トップ 追記

KeN's GNU/Linux Diary


2019年07月23日

_ [travel] シチリア旅行 (2)

シチリア旅行 (1) より。

photo photo

タオルミーナ最後の朝食は甘物メインで。チェックアウトしてシラクサに向かう。 なお、シチリアではチェックアウト時に別途で市税を徴収される。

photo photo photo

バスターミナルでまずは空港行きのバスのチケットを買う。ハイシーズンのダイヤになっていたようで、予定していた時間よりも1つ早い、すぐ出発するバスに乗れた。タオルミーナの鉄道駅、途中の都市、カターニャ駅、カターニャ空港と寄っていく。

photo photo

1時間ちょいでカターニャ空港着。シラクサ行きのバスチケットを買い、空港の売店でお昼ごはん。

ハムのパニーニはまぁまぁ。もう1つがシチリア名物のお菓子カンノーリ。パリっとした皮の中にリコッタチーズが入っている……ということで、一言で申せば「でかいコロン」。コロンを腹一杯食べたい、という子供の夢は満たせそうだが、大人の味としてはだいぶ微妙な感がある。

シラクサのバスターミナルに到着するが、宿泊のオルティージャ島に行くバスというものが見当たらない。ガイドなどには載っているのだが……(結局、実験段階だったのでもう通っていないっぽいという結論?)。暑くて辛いので、タクシーに乗って島へ。13EUR。

photo photo photo photo photo

入口がわかりづらかったけど、B&BのMaeco Ortigiaに到着。ホームレスが建物の扉の前に構えてたので大丈夫なのか不安だったけど、フロントも部屋もとてもいい感じ。猫の一家が住み着いている。なお、この建物で衝撃の事案(宿はまったく悪くない)に出くわしたのだが、書くのもはばかられるので省略。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

洗濯を済ませてお散歩。シラクサのドゥオーモは有名なスポットで、ギリシャ時代のアテネ神殿を魔改造して教会にしちゃったもの。列柱などにその面影が残っている。また、装飾にはイスラム的な感じもある。

photo photo photo photo photo photo

猫が多い。島なので周囲は海に囲まれているが、水はタオルミーナほどの透明度はない。夕方もだいぶ遅くなっていたけれども、泳ぎ遊んでいる若者たちがいた。

photo photo photo photo photo

オルティージャではウニのパスタを食え、らしいので夕食はそれを食べに出てみる。が、その目当てのレストランPerle d'Ortigiaはお休みで、第二候補のお店Osteria Da Sebyへ。

赤ワイン、シチリア前菜セット(カポナータとか)、ウニのパスタ。 ウニのパスタはうーん、まぁ普通かなぁ。というところで、残念ながら感動は薄かった。

photo photo photo photo photo photo photo

廃墟のようなアポロ神殿が、島の真ん中にどーんとある。周囲には市場がある、が日も暮れるのでお片付けモード。

photo photo photo

橋を渡って本島側へ行き、パートナーが目をつけていた馬肉バーガーのお店Paninoteca da Antonio e Danieleへ。トラックを使った移動式店舗で、お客は皆ローカルっぽい。ハンバーガーは赤身の挽肉にオリーブとマヨネーズがたっぷり。感動的とまではいかないにせよ、おいしい。

photo photo photo photo photo

夜の散歩。オルティージャ島は人通りも多く、まったく危なくない。

photo

宿の食堂ルーム。お茶は自由に飲めるし、冷蔵庫から水を自由に持っていける。

photo photo photo photo

朝食。前評判どおりここの朝食は素晴しい。パン、ハムやチーズがとてもおいしいし、カプレーゼも良い。

photo photo photo photo photo photo photo

シラクサの一大スポットであるネアポリス考古学公園に向かう。結局、島から行くには観光バスに乗るのがベストルートのようだ。1人5ユーロで1日乗り放題。ハイシーズンなので20分に1本ペースで走っているが、人気が高くて満席乗車拒否というのも見かけた。島〜本島の著名どころとぐるっと回りはするけれども、一方向なので、たとえば駅やバスターミナルに行くという用途には遠回りすぎて不向き。

