InDesign Hacking with JavaScript

InDesign Hacking with JavaScript

このドキュメントは InDesign Hacking with JavaScript の API 仕様です。

要約

各ファイルのダウンロードおよび使用許諾については、InDesign Hacking with JavaScriptページを参照してください。


ファイルの要約
2nd-task1-vcenter.jsx DTP勉強会トライアル テキストを縦中央に
2nd-task2-locate.jsx DTP勉強会トライアル テキストフレームを並べる
2nd-task3-ruby.jsx DTP勉強会トライアル ルビを振る
2nd-task4-plusten.jsx DTP勉強会トライアル 桁区切りを入れる
dialogAddHyperLinkToToc.jsx 目次のテキストフレームを選択し、ブックの情報を基にノンブルからのハイパーリンクを付ける
dialogAoPagesPDF.jsx 開いているドキュメントのタグを残したまま、単ページで複数ページのPDFを保存する
dialogAppendItemMark.jsx 段落の先頭に指定の文字スタイルの文字列を挿入する。リスト項目のナカグロなどに利用する
dialogApplyMasterPage.jsx 全ページに指定のマスターページを適用する
dialogAutoRuby.jsx △語▲よみ☆を探してルビにする
dialogCaption.jsx キャプションの段落スタイルの文字列に連番を付ける
dialogCheckImageLink.jsx XMLドキュメントを探索し、Imageの中に貼り付けが行われていないものを報告する
dialogCheckLabelName.jsx 選択しているオブジェクトにlabelが付いているかどうかを調査し、付いているときには緑の枠線で、付いていないときには赤い枠線で囲む。囲み情報に、Z-ラベル情報というレイヤーを作成している
dialogCheckLinkGeometry.jsx 現在開いているファイルのリンク図版について、フレームに対するサイズや位置の差異をレポートする
dialogCheckMasterpage.jsx マスターページの見開きで左右要素のずれを検出する
dialogChooseXML.jsx カーソル位置のXML要素を選択する(この後にInDesignのXMLメニューから「アイテムへ」を選べば、該当範囲が選択された状態になる)
dialogDrawLine.jsx 選択している2〜3つのオブジェクトを使って囲み罫線をひく
dialogExportStyleList.jsx スタイル名およびフォントの一覧をファイルに出力する
dialogForeachMakeIndex.jsx <index> XML要素を探し、そのページノンブルと索引項目からなるリストをファイルに出力する
dialogForeachSetPageRefs.jsx <label> XML要素を探し、getLabelsで抽出したノンブルで置き換える(バッチ版)
dialogGetLabels.jsx <label> XML要素を探し、そのidとノンブルのリストをファイルに出力する
dialogHandleOverflow.jsx メインのテキストフレームがあふれているときに、指定のマスターページを適用したページを追加する
dialogHashira-L-style.jsx 指定の段落スタイルの文字列を左の柱とする。マスターページの柱の箇所には「柱左」というテンプレート文字列を含むテキストフレームを用意しておく
dialogHashira-R-style.jsx 指定の段落スタイルの文字列を右の柱とする。マスターページの柱の箇所にはセクションマーカーを含むテキストフレームを用意しておく
dialogInsertImageIcon-stage1.jsx 指定の段落スタイルの段落の前にアイコンを挿入する。挿入位置にインラインテキストフレームを作成する。実際の配置を行うには、続いてdialogInsertImageIcon-stage2.jsxを実行する
dialogInsertImageIcon-stage2.jsx 指定の段落スタイルの段落の前にアイコンを挿入する。dialogInsertImageIcon-stage1.jsxで作成したインラインテキストフレームに指定の画像ファイルを貼り付ける
dialogKeepTagAndSavePDF.jsx 開いているドキュメントからPDFを生成する
dialogKeepTagAndTwoSavePDF.jsx 開いているドキュメントのタグを残したまま、単ページと見開きの2つのPDFを保存する(プリセットは固定)
dialogMakeBook.jsx ファイルリストを開き、ブックを作成する
dialogMakeCodeBlock-stage1.jsx 指定のXML要素をインラインフレーム化するために、テンポラリマスターページにデータベースの作成と切り出したテキストフレームを配置する。切り出し位置には挿入用のインラインテキストフレームを作成する。実際の配置を行うには、続いてsilentMakeCodeBlock-stage2.jsxを実行する
dialogMakeIndex.jsx <index> XML要素を探し、そのページノンブルと索引項目からなるリストをファイルに出力する
dialogMakePackages.jsx 選択したリストをもとに、パッケージを生成する
dialogMakePDF.jsx InDesignファイルと出力ファイル名をタブで区切ったファイルリスト(「1-ch01/ch01.indd ch01.pdf」など)を開き、PSまたはPDFを作成する
dialogMakeToc-Y.jsx ファイルリストを開き、流し込みのための目次テキストを連番つきで出力する。あとで1列目に従ってソートする必要がある
