InDesign Hacking with JavaScript

dialogCheckMasterpage.jsx

要約

マスターページの見開きで左右要素のずれを検出する

Author: Kenshi Muto <kmuto@debian.org>
Requires:


関数の要約
 Nothing checkDifference(<Object> lpobj, <Object> rpobj, <Color> okcolor, <Color> maybecolor, <Color> badcolor)
           左側オブジェクトと右側オブジェクトを比較し、座標のずれを調べて適宜色を変更する
 Nothing drawMasterItemsNote(<Document> document, <Page> lp, <Page> rp, <MasterSpread> sp)
           マスターページの各要素の座標を計算し、左右見開きでのずれを確認する。両方が正しく合う位置(小数点2桁以内誤差許容)にあれば緑、お互い四捨五入して合えば黄色(計算誤差の可能性もある)、大きくずれているか片側にしか存在しなければ赤で囲んで表示する。
 Number getCaptionLocation(<Rectangle> item, <Page> page, <Number> centerY)
           座標キャプションの仮の位置を取得する
 String getJustification(<TextFrame> tf)
           テキストフレームの最初の段落の寄せ指定の文字列を返す
 Number roundUnit(<Number> unit, <Number> base)
           配列の各要素を四捨五入する
 TextFrame setCaption(<String> id, <Page> page, <Number> unit, <String> contents, <Color> color)
           座標キャプションを配置する
 Number setMap(<Number> map, <Number> bounds, <Number> unit, <centerY> centerY)
           キャプションが重ならないように地図で調整する
 Number simpleRound(<Number> val, <Number> base)
           四捨五入する
 Rectangle surroundItem(<String> id, <Page> page, <Rectangle> item, <Color> color)
           オブジェクトを罫線で囲む

InDesign Hacking with JavaScript


Copyright 2008-2016 Kenshi Muto
Documentation generated by JSDoc on Mon Sep 11 18:20:28 2017