ちょっと立ち寄って「写真タイム!」となる海岸はすごく綺麗で魅力的なんだけど、かなり降りないと辿りつけなさそう。

共産圏にあるようなタワー(遠くからでもよく見える)は、マドンナ・デッレ・ラクリメの聖所記念堂というところらしい。

photo photo photo photo photo photo

ネアポリス考古学公園の共通券は2日間有効で、ネアポリス考古学公園とパオロオルシ博物館の2箇所を利用できる。理論上は1日で回れることは可能だが、暑いしかなり歩くことが予想されるので、おとなしくこの日は公園だけにしておき、翌日に博物館という予定を立てた。

ヒエロン二世の祭壇、ギリシャ劇場。劇場は本当はもっと大きかったのを、シラクサの町作りのためにいろいろ持っていっちゃったらしい。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

天国の石切場と呼ばれるエリア。洞窟はディオニュシオスの耳と呼ばれている。『走れメロス』に出てくるディオニュシオス王の元ネタの人。日なたと日陰で温度が極端に違う。

photo photo

円形闘技場。いかにもローマっぽい。

photo photo

朝一から回ったとはいえかなり暑かったので、園内のNeapolis Cafeでレモングラニータ。暑さに堪えた体に染み渡る美味さ。

photo

バスに乗り、宿に戻る。宿の食堂でリモンチェッロがご自由にお飲みくださいになっていたので一口いただき。ウォッカにレモンと砂糖をぶちこんだもので、爽やかさと甘さと、ガツンと来るアルコール。

photo photo photo

A Putiaでランチ。リモネード、カジキのジェノヴェーゼ、チキンのレモンソテー。ジェノヴェーゼは松の実がたくさん、パスタもももち柔らかで香り良く美味。チキンのほうは本当はポークを頼んだつもりだったのだが、ポロに聞こえてしまったようだ。こちらはやや普通め。家庭的で良いレストランだった。

photo photo photo photo photo photo photo

午後もまだまだ暑いので、海水浴のできる岩場へ。透明度はいまいちかな。テトラポットのほうに行くとそこそこ透明度もよくなって魚も多いが、ちょっと波が強くて打ち付けられそうになるので、無理はせず。さほど大きくないスペースにローカルの人たちでいっぱいだった。

photo photo photo photo photo photo

夕方のシラクサ オルティージャ島の街。

photo photo photo photo

夕食はピッツァを食べることにした。Sicily-Pizeeria&Lounge Barで白ワイン、ナポリターナ(ケッパー、アンチョビ、オレガノ入り)、ヒヨコ豆の揚げ物のパネッレ。普通めだけど、おいしかった。

photo photo

隣にあったスーパーCrai Simpatiaに寄ってみる。確かにバリラが一杯だった。この猫は何食わえてたんだっけか……。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

夕方のマリーナと、夜のドゥオーモ広場。周囲にはレストランが並び、露店商がおもちゃを売っている。ドゥオーモの前の階段でぼーっと座って人を眺めるもまたよし。

photo photo

朝食前にメールで仕事が舞い込んでおり、朝食時間前にパタパタと編集作業をしていた……。朝食はクロワッサンがおいしい。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

アポロ神殿跡を過ぎてベネディクティス通りにまっすぐ広がる朝市をひやかす。ヤホー。

ナッツの山、色とりどりの野菜、カジキの輪切り、スカンピ。乾燥オレガノが束で1ユーロという以外はそんなには安くはない(円が弱いともいう)。

photo photo photo

観光バスに乗り、パオロ・オルシ考古学博物館へ。シチリアで最も重要な博物館、らしい。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

