トップ 最新 追記

KeN's GNU/Linux Diary


2020年02月01日

_ [cooking] 鶏とキャベツのコチュジャン炒め


2020年02月03日

_ [cooking] 鳥そぼろとごぼうの味噌汁


2020年02月04日

_ [cooking] ロースステーキ


2020年02月05日

_ [cooking] ソーセージとほうれん草のパスタ、大根と豆腐のサラダ


2020年02月16日

_ [cooking] 豚肉とほうれん草の炒めもの、厚揚げとごぼうの味噌汁

_ [travel] モルディブ シュノーケル旅行 (1)

コロナウイルス騒動が冷めやらぬなか、2月頭にモルディブに行っておりました。最オブ高……。

モルディブ旅行というと新婚旅行で紹介されるようなホテルの一島リゾートが挙がるのが普通(そしてご予算もたいへんお高い)で手が届かなかったのだけど、2008年に現地の人たちが暮らす「ローカル島」への旅行者の滞在が許可され、だいぶローカル島でのバジェットな宿も増えてきた。安価かつシュノーケリングに最高の海を楽しめるという、ありがたい状況が形成されてきている。

いくつもの島がある中でどこに滞在するかは悩ましいところだったものの、

  • ローカル島
  • 首都・空港のあるマーレから高速船で行ける(国内線は高いし、水上飛行機はもっと高くてムリ)
  • シュノーケルの評判が良い

を基準にして、アリ環礁にあるボドフルドゥ島(Bodufohudhoo)とウクラス島(Ukulhas)をチョイス。

航空券はエアアジアのセールを買おうとしたのに、最後に内部エラーとやらになって決済に失敗し、買い直しもできなくなってうんざりしたので、少しだけ高くはなるがすんなり買えてキャリアで安心のスリランカ航空で購入。しかしもともと成田-マーレ直行だったのに、急にコロンボ経由に変わってしまったので、あまり安心ではないかもしれない、という予感が……(スリランカ航空がモルディブに直行するというのがそもそも変だったのかもしれないけど)。

マーレへの到着日は夜で船の移動はできないので、空港島からすぐの新市街フルマーレに1泊し、翌日に高速船でボドフルドゥに移動して滞在、その後ウクラスにやはり高速船で移動して滞在、最後に高速船で空港に戻って荷物を預けたらチェックイン時間まで少しマーレを散策、という旅程となった。

photo photo photo photo

朝の成田T2。オンラインチェックインで発券できなかったCMB-MLE間も無事発券。成田は前回工事中だったトイレが綺麗になっていた。

ゲートは最近ずっとおなじみなG93。

機材はA330。周囲はスリランカ人が多いが、彼らまで皆一様にマスクをしていてコロナウイルスに物々しい。

さて、離陸……のはずが、滑走路がひどい渋滞で、うとうとして起きてもまだ成田だった。1時間遅れで離陸。コロンボで1時間乗り継ぎなんだが、すでにダメという始まり(笑)。まぁ乗客のうち日本人のほとんどはマーレに行きたい人たちだろうから、待ってはくれるだろう。

photo photo photo photo

おつまみとお酒。これが旅行中最初で最後のお酒だった。

昼食は私は牛すきやき、パートナーはカレー。食事のほうはまぁまぁというところ。食後の紅茶はさすがのスリランカセイロンティーでとても美味。

『JOKER』を観たけど、結局ほぼ全部が妄想だった、ということなのかなぁという理解。

インドシナ半島上空でフラフラして具合がひどく悪そうな乗客が見えたと思ったら、機内アナウンスでドクターコールが。初めて遭遇したよ……。コロンボに着く前にはフラフラはしているけど戻ってきていたので、重篤というほどではなかったみたい。

しかし今度は別の方がひどく具合が悪いということで、ピンポイントで我々の後ろの席に移動してきた。このご時世、ちょっと怖いヨ! 結局胃腸の具合が悪かっただけで眠っていたようで、大変な事態にはならず。

photo photo

夕食。鷄の四川風。ビミョー…。

インド映画の『2.0』を観たが、これがとんでもない怪作だった。電磁波で鳥のレーダーが狂って危険、という題材から大いに話を膨らませて、SF、CG、コメディ、ラブロマンス、サスペンス、ホラー、スプラッター、アンドロイド、ジャイアントロボ、ネイチャー、歌と踊りあらゆる詰め込んだ上に、撮影物は全部使うモッタイナイ精神で全シーンがダレた状態でひたすら続く。恐しいものの片鱗を味わったぜ。

あとは前回途中までだった『キングコング髑髏島の巨神』。これもなかなかの怪作だな。

photo

やっぱり1時間遅れで到着。完全に次のボーディングタイムなんだけど、沖止めで、すぐ隣にそれっぽい飛行機が出発待ちになっているので、荷物の受け渡しはまったく問題なさそう(なお、反対側の隣は中国南方航空だった。ちょっと怖い!)。

