トップ 最新 追記

KeN's GNU/Linux Diary


2015年10月05日

_ [travel] タイ旅行(1)

9月の連休。雨季であまり旅行には向かないと言われるけど、たまたま席があって値段も安かったタイに行ってくることにした。

3年前に行く予定だったのを事情でキャンセルしたチェンマイ(パートナーも学生旅行以来)、学生時代のインド旅行のトランジットで少し寄っただけのバンコク というタイ2都市、食い倒れ目的。

結果的にはとくに雨に降られることもなく、好天に恵まれて食事や観光もいろいろ楽しむことができた。ただ、陽射しきついのはそろそろ体にしんどいなぁと思い始めている……。


往路はJALで羽田から関空、そこから深夜JAL便でバンコクに飛び、タイ航空に乗り継いでチェンマイに向かうというコース。発券は別々だけど、荷物はスルーでチェンマイまで運んでもらうことになった。

羽田の一休茶屋で牛タンの夕食。やや固めだがおいしい。


最終関空行きの時間帯なのでカフェ等はほぼクローズ。搭乗時間が近くなるまで展望台で着陸してくる飛行機を眺める。


737で関空に飛び、関空で日付が変わるまで待ち。カードラウンジはとっくにクローズだし、TVがひどく騒がしいし、コンセントは見つけづらいし、と使いづらい空港。

00:55フライト。機材は最新の787。若干足が狭い。映画を観るにはもう遅いし、SKYMANGAがあったのでいくつか漫画読みをして寝る(『銀の匙』がおもしろかったので、帰国してから全巻セットを買った)。


機内食朝食のおかゆは正直微妙。スイートポテトはいける。


20分早くスワンナプーム空港着。あいかわらず薄暗い作りかけのような空港で、transferカウンターは超遠い。早く着いたものの、早朝でまだtransferイミグレが開いていないという罠。

長蛇の列ながら、イミグレが開いてからはペースよく消化。水ボトルはセキュリティで破棄。搭乗ゲート周辺には何もなし。電源はないけれどもWiFiは利用できたので、ぐったりしながら搭乗を待つ。


チェンマイ行き機材は777。日本人乗客も多い。『インサイド・ヘッド』の前半部分を観賞。日本で不評のオープニングドリカムもないのですんなり観られる。機内食のサンドイッチはフィレオフィッシュと、ほうれん草みたいな野菜。けっこういける。

チェンマイ到着して荷物をピックアップ……が、ない。ほか数名も同様にとまどっているところ、「国際側に行かないとダメ」ということで、誘導員に従って延々と反対側の国際ターミナルの荷物受け取りまで(事前に道が別れるところで確認しておくんだったな……)。無事にピックアップできた。やれやれ。そういえば国内線側の荷物受け取りの場所には女子トイレはあるけれども男子トイレはないっぽい?(案内に従うと外に出させられる)

ATMでお金を引き出し、クーポンタクシーで宿へ。


チェンマイお宿のシリランナー。少し早めの時間だけれどもチェックインできた。

旧市街側で、交通量も少なく静か。 水量は弱いけれどもちゃんとお湯は出るし、大きなタブもある。最上階だと弱いと聞いていたWiFiもちゃんと入った。WiFiはデバイス単位で発行で、わりと頻繁に再ログインが必要なのはちょっと面倒。


リフレッシュしてお昼探し。旧市街と外の区切りとしてもっとも目印となっているターペー門周辺にまずは向かう。……が、暑い。陽射しが強烈で生命の危機レベル。

フラフラになってきたので、手近で評判のよい29Cafeでオムライスとトムヤンクン。オムライスは少し揚げたような味で、テーブルのプリッキーヌをちびちびと足しながら食べるととてもおいしかった。トムヤンクンはかなり甘め。


SIMを探したものの、売ってるところが全然見当たらない……。 とりあえず宿に戻って疲労回復のために寝る。


夕方起床。ここならSIMがあるのは確実であろうと思われるPanthip Plazaまでソンテウに乗る。事前調査していた500MBのSIMは見つからず、dtacの1.5GB+7日+無料通話100THBのHappy Tourist SIM 399THBを購入。値上がりしてるっぽいなぁ。とりあえず設定もしてもらってN5で普通に使えるようになった。LTEも入ってけっこう速い。