ゾウやカバのいた先史時代から石器時代、ギリシャ植民都市時代、ローマ時代。最初はよっしゃ回るぜーと進んでいたのだが、3層かつドンキホーテのようにあちこち曲がらされて歩きにくいので、後半は疲労困憊で適当に流す羽目になった。アフロディーテのヴィーナスがどれだったかもよくわからんかったぞ。

photo photo

館内には何もないので、出てカフェSan Giovanni Sicilyで一服。レモンのグラニータ。

photo photo

サンジョヴァンニエヴァンジェリスタ教会。とても美しい外観。

photo photo photo

バスで戻り、宿の近くのフライ屋さんFisheriaでランチ。野菜のサンドイッチ、フライの盛り合わせ。フライには小さなカニやエビがいっぱい入っており、サクサクしておいしい。

photo photo photo photo photo photo photo photo

シラクサ最後の夕食は、宿の向かいのRistorante Pizeeria La Sciccheriaへ。リモネード、ツナサラダ、焼き野菜、シーフードリゾットと頼んだが、テーブル用オリーブオイルがこの店オリジナルのフレッシュなもので、パンや料理のどれにかけても超絶美味に引き立てて驚いた。

photo photo photo photo photo

夜の広場を散歩。

シチリア旅行 (3) へ続く。


2019年07月22日

_ [travel] シチリア旅行 (1)

少し早めの夏休み、新たな食の開拓としてシチリアを回ってきた。いろいろ発見はあったかな。

常用クレカを変えてからUAマイレージを貯めるのも億劫になってきたので、この機会に放出することにした。西側への移動となるとUAではなくUAアライアンスでのフライトとなり、往路はトルコ航空でイスタンブール経由でカターニャ、帰路はエージャンエアでアテネ・オーストリア航空でウィーン・さらにオーストリア航空で成田という一風変わった経路。

シチリア内は、カターニャから到着即移動で北東の景勝地タオルミーナ、南東の古都シラクサ、そして北西に山越えで州都の都市パレルモと移動する。

経由地でもデータ通信できるようにしておいたほうがよかろうということで、今回は現地SIMではなく、香港のKK(MB)ヨーロッパ外遊カードをAmazonで購入していった。

photo photo

成田空港。夜便で夕食が出ることはわかっているけど、軽食として杵屋のうどんをすする。

photo photo photo

サテライトゲートには秘密の地下通路を通っていけるようなので行ってみた。これはなかなか楽しい。

photo photo photo photo

ボーディング。配管の故障でトイレ2つが閉鎖といういささか不穏な始まり。機内注意事項は2頭身バットマンにより説明される。

夕食はタラのソテー、朝食はスクランブルエッグ。トルコ航空なので、どちらもけっこうおいしい。夜便なのでおおむね寝ていて、映画は『ファンタスティックビースト』1本だけしか観なかった。

photo photo photo photo

イスタンブール新空港到着。次のカターニャ行きまでは14時間近くある長時間トランジットで、トルコ航空はこういうときのサービスとして無料ホテルサービスを提供している(あるいは観光ツアーもある)。

ということで、入国はさっくり終わる。荷物は預けっぱなしで。SIMのデータ通信も使えるようになっていた。

さて、新空港はでかい。無駄にでかい。税関の出口に抜けるまでひたすら歩いて一苦労で、そこから結局また全部戻って(税関出たら右の端まで)ホテルデスクに向かう。

photo photo photo photo photo photo

ホテルデスクにパスポートと搭乗券を渡し、サービスの申し込み。空港直結ホテルだといいなぁと期待していたんだけど、そうではなくてバンに乗って旧空港そばのホテルに1時間かけて移動する。周辺は何もない。

時間的にロビーは真っ暗だったけど、このKAYA ISTANBULは5つ星の高級ホテルで、ベッドもシャワーも申し分なし。朝食時間までぐっすり寝る。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo

朝食。高級ホテルだけあっていろいろなものがあって食べすぎる。レンズ豆のスープのチョルパスと、トルコチャイが特においしかった。

13時の迎え時間まで、ジム(テクノジムのフルセットがある。すごい)に行ったりして時間を潰す。

空港へ向かうバンは、大混雑・大渋滞のダウンタウンでトルコ航空スタッフを拾った都合で1時間40分かけてようやく空港に到着。

photo photo photo photo photo photo photo

とはいえ、渋滞も見込んだ迎え時間にはなっているのか、チェックインにはまったく問題なし。さて、新空港は出国まではスムーズだが、中央から放射状に分かれていてゲートまで遠い……。カートは有料(1€)、動く歩道も未整備。