dialogMakeToc.jsx ファイルリストを開き、流し込みのための目次テキストを出力する。ページを通すこともできる
dialogModifyMojiaki.jsx 特定文字種の前後文字アキをベタにする
dialogModifyTableRuler.jsx 表の罫線を処理し、セルにスタイルを割り当てる
dialogPasteXML.jsx main-contentというラベルを持つテキストフレーム(silentClearDocumentなどで生成する)に指定のXMLファイルを流し込む
dialogRenameLink.jsx 選択した画像のリンクのファイルをリネームし、再リンクする
dialogRenumSidenote.jsx 特定段落・文字スタイルの番号をリフレッシュする。リセット段落スタイルに出会ったら番号をリセットする
dialogReplaceMathImages.jsx ◆→math:図版ファイル名←◆を該当図版ファイルで置換する
dialogReplaceStyleName.jsx 書き換え用にスタイル名の一覧をファイルに出力する
dialogRoundNumbers.jsx 特定記号に囲まれた数字を丸数字、黒丸数字などに置き換える
dialogSaveAsMultipleFormat.jsx フォルダ内のInDesignファイルを再帰的に検索し、IDX、テキスト、PDF、PS、RTF、XMLに変換する
dialogSaveAsRawText.jsx 選択したテキストフレームをテキスト化してファイルに出力する(タグは参照しない)
dialogSaveAsText.jsx 選択したテキストフレームをサブフレームを含めてテキスト化してファイルに出力する
dialogSetLabel.jsx 選択しているオブジェクトに指定のlabel値を付ける
dialogSetName.jsx 選択しているオブジェクトのlabelの値をnameにも適用する
dialogSetPageRefs.jsx <pageref> XML要素を探し、getLabelsで抽出したノンブルで置き換える
dialogSetRuby.jsx 選択位置の後ろにある()内のテキストをルビとして、選択位置に配置する
dialogSpecialMarkBox.jsx 選択したテキストフレームの文中にあるア〜ケの単一カナ文字に文字スタイルを適用すると共に、スミベタの白抜きの異体字にする
dialogStartPage.jsx 開始ページを指定する
dialogTableIcons.jsx 表内のlabel-*という文字列を、*のラベルを持つテキストフレームで置き換える
dialogTweakMathImages.jsx 配置された数式画像のサイズおよびベースラインを調整する
dialogUnTagAndSavePDF.jsx 開いているドキュメントのタグを一旦解除し、PDF保存してからアンドゥする
dialogUnTagTwoSavePDF.jsx 開いているドキュメントのタグを一旦解除し、単ページと見開きの2つのPDFを保存してからアンドゥする
glue code.jsx  
libApplyImageObjectstyle.jsx XML要素の画像にオブジェクトスタイルを適用する。ostyle属性が付いているときにはその値のオブジェクトスタイル名を使う
libArabic2Roman.jsx ローマ数字とアラビア数字を変換する
libBackGroundImage.jsx 指定領域の背景に画像を入れる
libBackGroundImage3.jsx 指定領域の背景に画像を入れる
libBreakLine.jsx 行送り記号を挿入する
libClearDocument.jsx 必須マスターページ以外のページ要素をすべて消去し、右ページから始まる2ページの白ページと連結フレームを配置する
libCodeBlock.jsx 指定のXML要素を子要素を含めてインラインテキストフレーム化する
libCommon.jsx InDesign共通ライブラリ
libEmbedBookmarks.jsx 見出しdtpインストラクションの箇所にブックマークを入れる。目次中ノンブルなどの指定要素にハイパーリンクを付ける
libExtendTextFrame.jsx 行頭が指定の空行スタイルで始まっている場合、前ページのテキストフレームを下に広げる
libFootnoteMark.jsx 脚注記号を任意のものに変更する
libGetBoundsOfPage.jsx 版面の縦横座標を返す
libGetFrameIDs.jsx テキストフレームとページ、ページオフセットとノンブルのマッピング配列を返す
libHandleOverflow.jsx テキストフレームからあふれているときに、マスターページを適用したページを追加する
libHandleOverflow2.jsx テキストフレームからあふれているときに、マスターページを適用したページを追加する
libInsertImageIcon.jsx 指定の段落の前に画像を挿入する
libModifyBoxBottom.jsx オブジェクトの下座標を特定段落スタイルの最後の行のベースラインを基準に伸縮させる
libModifyTable.jsx 表の操作。XML情報のcolspan、rowspanに基づいて接続したり、左右のケイを取ったりする
libPlaceTextFrames.jsx ページにマルチカラム対応のテキストフレームを配置する
libProcessXMLforBackgroundImage.jsx XML要素の範囲の背景に画像を配置する
libProcessXMLforBackgroundImage2.jsx XML要素の範囲の背景に画像を配置する
libProcessXMLforBackgroundImage3.jsx XML要素の範囲の背景に画像を配置する
libProcessXMLforBalloon.jsx 指定のXML要素の内容を吹き出しとしてテキストフレーム化し、線を引く