アイスなどを買いながらチェンマイナイトバザールの市場や道沿いを冷やかし。


カーレーナイトバザールのフードコートで夕食。あんかけそば、バッタイ、水餃子。バッタイは春雨のようでおいしかった。餃子は……まぁまぁかな。生モヤシはちょっと怪しい。クーポンを最初に買って、各店で提出し、残ったぶんは払い戻しを受ける仕組みになっている。


屋内型のナイトバザール。おみやげっぽいもの、バー、地下には絵画や工芸品などがある。


歩いて宿に戻り……はちょっと遠かった、失敗。旧市街外壁に入るまでのローイクロ通りは露出度高めのお姉さんのお店が多い。汗をさほどかいている気はしないのだけど、喉が渇きやすく、水の消費が激しい。


朝、いいお天気。 朝食はバイキングで、おいしいものが多い。特にトムヤムナムサイ(ココナツミルクを入れていない、ストレートに辛いスープ)が豚骨ベースでとてもおいしく、辛い。


自転車をレンタル(1日50THB、デポジット1000THB)して暑くならないうちに回る。 ワットチェンマン、ワットプラーサート、ワットプラシン。僧侶の模型がリアルすぎてちょっと不気味だ。ワットプラシンの本堂では入場20THB。


3人の王の像を見てから、近くの食堂街でフレッシュオレンジジュースと昼食。 チェンマイ名物カオソーイは、ココナツでかなり甘めのカレーヌードル。カオマンガイは血のにこごりみたいなのがついてた。味はまぁまぁ。


ワットパンタオ、ワットチェディールアン。チェディールアンはチェンマイで一番大きなお寺。本堂も確かに立派だ。


しかしチェディールアンで見逃せないのは、この古い仏塔跡だ。地震や戦争で壊れて、日本の援助で修復中なんだけど、てっぺんの形が不明ということで復元が止まってるらしい。街の中に遺跡がドーンとある感じで、パートナーはいたく気にいって全周して撮影していた。


セブンイレブンでお水とATM引き出しをして戻り。


夜はちょっといいところに行こう、ということで旧市街を出て北西のCome in Muenというレストランへ。壁内の旧市街に比べると壁の外は渡るための信号も少なく、自転車で走るのはけっこう怖い。レストラン近くのお寺はスーパーハイウェイの向こうで、歩行者信号が壊れており、とても渡れそうもなかった。

地鶏焼き鳥と揚げバイマックルー、赤もち米、チェンマイ名物のソーセージであるサイウア、そしてラープ。評価の高い店だけあり、どれも非常に良い味。特にサイウアは肉と一緒に詰められた唐辛子プリッキーヌと各種ハーブの風味が最高においしい。


宿に戻る前に夜のチェディールアンの塔を再訪。自転車を返却してデポジットを受け取り。

ホテルにはプールはあって水着も持ってきたのだけれども、着替え場所がないので結局入り損ねた。暑かったのか、外界への自転車で神経を使って疲れたのか、ちょっと頭痛がしていた。


朝。昨日の自転車の疲れか、体が痛い。今日もおいしい朝食。頼むと麺を茹でて作ってくれる。


今日も自転車を借りてワローロット市場方面へ。途中お寺を眺める。


ピン川はお世辞にも綺麗とはいい難い。歩行者用の渡し橋を作っているところだった。


トンラムヤイ市場とワローロット市場を冷やかし。トイレは3THB。川をわたって一回りもしてみた。


マンゴーがおいしいというSailomjoyというカフェで一休み。マンゴーとココナツで甘く似たもち米。最後のほうは若干飽きるが、おいしい。

宿に戻ってバンコク行きのタイ航空のオンラインチェックインを済ませる。


お昼はHuenPhenへ。旅行者向けでなかなかの人気。 揚げた豚皮、豚のラープ、ソムタム、もち米、ザクロのデザート。ソムタムは甘め(チリをかけたら舌が破壊されるくらい辛くなったけど)。豚皮はラードを取った残りのアレの味だね。カリカリ。添えられたハーブと野菜の盛り合わせの豆か茎かをポリポリ食ってるとタイに来た実感がある。

日射しが強くて午後に外を動くのは危険なので宿に戻り。フロントでチケットの印刷をしてもらう。ついでに空港へのフリーシャトルも手配してくれるらしい。当初はタクシーを頼むつもりだったのでありがたい。


雨予報でちょっと黒い雲も空にあったのだけれども、結局降ることはなく。 夕方になって日も落ちてきたので、オサレスポットとされているニマーヘーミン通りに向かってみる。途中の道はこれも自転車向きではない大通りで、やっぱり怖かった。

