2006年02月14日

プロおろし2

asahi.com経由でちょっと気になっていた、 『プロおろし2』 を先週入手した。ハンズでの試用はできなかったものの、2,079円とダメだったとしてもまぁ諦めのつく値段で、ともかく試してみようと購入。

同じ会社で販売している先代『プロおろし』に比べて小振りになっているとはいえ、かなり大きい。最大寸法値で179x128x75mmなので、引き出しなどに収納しようと考えている方にはサイズに十分に注意されたい(家ではどこにしまっておこう…)。

底の四方はぐるりとゴムが覆っており、おろし中に容器が動いてしまう心配はほとんどない。ついつい癖で片手を添えてしまうが、それも軽く手を置くくらいで、力を入れて支えるような必要はまったくなかった。

表面積が大きいので一見すると怪我をしそうな印象があるが、全体を広く使えて引っ掛かることがないので、かえって安全。あまり小さくなってしまったものはおろせないが、そのくらいになったらそのままおろしに混ぜてしまうのでもさほど問題ないだろう。山芋をおろすのはちょっと怖いかも(山芋はミキサーを使うのでいいかなぁ)。

大根おろしで問題になる水気は、容器内に取り付ける専用の水切りで、絞りすぎず多すぎずの適切なレベルに保つことができる。落ちるのはほぼ水だけなので、落ちた大根がもったいない…という心配もない。

パーツは全部解体できるので、手入れも簡単。食洗器程度の熱なら問題ない。

まだ大根おろししかチャレンジしてないのだが、これまでたいへんだった作業がぐっと楽になり、容器が大きいので大量に作ってもへっちゃらである。

ということで、大根おろし好きなんだけど、おろすときに台座がグラグラするのや手がすべって大根がアサッテに飛んでいくなど、たびたびムキーと怒りゲージの上がっていた方には100%お勧め。買いです。