2011年05月21日

天ぷら、そして日向夏ジャム

5/16の補完。たらのめが痛むと悲しいので、再度天ぷら。今度は少なめに、ナス、椎茸、たらのめ、アスパラで。たらのめがおいしい。

それとは別に、オフィスに贈られていた日向夏が痛んでしまいそうなので、残っていたものを一式持ってきた。全1kgで、これをジャムにする。日向夏は白い部分でも酸味や渋みはほとんどないので、皮はざくざく切り、身も適当に切って後は砂糖と水少々と一緒に煮ればいい。今回は砂糖350gにして、焦がさないようにだけ注意して弱火でゆっくりと混ぜながら作っていった。小夏の甘さが出てよい感じ。瓶は圧力鍋を使って滅菌と密封。1瓶を家用に残して、残りは同僚たちに配布した。