そしてようやくゲートにようやく着いた途端に、別のゲートに変更され、これがまた全部道を歩いて戻る羽目になる。本当にひどい……。

お店はほとんどなく、超高い・乾き土産しかない・全部同じ品揃えのおみやげ免税店しかなく、水を購入するのすら大変。カフェと書いてあってもカフェ「予定地」だったりする。珍しく開いていたカフェで、チキンサンドイッチと水ボトルを購入(42TL)。

旧空港で評判高くて、航空券予約時に楽しみにしていたラウンジも、まだ影も形もない。現時点ではワーストクラスの空港にランクイン確定……。

photo photo photo

ゲート変更の影響もあったのか、カターニャ行きの出発はずるずる20分遅れ。

夕食にキョフテやフムスが出てきて、これがとてもおいしかった。これまでの機内食No.1かも。

カターニャで着陸を1回やり直し、EU入国のほうは簡単に済んだけれども荷物が30分以上出てこない……という状況で、空港で待っていた運転手と合流したのはだいぶ遅くなってしまった。イスタンブール経由の場合は荷物検査がある。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

迎えのタクシーで1時間ほどのドライブでタオルミーナ。疲れぎみだったのでほとんど寝ていた。

タオルミーナは切り立った海岸沿いにある昔ながらの景勝地で、宿泊するホテルヴィラディオドロも山に沿って作られている。部屋はひたすら階段と曲がりくねった道を最下層まで降りたところで、室内にはほとんど何もない殺風景な感じ。4つ星でこの値段は……という気もするけど、タオルミーナのほかの宿はもっと高かったので、しょうがないところか。

ともあれ、ティーセットも水のボトルもないという徹底っぷりなので、すごく眠いけど水を買いにいかないといけない。宴席テラスでは結婚披露宴が開催されていた。

21時近くで真っ暗、スーパーも閉まっているものの、人通りは多くて危険な感じはまったくない。自販機と、開いていたファーマシーで水のボトルを購入。

あとは倒れるように寝て、シチリア初日を終えた。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo

朝、涼しい……というかほとんど「寒い」に近い。

洗濯を終えて、朝ご飯へ。バイキング形式だけど、野菜は少ない。ミニトマトはおいしい。

CS番組でFood Channelというのがあって、食のサスペンスというか鉄鍋のジャンっぽいというか面白い番組がやっていた。これ日本でも放送されんかな。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

町の雰囲気を掴むため、町をひとめぐり。高低差があって、地図上では近く見えても回り道しないといけないところが多い。展望台から有名な島のイソラベッラを眺める。芋洗いっぽい。

バスターミナルでシラクサへの移動ルートを確認するが、やはり直行は朝早くにしかなく、カターニャ空港を経由したほうがよさそうという結論(本当は列車で簡単に行けるはずなんだけど、ちょうど旅行期間と鉄道工事期間が重なって、シラクサまでの鉄道が代替バスに変わって使えなくなくなってしまった)。

タオルミーナは旅行者の平均年齢がずいぶん高めで、地形とあいまってとても熱海っぽい。

photo photo photo photo photo

オステリアOsteria da Ritaで昼食。オレンジジュースはフレッシュではなくファンタっぽいもので、がっかり味だった。お通しにブルスケッタ、酸味が強め。シチリアの代表的なパスタであるイワシとフェンネルのパスタはフェンネルが野生みあってかなりワイルド。おいしいとかそういうのを超越した「いわし! ふぇんねる!」という主張の強いパスタだった。ナスのメラネーゼは、大きなナスをチーズと重ねて層にしてオーブンで焼いた、ナス版ラザニアみたいなもの。少し甘めの味付け。

photo photo photo photo photo photo

水着に着替えてロープウェイで下り、右方向へひたすら歩いてイソラベッラへ。日光浴をしている人たちはたくさんいるが、海に入っている人はほとんどいない。

そもそもラッシュガード着込んで日焼けしたくありませんアピールしているのはここだと変なヤツだよな…と思った。さて、シュノーケルを付けて入ってみると……いるいる。地味めな色ではあるけれども、岩場の周りにたくさん、大きめの魚が群れていた。