しかし人間は審査があるため、バスに乗ってターミナルに行き、「マレ?」という係員の指示に従ってショートカットで荷物検査を済ませ、ゲートへ。

photo photo

バスに乗ると予想どおりさっきの隣の飛行機へ。中国のキャンセルが多かったのか席はガラガラで、最終搭乗の我々日本人20名程度が乗るとすぐに出発。遅延は10分ほどで済んだ。

photo

チキンパイとリンゴジュース。紅茶のほうがよかったな…。チキンパイもボソボソしたパンでいまいち。もともとの直行便のときに海が見えるかと窓席にしたのだけど、すでに真っ暗で何も見えない。

photo photo

1時間ほどで到着。早い。マーレは小さな空港。

バスに乗ってターミナル、入国はすぐに終わり、荷物も出てきた。手荷物のX線検査がある。

国際線のロビーは高級ホテルのカウンターが並ぶが、我々にはご縁がない。

携帯電話屋でSIMカードを購入、$30。なぜかカードがうまくいかず、現金で払った。通話・SMSができ、ネットは17GBもいらないけどこれしかないので仕方がない。LTEでわりと速い。テザリングもできる。

モルディブの通貨はRf(ルフィア)ではあるが、米ドルが流通しており、観光客が行くような範囲では支払いはほぼそれで済む。ただしお釣りはRfで返ってくるので、少額の米ドル紙幣を多めに持っていくのが大事(Rfから戻すのは面倒くさい)。特に今回の旅はどちらの離島もATMはないので、米ドルキャッシュをだいぶ多めに持ってこないといけなかった。

photo photo photo

宿のあるフルマーレに移動するにはタクシー($5)が一般的なんだけど、まぁまぁ元気はあったのでバスで行ってみることにした。国内線ターミナルの前から30分ごとに出ている。しばらく待っていたらバスがやってきた。2人で$3。安宿旅に慣れた感じのヨーロッパ人が多め。

フルマーレに渡って最初の停留所で下車。RedWaveという大きなスーパーがある。

photo

宿のARAAM STAY。$30弱なので文句は言えないのだが、外見に対していろいろボロい。眠かったし疲れていたので写真全然撮ってないや。コンセントは壁にいっぱいあるのに、生きているのが1つしかないというすごい構造だった。

photo photo photo

RedWaveへ買い物。あまりさくっと食べられるお惣菜というのは売ってない。喉がやたらと乾く感じがあるので水のボトルをたくさん、あとはパートナー夜食のヨーグルトと、おみやげ用紅茶(メイドインスリランカ)を買ってきた。

シャワーを浴びて就寝。お湯が出るし虫がいないので偉い!と宿をほめておこう。なお、ドアの鍵を開けるのがテクニカルすぎてよくわからない。一度しかうまくいかなくて、滞在中2回スタッフを呼ぶ羽目になった。

photo photo

朝。朝食はシンプルだけど美味しかった。バターやジャムはドイツ製。

高速船についてボドフルドゥの宿にリマインドしたら、空港じゃなくてマーレの船着き場に来いだと…!? 以前に連絡受けてた空港じゃないの?と聞いてもマーレ島だ、と。そうするとけっこう時間が変わってしまうぞ。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo

とはいえ自分自身はそんなに支度に時間はかからないので、周辺をざっと見回り。フルマーレは完全人工島でビーチも人工なのだけれど、かなりしっかり作ってあってなかなか見栄えのするビーチに仕上がっている。イスラムの休日に当たる金曜日で、地元の人たちが海遊びをしていた。

photo photo photo photo photo

ホテルの人とちょっとコミュニケーションミスがあり、無料送迎のタクシーがなくて普通のタクシーを呼ぶ、ということに。空港じゃなくてマーレとなるとわりと時間ギリギリになってきた。ボドフルドゥの宿からも、今どこだ、港に着いたら連絡しろ、という電話。

Jetty 6に着いて連絡し、その辺りの人にCoralBoatの場所を聞け、ということで聞いて船を発見。やれやれ。時間ギリギリだったけれども、結局その後もしばらく他の客を待ったり、別の船に乗り換えるよーと乗り換えになったり、でだいぶルーズな感じ。

しかも、出発して最初に着いたのは空港の船着場。やっぱり空港で待つのでいいんじゃないか!!!!!

しかし港ですら海が本当に綺麗だなぁ……。

photo photo photo photo

この日の海は穏やか目。とはいえ高速船の名に恥じずぶっ飛ばすので、ゴツゴツと揺れながらの移動。最初にウクラスに寄ってからボドフルドゥへ。最初に大きめの島のラスドゥに寄るのかと思ったけど寄らなかった。ボドフルドゥまで$40/人なので、安くはない。安宿旅行だと移動費がかさむ感じ。

photo

ボドフルドゥの港で暇そうにしているおっちゃんたちに宿の名前を聞かれて答えると、ここで待て、と。しばらく経って「よし行こう」と荷物を運んでくれたが、どうもその方は宿の人ではなかった? 荷台一輪車でやってきた宿のスタッフが荷物を受け取り、宿に着いてチェックイン。支払いはカードが使えるけれども4%上乗せ。

photo photo photo photo photo

宿のSurf Retreat。だいぶ安宿風味があり、まだ新しいはずなのに壁などがいろいろくたびれている感じはある。セーフボックスがあるはずだけど見当たらないのは、この建物がセーフということだろうか…。まぁ実際とても安全な島ではあるんだけど。石鹸・シャンプーもなし。Wi-Fiも弱くて部屋にはほぼ入らない。TVは衛星放送の契約がされていなくて映らない(STB/TVの片方のリモコンの電池がなくなっていても気にされていない辺り、そもそもまともに使われていたのか……)。

