2011年04月21日

レダン島(3)


(2)より。 3/24。またも雨…。予約したスノーケルツアーは中止になりそうだが、一応準備のためにも朝食へ。雨で外に出るのも大変なので、ホテルのASEAN CAFEにて。バイキングは高いしそれほど食欲に満ちているわけではないので、パンケーキとパニーニ、コーヒーに紅茶。結局ツアーは中止。午後に振り替えてチャレンジとなった。雨は一向に止まない。ネットは復旧したので、天候の調査。うわぁ、マレー半島を覆うひどい雨雲だ…。


早めの昼食に外の食堂へ。シーフードオムライス(チャーハンの卵包み)、トムヤムスープ麺。


天気は曇りで微妙だし、こりゃキャンセルかなぁと覚悟していたら、なんと「we'll go」との電話。持参のスノーケルセットを持って水着でダイビングセンターに向かい、ライフベストを渡され…ってどんどん晴れてきて暑くなってきた。あれよあれよと人が増えて、こんなにホテルにお客さんいたのかという賑いに。まず港にバスで向かい、そこから船で海洋公園へ。やはりちょっと海は荒れぎみ。


ビーチに降り立ち、説明を受けてから、スノーケル用具装着。そして突入……おぉ、いるいる。いかにも餌付けされてるのが残念(ガイドも食パン持ってるし…)な感じだけど、サンゴとたくさんの魚を見ることができた。日本から持っていったゴーグル、スノーケル、フィンもようやく活躍。特にドライスノーケルの能力は素晴しく、レンタルのスノーケルにあるような海水を飲んでしまうことがまったくなかった。防水カメラのDSC-TX5も問題なく動作。しかし波がちょっと強くて、カメラを構えて揺られていると酔いぎみになる。45分ながらヘトヘト。ドリンクがツアーに含まれていると聞いていたのに、なかったのも辛かった。パートナーのほうはもっとひどい船酔いになってしまったようで、ホテルに戻ってからもプールサイドでグロッキー状態。


目覚しをかけ、夜まで熟睡。夕食をとりに少し離れたローカルのレストランへ。サテ、牛テールスープ、紅茶。紅茶に練乳が入っていてちょっとビックリする。星がよく見えて綺麗だったので、ホテルのWiFiが入っているのを幸いにGoogle Skyマップで星座を見て遊ぶ。楽しいなー。 (4)に続く。