しかし、寒い! 氷風呂に入っているような寒さで、2回でギブアップ。パートナーは3回チャレンジした末、サブイボを立ててブルブルしていた。6月でまだオンシーズンでないというのと、だいぶ遅い時間だったということもあって水温がしんどい。

ロープウェイで戻る。

photo photo photo photo photo photo

お昼が重かったので夕食は軽めに。stritFUDでライスコロッケのアランチーニを2つ。1つは普通のラグーソース、もう1つはディアボロ。悪魔風というか本当に赤唐辛子と青唐辛子がたっぷりで死ぬほど辛い。

お野菜不足ということで宿の近くのデリカデッセンScialatiでカポナータ。おいしかった。

photo photo photo

朝ごはん。ミニトマトとモッツァレラとオリーブオイルでカプレーゼ風に。ケーキなどの甘物がおいしい。

会社のサーバのサービスがちょっとおかしくなっていたようで、テザリングは使えないし、Wi-Fi探して庭で作業。ホテルのWi-Fi電波はかなり弱くて、部屋はまったくダメ。原因は当たりがついていたので、すぐに解決した。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo

イソラベッラと並ぶタオルミーナの代表的な観光スポット、紀元前3世紀に作られたギリシャ劇場を見物。エトナ山がよく見える。大噴火は収まっていて、煙がたなびくのみ。そういえば大噴火のときは灰が降ってたよーと空港からの運転手さんが言ってたな。

劇場は今でもコンサートなんかに使われてるらしく、そういう感じの準備もされていた。

ケッパーやらディルやらハーブが普通に野生で生えている。

photo photo photo photo photo

暑い遺跡巡りを終えて、フレッシュオレンジジュースがおいしい。

photo photo photo photo photo

リストランデPorta Messinaでお昼。入ったら、後ろのテーブルで料理教室が始まってた(ピッツァこねてた)。

スプマンテ、ミネストローネ、そしてシチリア名物の海鮮前菜盛り合わせ。前菜盛り合わせは生モノだけだとちょっと割高かなぁと思っていたところ、小皿で焼き・煮込み系がたくさんきて、十分にお腹いっぱいになった。生モノはまぁわりと日本の海鮮と同じ感じだけど、煮込みのタコやカジキはとても美味だった。

photo photo photo photo photo

市民公園を散歩。昔の兵器が展示されている。

photo

ホテルで今日開催されているのは、ISBNといっても本のほうではなく、brainのほうの学会の模様。

photo photo photo photo photo photo

展望台からイソラベッラに歩いていってみるが、予想よりもだいぶ大変だった。明日朝にはタオルミーナを去らないといけないので、海には入らず。公園の屋台でキウイのグラニータシャーベット。ねっとりして喉が乾くが、ひんやりして味はよい。

暑かったので、宿のプールで少し泳ぐ(プールだけなら水着の手入れだけで済むし)。

photo photo photo photo

ロープウェイ駅近くのレストランTrattoria Da Ninoで夕食。カポナータと、パスタアラノルマ。ノルマ風のパスタは焼いたリコッタとトマトソース、素揚げのナスが太いもちもちパスタと絶妙な相性で素晴しい。カポナータも品が良くておいしかった。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

タオルミーナもこれで最後なので、東のメッシーナ門から西のカターニア門までウンベルト通りを歩き通してみる。タオルミーナは綺麗なところだったけど、物価が高いのと、段差が多くてやたらと歩かないといけない町だった。普通はタクシーを使うのかな。コンパクトで回りやすくはあるので、3泊(実質フリータイム2日)はちょうどよかったかも。

シチリア旅行 (2) へ続く。

_ [cooking] 木耳と豚肉の黒酢炒め


2019年07月21日

_ [cooking] レモン鳥ソテーとカポナータ


2019年07月20日

_ [cooking] ディムラマ、ペルシャ風ナン


2019年07月19日

_ [cooking] 豚肉のソテー


2019年07月18日

_ [cooking] 黒酢焼きそば


2019年07月17日

_ [cooking] 春菊と挽肉のシャンピン