2005年10月20日

Etchに向けての日本語周りの改善計画

とりあえず、ブレーンストーミング的に並べていくことにしました。外部カーネルドライバを突っ込むとあら素敵、UTF-8フレームバッファコンソールが!というのができるとかなり幸せになれそうなのですが。

ついでに、何度も尋ねられるDebian JPのメールサーバの状況ですが、mrmtさんが今晩近日中にNOCから障害マシンをukai邸に運ぶという予定になっています(メンバーリストをミラーしておけばもっとなんとかなったのですが、それに至る前に障害になってしまいました。その他いろいろ不運なタイミングが重なっていました)。目下最大の問題は、データを引き出したものの、それをどこに移すかというところです。

暫定的には、別マシン(ディスクあまりナシ)にとりあえずメンバーリストを置いて配送を再開し、アーカイブ提供はもう少しディスクの豊かなマシンで行うようにするといったあたりでしょうか(kmuto.jpはディスク増設したのでアーカイブを突っ込んでも大丈夫そうではあります。このマシンが死ぬとかなり悲しいことになるので、負荷のかかるnamazuなどはやりたくないですが…)。

今後の運用については、これまで曖昧にしていたスポンサーとのかかわり方・団体のあり方を明確にしたいという新体制の意向も絡んでいるので、しばらくの間いろいろなことがあるかもしれません。