良い点に目を向けると、安全だし、広く余裕はあるし、冷房はちゃんと効くし、お湯は出る、おおむね綺麗にはされてるし、ベッドも悪くない。紅茶と湯わかしもある。海用タオルも提供されているし、乾かし場所も外の通路をそのまま使える。あと、後で書くけどごはんはおいしい(フィリピンの宿がひどかったので大事)。ネットはSIMとテザリングでひとまず問題ない。

photo photo photo

昼食探しを兼ねて外へ。良い天気、というか暑い。昼間はずっと30度くらい。

photo photo

おみやげ屋はだいぶ微妙。モルディブでおみやげ品というのも難しいのだけど、それにしても本当にないものだな。

photo photo

ビキニビーチ。これは……ヤバイ。超ヤバイ。本当に綺麗。しかも人ほとんどいない、贅沢すぎる!

ローカル島で観光客を迎えているところではおおむね、観光客向けにビキニ許可のビキニビーチと、地元の人も利用するビキニ禁止のローカルビーチの2つに明確に区分されているようだ。ビキニ禁止は女性のビキニもそうだけれども、男性の上半身裸・ビキニも含んでいるみたい。もっとも我々は欧米人と違って肌を焼きにきているわけではなく、上半身はラッシュガードとフード、下半身は長めのパンツというイスラムでOKもらえそうな装備でガッツリ泳ぐつもりなので、ローカルビーチでも問題ない。

しかしとりあえず今は昼食だ。

photo photo photo photo photo photo

島で一番の高級ホテルのLagoon View MaldivesのレストランLagoon Breezeへ。ただこの日は金曜日でスタッフが皆モスクでお祈り中なので、とりあえず午後営業が始まるまでホテル敷地の中でも散歩してね、とのこと。

専用ボートの船着場からも小さい魚がたくさん泳いでいるのがわかるし、大きなカニもいっぱいいる。水がまるでプールみたいな透明度。

しかし暑くて頭がクラクラしてきたので、適当なところで席に戻ってサービス開始を待つ。

photo photo

モルディブスパイスIというのとモルディブスパイスIIというどちらもカレー系のセットを注文。食べたところ全般に、スナックでもないと基本作り置きがないので、出てくるまではだいぶ時間がかかる。モルディブ時間でゆったり待つ。

フィリピンやマレーシアの経験で海どころではメシに期待していなかったんだけど、出てきた食事のクオリティに驚き。

ココナツフレークも和えたコールスローは絶妙で、パパドの塩気も美味。パパドが海風で一部飛んじゃった(泣)。そしてカレーはどちらも具はツナで、特にスパイスIのパンダンリーフで巻いたツナが技巧的。これで$25だったのでお値段的にも十二分に満足だった(ここもカードだと4%で、現金で払ったらお釣りをドルで返してくれた)。

幸先いいね。

photo photo

こちらがローカルビーチ。本当に誰もおらん……。やや波はあるけれども、やはり美しい。

宿に戻ると時差と船酔い止めの眠気が効いてきて、海に行く気力もなくぶっ倒れて寝ていた。

夕方にスタッフがドライヤーを持ってきてくれて、島を案内する、とのこと。テクテク歩いて島を1周。小さな島だけど、いろいろ施設はあるんだそうだ。

戻って、紅茶を入れ、日本から持ってきたお菓子を軽食代わりにして就寝。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

おはようボドフルドゥ。イスラム圏らしく朝5時頃にアザーンの響きで起こされた。

朝食の7:30までは時間があるので、支度をして日の出待ちの散歩。

photo photo photo photo

朝食。隣のおうちのオカメインコがおこぼれ預りに来るらしい。

朝食は紅茶、パンとバター、フライドチキンソーセージ、卵焼き、別皿でリンゴ。シンプルながらマーガリンではなくちゃんとバターを使っていて、とてもおいしい。

テーブルには蠅もそうだが蚊も飛んでくるので、虫除けを塗る必要あり。

photo photo

ではビキニビーチでシュノーケル開始! ビーチには日焼け中が数人程度、シュノーケルしている人皆無で独占。

photo photo

浅瀬で顔を入れたときから笑っちゃうくらい魚がいっぱいいる。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