確かにちょっとコジャレ系のカフェとか雑貨屋とかが東西方向の細道に点在している。とはいえ、何か買い物をするというほどでもないので、カフェでオレンジジュース(値段は高かったけどフレッシュではなかった)を飲んでおしまい。

旧市街に自転車で安全に入るのがまた難しい。行きに出てきた西門は渡れそうもないので、結局遠回りながら北西の角から入った。


そのまま夕食探しに南門マーケットへ。壁を出てすぐのところで道路を挟んで両脇に屋台が並ぶ。楽しい(が、それまでに自転車で神経使ってくたびれた……)。トイレは市場の奥に有料(3THB)のがある。

あまり食欲がわかず、サイウアとタイカレーヌードル。味は悪くない。プレーンなごまドーナツが屋台で売られていて、10THBで6個くらい。素朴でほんのりした甘さでおいしかった。帰りがけにタロイモのパイも購入。

宿に戻り、パッキングを済ませて就寝。

(2)に続く。


2015年10月06日

_ [travel] タイ旅行(2)


(1)より。チェンマイ最後の朝食。フレンチトーストに蜂蜜をかけたら大変おいしかった。


ガイドブックを見ていたら「ワットチェンマンで象の仏塔は見逃せない」と書いてある。見逃したよ、おい。ということで、チェックアウトまでまだ時間はあるし、自転車を返す前に見てきた。近くのピカピカしたお寺も訪問。


自転車を返却し、ホテルをチェックアウト。空港に車で送ってもらい、カウンターにチェックイン。飛行機は30分遅延でバンコクへ。機材はA320で、機内食はクロワッサンのツナサンドイッチが出た。機材に娯楽設備は何もなし。読書をして過ごす。


バンコク到着も、荷物がなかなか出てこず、結局50分くらい待たされた。

エアポートレイルリンクで市内へ。運休中のエクスプレスはあいかわらず運休中なのでCITYを使うしかない(45THB)。エアポートレイルリンクのホームドア前にはセキュリティがおり、指示に従う必要がある。ちょうど行かれてしまったばっかりで、15分ほど待たされた。

終点Phaya Taiに到着後、BTSに乗り継ぎ、Siamへ。このBTSが罠で、自販機はコインしか使えない。有人のチケット窓口に行くと、チケットではなく単に札からの両替しかしてくれなかった……。

BTSにはSuica/Pasmo的なチャージ型カードもあり、こちらだといちいちコインを用意する必要がないので便利なのだが、どの程度BTSを使うかわからなかったので今回はコインで済ませてしまった。結果から言えば宿の位置関係などでBTSを多用し、そのたびにコイン作りで面倒だったので、もし次回バンコクのBTS沿いに数日滞在するならカードを購入したほうが絶対よいと思う(地下鉄と連携してくれればいいんだけど、ずーっと連携するする詐欺らしいですな)。

さて、宿のリットレジデンスは最寄りとしては1つ乗り換えてのStadium駅だけど、乗り換えは面倒そうだし、地図上で見るとSiam駅からそれほど距離がなく、空中回廊でそのまま行けるようだし、……と思ってSiam駅から歩く。これが大失敗。まず空中回廊がある方向……とばかり考えていたら逆方向にかなり進んでしまっていた。戻るも、今度は回廊は見当たらず、カートを持って入るには荷物検査が厄介そうなデパートに入らないといけない。結局外を歩いて、階段を上がったり下がったり、とかなりしんどいコースを行く羽目になって2人とも疲労困憊になってしまった。

15:00に着いているつもりが、飛行機遅延に始まるいろいろな遅れで16:30着。やれやれ。


ホテルのリットレジデンスは、滞在型の宿で、ルームクリーニングなどはホテル同様毎日やってくれる。キッチンと洗濯機が付いており、今回ここを選んだのも洗濯機がポイント。スタッフも親切。

部屋はモダンで綺麗。WiFiもよく入る(ここもデバイス単位)。窓を開けるとガレキの山なのがなんだが、滞在中に重機でガンガン何かをやられるということは幸いなかった。湯量たっぷりなのは嬉しい。ただ、ベッドはよくなかった。洗濯をして一休み。


疲れたので、夕食は近くのMBKデパートのフードコートへ。フードコートとはいうが、有名どころのお店が入っているんだそう。こちらもクーポン式。ちょっとタイ料理とは違うものも食べたかったので、インド料理屋でじゃが芋のタルカリ、タイ料理屋でチキンカツチャーハン。パートナーはガッパオとトムヤムナムサイ。