libProcessXMLforContinuous.jsx XPathにマッチする要素がページをまたいでいる場合、右下/左上にアイコンを置く
libProcessXMLforConvertToTable.jsx XMLの指定要素のテキストを表にする。表にするとXMLの情報は失われる
libProcessXMLForDecoratedPanel.jsx XMLインストラクションを使い、節飾りのようなグループを貼り付ける
libProcessXMLforExtendObj.jsx width属性、height属性の値(mm)に従って指定要素内にあるオブジェクトの幅を変える
libProcessXMLForHashira.jsx XMLインストラクションを使い、左右の柱を生成して適用する
libProcessXMLForHashira2.jsx XMLインストラクションを使い、左右の柱を生成して適用する
libProcessXMLForHashira3.jsx XMLインストラクションを使い、左右の柱を生成して適用する
libProcessXMLForHeader.jsx XML要素を探してその内容をオブジェクトテンプレートにコピーし、配置する。テキストフレームを下にずらす
libProcessXMLForPlaceGroup.jsx 指定のXML要素の位置に、オブジェクトをコピーペーストし、必要に応じてプレースホルダ文字を置き換える
libProcessXMLForPlaceXMLText.jsx 指定のXML要素の位置に、テキストフレームをコピーペーストし、指定のXMLコンテンツをペーストする
libProcessXMLforRenumbering.jsx XMLのリスト構造をベースに番号を付け直す
libProcessXMLforSpecialCharacters.jsx XMLインストラクションを使い、特殊文字(改行や改ページなど)を挿入する
libProcessXMLforSpecialCharacters2.jsx XMLインストラクションを使い、特殊文字(改行や改ページなど)を挿入する(CS4-)
libProcessXMLforSpecialCharacters3.jsx XMLインストラクションを使い、特殊文字(改行や改ページなど)を挿入する(CS4-)。instructionの後には⋈を入れておき、これを探索する
libProcessXMLforTOC.jsx XMLインストラクションを使い、目次テキストを出力する
libProcessXMLmakeBlock.jsx XPathにマッチする要素を切り出してテキストフレーム化する
libRoundNumbers.jsx 特定記号に囲まれた数字を丸数字、黒丸数字などに置き換える
libSideComment.jsx 指定のXML要素を子要素を含めてコメントをテキストフレーム化し、線を引く
libSideMarker.jsx 左右ページのツメ見出しを指定のマスタページに設定する。各見出しは適当なオブジェクトとしてラベルを定義しておく。Y座標はそのまま使われる
libSidenote.jsx 指定のXML要素を子要素を含めて側注テキストフレーム化する
libSideNote2.jsx 指定のXML要素を子要素を含めて側注テキストフレーム化する
libTobira.jsx 章扉を作成する
libTobira2.jsx テキスト変数を使って章扉を作成する
silentBreakLine.jsx 行送り記号を挿入する
silentClearDocument.jsx 必須マスターページ以外のページ要素をすべて消去し、右ページから始まる2ページの白ページと連結フレームを配置する
silentGroupRuby.jsx GroupRubyタグの箇所を正しくグループルビにする
silentMakeCodeBlock-stage2.jsx dialogMakeCodeBlock-stage1.jsxなどで作成したデータベースを基に、テキストフレームをインラインテキストフレームに移動する
silentMakeFootnote.jsx <footnote>タグの内容を脚注とする。内容は1行であることを前提とし、文字スタイルは保持されるがそれ以外のXML情報およびスタイルは失われる。脚注の詳細オプションは、InDesign側の書式→脚注オプションで行う。注と監訳者注のように複数の注釈を行うことはできない
silentMakeFootnote2.jsx <footnote>タグの内容を脚注とする。内容は1行であることを前提とし、文字スタイルは保持されるがそれ以外のXML情報およびスタイルは失われる。脚注の詳細オプションは、InDesign側の書式→脚注オプションで行う。注と監訳者注のように複数の注釈を行うことはできない。<footnoteの前には「₶」を入れて探索できるようにする
silentPlaceImage.jsx XML要素のImageタグの画像を再貼り込みする
silentRemoveFootnote.jsx footnoteタグを削除する
silentSpecialCharacters.jsx XMLインストラクションを使い、特殊文字(改行や改ページなど)を挿入する
silentSpecialCharacters2.jsx XMLインストラクションを使い、特殊文字(改行や改ページなど)を挿入する(glue code版)
silentSpecialCharactersRemove.jsx XMLインストラクションを使い、特殊文字(改行や改ページなど)を挿入する
silentSpecialCharactersRemove2.jsx XMLインストラクションを使い、特殊文字(改行や改ページなど)を挿入する

InDesign Hacking with JavaScript

Copyright 2008-2016 Kenshi Muto
Documentation generated by JSDoc on Sat May 7 21:18:16 2016