20mくらいから生きた珊瑚礁が多くなり、浜からわずか50mでドロップオフ。これはちょっと、すごいですね……。

生物の種類がこれまでに経験してきた海よりも多彩だし、カスミアジやベラの大きな魚も多い。透明度もかなり良い。

photo photo photo

なんか奇妙な形状のものが……と思ったら、イカが! 水族館以外で泳いでるのをこんな間近で見られるなんて。

photo

調子に乗りすぎてカメラのバッテリが尽きたので午前の部、終了。

photo photo photo

お昼は港のKing's Bistroへ。わりと無節操に各国料理を取り揃えていることになっているけど、チャパティ系を頼もうとしたら「時間かかるからムリ」とかいろいろと制約はあるみたい。持ち帰りピザを買いにきているローカルの方がいた。

ここでピザというのもなんなので、紅茶、チキンビリヤニ、フィッシュカレー。チキンビリヤニというよりナシゴレンな気もするが、まぁまぁイケる。全部で$10。

しかし頼んでから出てくるまで30分以上かかったので、よほどの軽食以外どれを頼んでも時間かかるのではないのだろうか…。

photo photo photo photo photo photo photo photo

午後の部はローカルビーチへ。こちらはビキニビーチに増して人がまったくいない…。ここは浅瀬が広がっていて、ボートが通る狭い水路を辿らないとドロップオフに出づらい。なお、浅瀬はワカメが生えていてパンツが磯臭くなった。

しかし、いったんドロップオフに出ると、アジなどの大きな魚の群れが多く、迫力満点。ちょっと時間も遅くなったせいかクラゲを頻繁に見かけるようになったので、適当なところで退散することに。

photo photo photo photo photo

宿に戻って道具を手入れし、紅茶で一服。

日没に夕食探しを兼ねて外を散歩。

photo photo photo photo

Coffee Village。喫煙オンリーでたまにタバコ臭いのが難点。

ツナバーガー、チキンサンド、紅茶を注文した。恒例ののんびりモルディブタイムを待ち、バーガーとサンドが到着。お、これ美味いですな。ツナはレバーパテのように柔らかく、タルタルソースな味つけもよい。フライドポテトもほくほく。サンドもシンプルながら良い味。$11。

宿に戻ると、スタッフから「ビキニビーチに21:30に行くとシャークフィーディング見られるよー」という推薦の言葉。すごく眠いのを我慢しつつ、時間になるまでゴロゴロと待つ。

photo

時間になって、夜のビキニビーチへ。ライティングしてる。

そして、なんか黒いものが……?

photo photo photo photo photo photo

うわー、エイだ。キモいw。人の回りをぐるぐるするので、悪魔の召喚儀式のようになっている。

明りにプランクトンが寄ってきて、それに小魚の群れが寄ってきて、さらにそれにエイが寄ってくる、ということか。シャークフィーディングというよりスティングレーフィーディング。

photo

いちおうサメもいたんだけど、こいつらは動きが機敏で全然写真に収まってくれない。

photo photo photo

起きてシャワー、洗濯、朝食。朝食メニューは同じだけど、おいしい。

photo photo

今日はローカルビーチから。

photo photo photo photo

ドロップオフでトビエイに遭遇! こっちは昨日のやつと違って優雅でキモくない。

photo photo photo

あいかわらず生物が多彩だなぁ。そしてまたドロップオフから浜に戻るための浅瀬の回避で一苦労。珊瑚の大きな破片が転がっていて、この島全部が珊瑚礁なんだよなぁ。

photo photo photo photo photo photo

ビキニビーチで第二ラウンド。

photo photo

サギみたいな鳥。まったく人怖じしない。

photo photo photo photo

お昼はまたLagoon Breeze。Webサイトで見かけたのでピザを頼もうと思ったのだけど、ブリトーしかないらしい。モルディブのお宿サイト、意外とこういうあたりはテキトー…。

モルディブスパイスIII、サーモンペンネ。スパイスIIIは魚のフライとダールスープ、チャパティで。フライをチャパティで巻いてスープに漬けて食べる感じ。なかなか美味。ペンネもちゃんとアルデンテで良かった。$27。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo

翌々日の移動のボートの時間の確認をして、夕方の散歩。

新しい大きなモスクを港の入口に建設中。しかし全体にのんびり進行なので、いつ完成することやら……。

photo photo photo

夕食は宿の食堂で。フィッシュカレーとガルディアスープ。照明が暗すぎてうまく撮れない。フィッシュカレーは濃厚で美味い。ガルディアスープはツナの入った透明で辛いスープで、わりとシンプルな味。$12。

photo photo

朝。今日の朝食はいつものパンではなく、モルディブ名物のマスフニとチャパティ。マスフニはココナツフレークに唐辛子、ツナ、紫玉葱をレモンで和えたもので、ふわふわしたココナツの食感とツナの味わいが素晴しい。基本的に私はココナツの匂いがあまり好きではないのだけど、このマスフニはココナツ特有のあの匂いはなく、カマボコのような感じ。チャパティ、卵焼きともよく合う。というか毎日これがいい(笑)。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