タルカリはじゃが芋の茹で方に若干難はあるけれども食べたかったものが食べられて嬉しい。チキンカツには驚かされた、衣がふわサクッ、肉はミルフィーユのように柔らかく美味。トムヤムも海老がゴロゴロと入って豪華。レベルの高さにびっくり。


MBKの中はこのほかにも、たくさんの携帯ショップや、和食・エスニックのレストラン、東急デパートも入っている。


空中回廊とデパートの中をくぐりながらチットロム方向へ。デパートの入口では簡単な荷物検査がある(大きい荷物を持っていると面倒なことになる)。人通りがあって規制の少なそうな歩道橋とか路上とかにはたくましく露店が並んでる。

そういえば、新交通のBTSができたからかタイの人の気持ちが変わったのか、バンコクのかつての記憶にあったトゥクトゥクだのバスだのが道を滅茶苦茶に埋め尽してひっきりなしにピッピープップー、という騒音喧噪がまったくない。実際ピッピープップーしてるとうるさいんだが、まったく聞こえないとそれはそれで一抹の寂しさを感じる(インドのカルカッタも変わってるのかな?)。


この日は木曜なので、21:30に祈ると恋愛が成就するというプラトリームールティを眺めに(悪趣味な気はしなくもない……)。滅茶苦茶な混み方というほどではないけれども、それなりににぎわっている。女子陣多めだけれども、男性もちらほら。

近くの大型スーパーCマートでおみやげや水やフルーツを購入し、BTSで戻る。今度はSiamでシローム線に乗り換えてStadium駅まで。乗り換えは少しは待つものの、エスカレータはあるし、待つのも5分程度だし、なので積極的にStadium駅を使ったほうがよいという結論に達した。


朝。バンコクでは朝食は付けなかったので、昨日買ってきたフルーツで軽い朝食。 マンゴスチンは横に切れ目を入れ、にぎにぎ回すと外れる。マンゴーもカットして綺麗に剥けた。


快晴。雨季なんだし、雨が降ってくれてもいいんですよ……。

ワットアルン、暁の塔を目指してBTSでサバーンタークシン(がんがん小銭が失われる)、そこから船でター・ティアンへ。割高なツーリストボートに乗るつもりはなかったのだけれども、強制的に誘導されてしまった。まぁ説明もしてくれるし、降りる場所もわかりやすかったのでよしとしよう。


ター・ティアンから対岸へは渡し船3THB。


……えー、なんか修復中ですね(泣)。アルハンブラ宮殿のライオンも修復中だったし、もうそういう運命にあることはわかってたよ……。


まずは朝ごはん。屋台のフライドバナナをぽりぽりした後、ワットアルンそばにある名店としてチェックしていたサイ・サアート。評判のクイッティアオルークチンナムサイを頼む。……おぉっ。これは美味い。ふっくらしたつみれ、のどごしの良い細麺、上品なスープが見事に融和している。英語メニューには相当するものがなかったので、名前と写真でオーダーするしかないようだ。いや満足満足。


ワットルアン見物。入場料は50THB。しかし入場料をとるわりにトイレは外の有料のしかないらしい……。ところどころ補修中でカバーされて残念なものの、細かな細工で楽しめた。ただ、暑い。 渡し船で対岸に戻る。

ここから思い出のあるカオサンにタクシーで向かうつもりだったのだが、暑さでかなり参ってきたし、ホテル近くで食事をとれそうなデパートのサイアムパラゴンにタクシーで移動。 しかし渋滞で動きがとれず、ようやく到着したときにはパートナーは明らかに熱射病の症状。途中で行き先キャンセルして宿に戻ればよかったなぁ。 とても食事はとれそうもないので、なんとか落ちついてきたところでBTSで宿に戻り。


パートナーが倒れ寝ている間はお菓子を食べながら読書。『スナイパー・エリート』はまぁまぁの内容。途中、30分ほど猛烈な雷雨がある。これが雨季の雷雨というものか。あられのように叩きつける雨、鳴り響く雷鳴は確かに凄みがあった。


夜になって回復してきたので夕食へ。といっても遠くはつらいので再びMBKのフードコート。パッタイは酸味があっておいしい。カキと卵のオムレツは台湾のに似ているけれど、より高級。豚肉麺もおいしい。フライドチキンはだいぶ時間が経ったもので、前日食べたお店に比べるとハズレ感。あずきと米とココナツのデザートはパートナーによればおいしかったらしい(自分はココナツデザートは苦手なので食べていない)。


