子に入ってみた。水餃子、焼き餃子、小籠包と注文。結果的には当たりで、餃子は十分に及第点、そして小籠包は絶品だった。皮の厚み、餡の味、自家製ラー油との相性が完璧。雑穀の入ったお粥は無料で、餃子とお粥の意外な相性に気付かされた(確かに餃子と普通の白米だとちょっと水分が不足して食べにくいことがあるのだけど、お粥にすればそれを解決できる。消化もいいし)。

ホテルに戻り、荷物のパッキング。台南に別れを告げるときが迫っている。短いなぁ。 (3)に続く。