最後のボドフルドゥの海を堪能すべく、まずはローカルビーチに向かうが、強風の影響で波が高く、泳ぐのは無理。というか、明日の船が心配になる……。

ビキニビーチに移動し、遊泳開始。4時間近くひたすら魚を追い掛けまわしていた。大きなフグや、綺麗な青い魚の群れなど堪能。

photo photo

フェリーが港に着いて、荷降ろしをしていた。

photo photo

海で遊びすぎてお昼時間を完全に過ぎ、ここでガッツリ食べてしまうとボドフルドゥ最後の晩餐に差し支えるので、Three Sevenというお店で、スナックのヘディカ。コロッケっぽいのだったり(青唐辛子が入っていて辛い)、チャパティで包んだのをおやきのように焼いたものだったり(赤唐辛子が入っていて辛い)。全体にとてもスパイシーだが、味はグッド。甘い紅茶と一緒につまむのが贅沢。$6。

もともとスリランカ発祥のものだし、スリランカでも食べたと思うんだけど、こんなに美味しくなかったような。

photo photo photo

現地の男の人たちはだいたい椅子に座って茶飲んでヘディカつまんでおしゃべりする、というのが日常。女の人たちは店に集まるということはないけど、路上や公園でやっぱりぼーっとしてる。島時間だねぇ。というかさすがに暑いので、ほどほどに退散。

photo photo photo photo photo

島の最後の散歩。

photo photo photo photo

島の最後の晩餐はLagoon Breeze。そもそも店が少ないので……。美味しい記憶のあったスパイスI、あとはFisherman's catch、グリル野菜。$38。

えーと、このチョイスはちとハズレを引いた感じ。Fisherman's catchはカサゴのグリル焼きで、半生っぽい仕上げ。ソースがちょっと濃すぎかな。カレーは良かったけど、コールスローは前回のほうが上だった。そしてグリル野菜はなぜかチーズがこんもりで野菜が埋もれてしまって微妙な味……。前に美味しかったものをそのまま頼む、のほうがよかったか。

photo photo photo

エイたちにも参拝し、部屋に戻って荷造りをする。

(2)へ続く。


2020年02月17日

_ [cooking] ソーセージのポトフ

_ [travel] モルディブ シュノーケル旅行 (2)

モルディブ シュノーケル旅行 (1) より。

photo photo photo photo

チェックアウトし、港でボートを待つ。海が強風で荒れているせいか、いくぶん遅れてやってきた。

目的のUkulhasには10分くらい。$10/人。

……のはずだったんだが、Bodufolhudhoo→(西の)Mathveri→(東のBodufolhudhooへの道を戻りながら)→Ukulhasというコースになっていて、無駄にMathveri往復コースに付き合わされることになる。10分の道のりが1時間半。

強風での時化がひどくて船は上下左右・急加速・急停止、酔い止めがなかったら完全に死んでいたと思われる。酔い止めを飲まなかったパートナーのほうはだいぶ青い顔で参っていた。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo

Ukulhasのお宿West Sands。アジア人ほかにいないのに誰も声かけてこなかったのと、船酔い回復のためにベンチ探しに港からすぐ離れたために、迎えの人と落ち合えず。まぁ少し気にはなったんだけど、パートナーがだいぶ限界超えてたしね。

West Sandsは外面は綺麗めなホテル。ただフロント含めまだ工事中なのかな?という状態で、内装もすでにクタビレが始まっていたりする。Wi-Fiもいまいち入りが悪い。リネン類が生乾き臭いのと水ポットの中がやはり臭いのが最も参る点…。作るそばからくたびれていくのはインド系あるあるな感じ。

良い点に目を向けると、1ベッドルーム予約だったはずが2ベッドルームにアップグレードされていた。これは広々でとてもありがたい。海はバルコニーからは見えない方向だけど、すぐそば。洗い場・干し場も専用に用意されている。あとは翌日以降の話になるが、ゴハンがおいしい。

photo photo photo photo

夕方までぶっ倒れていた。

ようやく回復してきたところで散策へ。部屋には湯わかしはあるもののインスタントコーヒーしかないので、Today'sの紅茶ティーバッグセットを購入。20Rf。

UkulhasはBodufolhudhooより規模も大きく、ローカルのバイクがいっぱい走っているし、たまに自動車も走るし、旅行者も多い。ビーチもベンチがほぼ埋まっている。

photo photo photo photo photo

Ukulhas最初の食事は、島の南のOlhumathiで。ツナカレー、モルディブヌードル(スモークされたカツオが刻んで入ってる)、紅茶で$15。けっこうイケる。

photo photo

東の浜など見ながら戻り。東側はかなり波が強く、サーフィン向けだった。写真には収められなかったけれども、星空がとても綺麗。

島は新しいリゾートが今まさにバンバン建設中という感じ。

photo photo photo photo

朝。早朝にはマンタツアーがあって、そこに行く人も多いようだ。ビデオなどで見る限りはセブ島のジンベイザメツアーと同じく、実質餌付けしているようなポイントにマンタが何匹かいてほかに魚の群れがいるわけでもない…という雰囲気だし、「はい入ってー→はい写真撮ってー→はい出てー」になるだろうから止めておくことにした。だいぶ遠いところまで行くので船酔いしそうだし。

朝食はさほど種類豊富というわけではないけれど、マスフニとチャパティ、カレーがあってとても嬉しい。シフォンケーキもいける。

photo photo

さて、海、海、海!