運河沿いを少し歩いて帰り。寝落ちしてた。3時頃にドリルのような轟音で目覚めたけれども、すぐに静かになったのはなんだったんだろう。


晴れ。無理のない範囲で、カムペーンにある市場に行ってみることにした。行きがけにホテル近くで豚串を購入。

モーチットまでBTSで行き、地下鉄に乗り換えて1駅。地下鉄のほうは普通にお札を券売機で使える。

そういえば地下鉄は荷物検査があるから面倒みたいなことがガイドに書いてあるんだが、BTSでも普通に荷物検査は今はある(爆弾テロの影響?)ので、どっちもたいして変わらんと思った。


常設のオートーコー市場。衛生にかなり気を配った市場ということで、確かにとても綺麗。


当然食事処もあり、これがまた当然うまい。角煮ごはん、ガッパオ。


食べ物を中心にたくさんのものが売られている。フルーツゼリーはちょっと缶詰っぽい味で残念。


こちらはウィークエンドマーケット。しかし暑いし広いし疲れたし、でパートナーの不調をぶり返しそうなので早々に戻ることにする。


サイアムパラゴンのフードコートで昼食にしようと思ったものの、あまり食べたいものがなく。代わりにパン屋Bread Talkで洋風パンを買って食べる。洋風の味にほっとする。

BMK東急でおみやげを買って宿に戻り。


夜になって、タイ最後の夕食。ブーバッポンカレーの元祖のソンブーン本店が近いがけっこう高いみたいだし、あまりくどいのは体調的にきつそう……。代わりに、評価の高いBaan Ajamというタイ料理屋に行ってみることにした。

魚介サラダのYAM TAI、レッドビーフカレー、空芯菜炒め。特にYAM TAIがとても辛く、とても美味。魚介系をもっと頼めばよかったかも。

駅の近くでミルクあんみつをパートナーが購入。おいしかったらしい。

宿の直前で、タイ?人男性に声をかけられる。ずいぶん遅い時間なのにMBKはどこ、日本人だよね、日本に行くんだけど、このお札は使えるの、と100円旧札を見せてくる。 すでにだいぶ怪しいんだけど、本物の1000円札見せてよ、とか言い始めてきて怪しさMAX。持ってないよ、じゃーね ということであっさり別れたけれども、そういえば向かいのチープホテルは日本語看板も出てたし、それなりにひっかかる日本人もいるのかねぇ(たぶん、すりかえ詐欺?)。

JALのオンラインチェックインを済ませ、フロント近くのPCで印刷(が、まちがって同じの2枚出してしまった……もう空港のチェックインのときでいいや)。


何か苦しくて眠りが浅かった(ベッドが固い?)上に、早朝5時起きでだいぶ辛め。チェックアウトし、空港へ向かう。パートナーはだいぶ具合わろし。BTSの入口ではカートを開けさせられた。

Stadium→Siam→Phaya TaiとBTS、そこからエアポートレイルリンクで空港へ。


チェックインカウンターは空いていて、さっくり手続き完了。パートナーが休んでいる間にバーガーキングで朝食。

セキュリティ、イミグレとけっこうな列になっていて、時間的におみやげなどを見ている余裕もなくゲートに入って待つ。


JAL羽田行きは少し遅れ。機材は767で、往路の漫画の続きは見られなかった。代わりに映画を観る。『インサイド・ヘッド』の続きから最後まで、『ターミネーター ジェニシス』『ワイルドスピードSKY MISSON』、あとは『トゥモローランド』途中まで。しかし終盤飛行機がけっこう揺れたり機内が寒かったり(風邪ひいた)でだいぶしんどい帰路となった。

体調的にしんどいこともあった旅行だけど、雨季のスコール直撃を受けることもなく、それなりに楽しく食い倒れは実践できたかな。チェンマイののんびりした旧市街、バンコクの発展著しい現代都市、どちらもおもしろい。

タイ料理の味のポイントは、パクチーやナンプラーよりむしろ、バイマックルー(カフィアライムリーフ、こぶみかんの葉)だと確信した。日本で市販されている乾燥の葉ではいくら入れたところで乾燥くさいだけで、やはり生の葉でなければあのさわやかな味にはならない。あと、サイウアとトムヤムナムサイおいしいです。