清掃をしている人に、シュノーケルには目の前から入って右へ泳いでいくといいよ、と教えてもらった。

photo photo photo photo photo photo

Bodufolhudhooに比べると、ここはドロップオフがとても近い。ドロップオフ付近には形がわからないほどの小魚が大群で周遊している。

photo photo photo photo photo

ほかではごくたまに見かけるようなヤガラが、ここでは群れをなして生息。楽しい。

photo photo photo

大きいのもいろいろ。すごい。

photo photo

エイがゆったりと泳ぎ去っていく。

photo

浜で休んでいると、なんか黒いかたまりがあるのに気付く。なんじゃらほい?

photo photo photo photo photo photo

うわー、魚の大群だ! セブ島のイワシの魚群(サーディンラン)と同じ感じで、そこそこの大きさの魚が大群でぐるぐると渦を巻いている。セブで見たのはドロップオフの近くだったけど、こっちは浜すぐと、お子さんにも安心そう。間近で見るとイワシというよりアジっぽい形状? 図鑑で調べてもよくわからなかった。とりあえずこの中でずーっと見ていられる。

photo photo

スコールが降ってきた。海にいると頭に大粒の水滴が当たって痛い。15分ほどで止んだ。

photo

エイきたー。「スティングレー、スティングレェェー!」と叫びながら追いかけていくヨーロッパ人もおった。

photo photo photo photo photo photo photo

第2ラウンド。魚、魚、魚。

photo photo photo photo

ひととおり遊び倒し、お昼に出かける。

photo photo photo photo photo photo photo photo

港近くのカフェCeleste。コールスローサラダ、ツナのピザ、紅茶を頼んで$15。サラダはリンゴが入っていてちょっと甘いがまぁまぁおいしい。ツナのピザはピザパンっぽいところはあるけれども、チーズもツナもおいしかった。ボリュームがだいぶあって、お腹いっぱい。スナックのヘディカも売ってるようなので、そのうち試そう。

photo photo

なんとUkulhasにATMができるらしい。この環礁ではRashdoo島にしかなかったのが、旅行客増加への対応ということだろう。ただ、このATMができるという話はだいぶ前にネットで見ていたのだけれども未だにそのときの写真からほとんど変わってないように見える。1日のちょっとしか作業していないっぽいし、モルディブ時間ではやはりすべてがのんびりなようだ。

photo photo photo photo

ぶらりと回るが風が強いな。

photo photo photo photo

用具を手入れし、ダラダラ過ごす。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

夜の散歩。この島もおみやげ屋は微妙…。この時間に港では水揚げ作業らしきことをしていた。そして昼のピザが重くてあまりお腹が空いてこない。

photo photo photo

結局SeaLavie Cafeで軽めなタイ料理をチョイス。

レモンティー、トムヤムスープ、パッションフルーツのアイスで$20。レモンティーがパウダー粉のアレでひどかったけど、トムヤムスープは澄んだスープ系のちゃんとしたタイ料理でとてもおいしい。とりあえずここでアイスティー系は頼んじゃダメと学習した。

photo photo photo photo photo photo

立派なコンベンションセンターもあり、夜でも何か開催しているようだった。

photo photo photo photo photo

朝早くに目覚める。まだ朝食には早いので散歩へ。

photo photo photo photo photo photo photo photo

港の防波堤の近くに、サメが集まるポイントがある。干潮で朝早い時間だからか、5、6匹のおとなしそうなサメが食事にやってきているのを観察。

photo photo photo photo photo

ひととおり回ってホテルに戻る。チェックアウト日のボートの手配を済ませた。

photo photo photo

蒸し暑い中、朝食。マスフニと揚げたチャパティがとてもうまい。

photo photo photo photo

魚群からスタート。

ただ、この日の朝の時間帯はドロップオフの流れと波が強く、ちょっと危険を感じるのでほどほどにする。

photo photo

魚群で釣りしているローカルの人。よく釣れそう(網でごっそりやってしまえば早いんだろうけど、それをしちゃぁおしめぇよだろうし)。

photo photo photo photo photo photo photo photo

波が少し柔らいできて、第2ラウンド。

photo photo photo

イカの群れがいた。こんなところでイカの群れに会えるとは。泳ぎ方もエイリアンっぽい。

photo photo photo photo photo photo photo

お昼へ。Paguro Cafeに行こうと思ったのだけどまだ時間が早かった(12:30開店)。別案のFaiyminiも微妙なラインナップなのと、店員マダムがゴホゴホしていて微妙な気持ちになったのもあって敬遠。

結局島を完全に横断することになったがRETRO ROYALに入った。

雰囲気のよいレストラン。ライムジュース、オレンジジュース、チキンカレー、ツナパスタ。ジュースはちゃんとしたフレッシュジュースで嬉しい。カレーもおいしい。パスタはソフトめんにプロセスチーズという昭和ナポリタンかというものだったが、意外とこれがおいしかった。$21。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

午後の部開始。

photo photo photo photo

またスコール降ってきた。

photo photo photo photo

綺麗なウツボにちょっかいを出してみる。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo

うろうろ。

photo photo photo photo photo

カメがやってきた。大きくてゆっくりなので撮影しやすい。

photo photo

また降ってきて、今度は雷が鳴り出したので急ぎ撤収。ってもう夕方ですな。

photo photo photo photo

天気図を見るとスリランカからモルディブまで覆う巨大な雨雲が動いていてひどい雷雨。外に出ることは無理そうなので、ホテルのレストランで夕食をとることにした。ビュッフェは高いしあまり気乗りしないので、アラカルトで注文。ペンネアラビアータ、フィッシュケバブ。

(たぶん向こうが面倒なので)「時間かかるよ?」と言われたけど、実際にはアラカルトでもさほど時間かからない。待っている間にビュッフェの紅茶を飲むことは自由なので、のんびりと待つ。

アラビアータは具にチーズとトマトを使ったもので、茹で加減もアルデンテでいい具合。ケバブも野菜たっぷりのBBQでこれも良かった。$15。

photo photo

朝。昨晩の雷雨の巨大さに、こりゃ1日何もできんかなーと思っていたのだけど、すごい速さで夜中のうちに通過していったようだ。だんだん晴れてきた。

朝食はこの日はマスフニがなく(ガーン!)、鳥ソーセージ。パンケーキもとってみた。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

この日で泳ぎ納めとなるので、ひたすら潜る。最高ですわ。大きなドクウツボにも会えた。

photo photo

釣果を見せてもらう。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

バッテリーが尽きるまで泳ぎと撮影。最後のほうの石のあたりで擬態化しているのはダルマオコゼかな、パートナーは動いているのを見たとのことなのだが、自分では固まりっぽいだけで気付けなかった。ヒレに猛毒があるらしいので、刺激しなくてよかったとは言える…。

結局8:00-15:00の間、トイレに行ったりすることはあったけどひたすら遊んでいた勘定。

photo photo photo photo photo photo

町のメインロードは石で固めてあるんだけど排水設備がないので、昨晩の大雨の水がまだ全然はけておらず、あちこちに大きな水たまりができている。歩きにくい。

photo photo

小さなお店でヘディカを1つテイクアウト。これはチャパティにカレー挟んで焼いたものかな。素朴でおいしい。5Rf。

photo photo

昼としてはだいぶ遅い時間で、ここから普通に昼食を食べてしまうとモルディブ最後の晩餐に差し支えそう。Celesteに行き、ヘディカ3つ、ロアスパン(フレンチトースト)、プリン、紅茶と注文。飲茶っぽいね。これがどれも最高に美味で、たっぷり泳いだ疲れを癒やしてくれる。お値段は$8。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo

島歩き。しかし泳ぎすぎたせいか、ちょっと海酔いしてクラクラする…。

戻って荷造りに着手。用具がいろいろ乾いてないぞ。

スリランカ航空のオンラインチェックイン。自分のはできそうなものの、パートナーのほうがなぜか問題があるとかでできない。チャットサポートで聞いてみたけど、結局3時間前に空港に来いというだけで解決にはならなかった。

photo photo photo photo

夕食にお出かけ。

photo photo photo photo photo photo

モルディブ最後の晩餐はRETRO ROYALを再訪。旅行者のほか、ローカルの(あまりイスラム信心の深くなさそうな)若者たちで賑わっている。

フィッシュカレー、ダールカレー、紅茶、アイスクリームで$21。カレーはかなり辛いけど良い味だった。かなり辛いけど。

photo

朝。眠いけど5:00起きで支度をし、宿代の支払いを済ませる。

朝食はケーキ類は食べられるとのことで、紅茶とケーキで軽く。

photo photo photo photo photo

最後にビーチにありがとうの挨拶。さすがにこの時間は漁師くらいしかいない。

photo photo photo photo photo

港へ。来たときと違って今日は波もおだやかで安全そう(酔い止めは当然飲んでいるけど)。

photo

乗船。空港まで$50/人。お高い…。ボートはRasdhooを経由し、快調に空港へ向かう。

photo photo photo

1時間半で空港に到着。

photo

チェックインカウンターに来てみたけど、まだ時間が早すぎてスリランカ航空のカウンターが開いてなかった。いったん出て、有料荷物預かりで大きな荷物を預ける。

photo photo

空港島にはたいして面白いものもないし物も高いので、おみやげの買い物とお昼ごはんにマーレ島へ移動する。マーレ行きのフェリーは$1/人。

photo photo photo

世界有数の人口密度というわりには、港のまわりのレベルだとあまり感じないかな。道などは狭いことは狭いが、東京も似たようなものだし。ここまで来てようやく日本・韓国方面からのアジア人を見かけるようになった。

photo photo photo photo photo photo photo

Adk HospitalそばにあるAGORAスーパーマーケット。入口が目立たず2Fなので、マップなしで来るのは難しそう。もともとMade in Maldivesはほとんどないので輸入品が多いけど、手頃なものがいろいろ売っている。モルディブフィッシュの加工食品や、ガルバンゾ、米、UAEのお菓子などを購入。クレジットカードは普通に使える。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

スルタンパーク、マスジッドモスク、国立博物館と抜けていく。日傘をさしていても暑くてちょっとクラクラしてきた。

photo photo photo photo

ランチはSeagullカフェへ。お昼にはまだ少し早いのに大人気。2Fに案内されるが喫煙、1Fに変えてもらうが陽射しが強くて辛い…。うまく室内側が空いてくれたので、そこに移動させてもらって一安心。

ビーフハンバーガー、ツナステーキ、シェイクとオレンジジュースを注文。$35とお高めだが、その価値が十分にある、お肉系ガッツリのおいしい食事だった。

photo photo photo photo photo photo

魚市場などを眺めながら、時間的にいい頃合なのでフェリーで空港島に戻る。

photo

荷物を回収($24、お高い)し、チェックインカウンターへ。しかしやたらと動きの悪い外れ列に並んでしまった上に、パートナーのチェックインできない問題で何やら向こうでゴタゴタしていて、40分近くかかってしまった。まぁ搭乗まで時間はあるので暇ではあるんだけど、ちょっと疲れたなり。

photo photo photo photo

出国、セキュリティと抜け、ひとまず搭乗待ち。中のショップは数はあまりないし、値段もドル建てでかなり高い。ぐるっと回ってはみたが、カフェで水のボトルだけ購入($1)。

ここからの空路と帰国の日本の冬に備えて、着替えを済ませた。

photo photo photo photo photo

搭乗。といってもブリッジはおろか、バスすらなく、駐機に向かって皆でぞろぞろ歩いていくだけ。ターボプロップなどの小型機ならともかく、A320のような中型ジェット機サイズでは珍しい。なんかエアショーっぽいな。

photo photo photo photo

着席出発。USB充電したかったのだが、モニタから給電されていなかった(結局その後の成田便のほうもダメだったな)。時間も短いので映画サービスもなし。日本人はちらほらいる。マスクなしでゲホゲホしているスリランカ人が多いのが怖い…。

離陸して近くのリゾート島っぽいのが見えた。

photo photo

往路と同様に軽食が出てくる。チキンパイは往路のときよりもちゃんとパイっぽくておいしい。

到着は定刻。すぐ隣のゲートで、搭乗には2時間以上あるのだが「ナリタ!」と強制誘導される。セキュリティチェックを抜けた先はトイレもなくWi-Fiもなくただ椅子があるだけ(それもそのうち埋まる)という、だいぶひどいエリア。初回だったのでしょうがないけど、次回があれば入場はスルーして時間ギリギリに戻ってくるほうがよさそうだ。せっかくなのでスリランカ空港のラウンジも行ってみたかったのだが、行けずじまい。

スリランカ空港は警備上の理由で写真撮影がいろいろ禁止されているようなので、撮影もほとんどしなかった。

photo photo photo photo photo

いよいよ最後のフライト、成田へ。夕食に焼きそば、朝食にパンとフルーツ。どちらもわりと良かった。

映画は『ターミネーター ニューフェイト』だけ観て(内容的には、うーん…)、あとはわりとうたた寝。

定刻に成田到着。検疫のためのチェックシートに書く以外は特に何かコロナ対策があるわけでもなく、いつもの流れで帰国。ただいまただいま。

  • モルディブ、とても良かった。ローカル島のコストパフォーマンス最高、海最高。
  • 結局モルディブルフィアはお釣りでもらうので十分だった。ガイドなんかにはいくらかルフィアを両替しようと書いてはあるけど、再両替はほぼできないし、そこで損するよりは普通にドルを持っていって使うほうがよさそう。
  • ごくたまにハズレはあったけど、総じてごはんがおいしかったのは本当に良かった。全般に魚のダシがおいしい。イタリアンもわりとちゃんとしたイタリアンが出てきてくれる。
  • また行きたいな。とこれを書いているときには、COVID19で世界が死にかけている状況。持病持ちではあるし、自分が生きていられるのかすらちょっとわからんね…。この状況が早く収まりますように。

2020年02月18日

_ [cooking] ハンバーグ


2020年02月19日

_ [cooking] ビンチョウマグロ炙りと人参としめじ炒め


2020年02月20日

_ [cooking] 焼き餃子


2020年02月21日

_ [cooking] 豚肉ときくらげの黒酢炒め


2020年02月22日

_ [cooking] ハッシュドビーフ


2020年02月23日

_ [cooking] 塩豚のソテー


2020年02月24日

_ [cooking] 鯖のモルディブ風カレー


2020年02月25日

_ [cooking] 魚のカレーと豆のカレー


2020年02月27日

_ [cooking] ラムのごぼう巻き赤ワインソース煮、豆腐とねぎの味噌汁、きゅうりのぬか漬け


2020年02月28日

_ [cooking] 鶏肉とナスの唐辛子炒め


2020年02月29日

_ [cooking] ビーフカレー